ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ



毎日寝ずに号泣なさるハゼさんとの生活に訪れた最初の転機。
それがこの本との出会いでした。
その時点でハゼさん、3ヶ月を迎えようとしておりました。

最初私は別の赤ちゃんグッズを買おうとamazonを物色してたんですが、
「この本を買った人はこんな商品も買っています」
みたいな案内の中にこの本が…


「赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ」。



ほお


何ですか、これは。我が家のためにあるような本ではないですか。
うーん、ほんとにそんな魔法のスイッチなんてあんの~?とは思うけど、
これを読まないまま毎日ひいひい言い続けるのは賢くない。
というわけで読みましたよ!夫婦であっという間に。


結果的にこの本で学んだことは、実践の価値のあるものばかり。
読んで試して、繰り返し繰り返しやっていくうちに上手にもなり。
1歳を過ぎた今、日々の生活の中に自然に溶け込んでいます。


魔法のスイッチは、あったのでした


この本によると、月満ちて産まれた普通の赤ちゃんでも
理想的に言えばあと3ヶ月遅く産まれるべきところを、
それ以上頭がでかくなっては産道を通れないなどの理由で
「3ヶ月早産」状態で産まれてくるのだそうです。
そのため生後3ヶ月、つまり100日たたない赤ちゃんは
お母さんの子宮が恋しくてたまらない。


だったら 子宮にいた時の状態 に近付ければ良い。


それがここで出てくる5つの魔法のスイッチの根拠になっています。


5つのスイッチは【おくるみ】【横向き・うつぶせ】【揺らす】
【シーッという音】【おしゃぶり】など、結構新米父母でも
何とな~くやっていたりする類のものもないこともないんですよね。
実際、新生児は多くの場合真新しいおくるみにくるまれてるし、
当然のように抱っこしてゆらゆらしながらあやしたりされますからね。


でも、この「子宮にいた時の状態」との関連でもう一度
これらの動作を捉えなおして取り組んでみると、
甘い!それじゃ甘かったんですよ!


著者も書いてますが、これらの動作には
正しいやり方 と その適切な量・程度
が重要になってきます。


中途半端なやり方や度合いでうまくいかないからと
あきらめてしまうから、いつまでも泣きやんでくれない。

マッサージなんかでもそうですよね。
正しい方法とちょうど良い強さでやってもらうと至福のひととき。
でも変なとこを押されたり、強すぎたり弱すぎたりすると落ち着かな~い。
これ、重要です。赤ちゃんも気持ち良くしてもらいたいんです。


ハゼさんはどれも試してみてそれなりに効果はありましたが、中でも
【横向き・うつぶせ】【揺らす】【シーッという音】は効果絶大。
SIDSの心配される6ヶ月頃まではうつぶせ寝は注意が必要ですが、
今はほとんどうつぶせ寝で気持ちよさそうに寝てらっしゃいます。
揺らすのに関しても、今では私達は、寝ぐずりをなさったハゼさんを
最小限の労力、かつ最短の時間で寝かせる揺らし方を身につけました。
シーッという音は大泣きの時、不安そうな時、今でも使うことがあります。


どうしてこの5つが子宮の環境と似てるのか、
どういうやり方で、どれくらいの強さでやるべきなのか、
これは本書を読んでぜひ実践してみて下さい。
なるほど~!!と思わずうなってしまいますよ。




にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんが寝ない… - ジャンル:育児

赤ちゃんごはん日記ー「離乳食」はいらない(向山昌子)

以前、寝ない赤ちゃんお役立ち本の第1弾では
赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ」について
紹介しましたが、本日は第2弾、またしても
寝ない赤ちゃんを持つお母さん必見の本をレビューしますね。


赤ちゃんごはん日記―「離乳食」はいらない
タイトルだけを見ると、まるで離乳食関連の子育て本です。


実はいたちむらも最初は離乳食が始まったばかりのハゼさんに
どんなものを作ってあげようかと思案中に、図書館で検索して
たまたまヒットしたこのタイトルが面白そうだったので
借りたというのが、この本との最初の出会いでした。


本そのものの印象も、一昔前の少し古そうな、厚みのある
素朴な感じの装丁で、よくある子育て経験者のエッセイかな~
くらいな軽い気持ちで読み始めました。

それが、読み始めてみたらもう、はまるはまる!
なぜってあなた。その本の主役である赤ん坊のナオちゃん。


筋金入りの寝ない赤ちゃんだったのです!


うちのハゼさんも相当なもんだけど、ナオちゃんはそれに
勝るとも劣らない、いえいえもしかしたら多少勝ってるかも?
というくらいに我が家の寝ない赤ちゃんと酷似していました。


著者の向山昌子さんは、そんな怒濤のような子育ての日々を
旦那様と二人でしっかり受け止め、こんな言葉で表現しています。



「赤ん坊が食べているのはおっぱいだけじゃない。
親の大切な「時間」をこんなにも食い散らかしている。
ついこの間まで二十四時間がすべて自分だけのものだったのに。
今私の時間は赤ん坊の空腹を満たすためにあるようなものだ。」


「どんなに厳しいクライアントだって、ここまで仕事をさせやしない。
ああ、せめて二時間でいいから続けて眠りたい。」



うちと同じ!うちと同じ!!


何度向山さん本人にお会いして、この同士の気持ちを
僭越ながらお伝えしたいと思ったか知れません。

というか、それまで自分だけ子育てでこんなよく分からん目に
遭っているのかと思っていたモヤモヤした気持ちが、
作家さんという言葉のプロフェッショナルによって、
こうも見事に紡がれていく。底知れない快感でした。


ナオちゃんはこれまた相当な難産で産まれた上、
新生児期は3時間おきどころか1~2時間でおっぱいを欲しがり、
飲むの自体も1時間以上と、とっても時間がかかったそうです。

いたちむらの場合、お産は向山さん程の苦しみはなかったけれど、
おっぱいに関しては相当似ているものがあると思いました。
そしてもちろん、昼も夜もなかなか連続して寝ない、
起きててご機嫌なら良いけど、ずっと抱っこでないと大泣き。
「俺の目の黒いうちは布団なんかに置くんじゃねーぞ」ぐらいの
勢いでしたよ、ほんとに。いや、うちのは女の子ですがね。


とにかく、この本に出会っていろんな意味でホッとしたんです。

状況がうちと同じで似てるから、というだけでなく、
向山さん一家はその過酷な状況を、いたちむらだったら
途中で逃げ出したくなってしまうような修行のごとき子育てを、
向山さん独特の捉え方で受け止めて毎日を精一杯過ごしている。
そんな姿に勇気づけられたんだと思います。


まるでそれは私と同じ道を行く先達から、タイムマシンを通じて
そのサバイバルのノウハウを届けてもらったかのようでした。
本は素晴らしい。これだから読書はやめられません。


向山さん独特の捉え方、それは例えばこんな言葉です。



「お産は十人十色。あなたは十一人目かもしれないんだよ。」
「赤ちゃんだって十人十色。うちの赤ちゃんは十一人目なのかも。」


「ナオちゃんの眠りは『草食動物の眠り』。
ぐっすり熟睡なんかしたら肉食動物に襲われてしまうから。
早く誰にも邪魔される心配のない『ゾウさんの眠り』が
出来る日が来るといいのに」



アジアを長く旅してきた向山さん独特の表現は、一日中家で
子育てに没頭する私の脳にふっと新鮮な風をくれるのでした。


いたちむらは向山さんのその他のエッセイも大好きですが、
洗ったばかりの素足によく使い込んだ革のサンダルを履き、
涼しい夏の草原を歩くような、そんなすがすがしさを
感じさせる読後感は向山さんならではのものでしょう。

他にも、赤ちゃんとの一日の様子が分かるかわいいイラスト、
卒乳のくだり、なかなか慣れなかった保育園のくだりは、
ずいぶん参考にさせてもらいました。


そうそう、このタイトルの気になるフレーズ、


「離乳食」はいらない。


これは、わざわざ寝ない赤ちゃんとの生活に、赤ん坊しか
食べない離乳食を作る過程を加えたらやっていけない。
それなら「離乳食」ではなくて「歩み寄りごはん」でいこう。
そんな意味でのタイトルなわけです。


でも、ただ単に大人のメニューの調理過程から取り分ける、
いわゆる「取り分け離乳食」と何が違うのか?

それはアトピーのナオちゃんも一緒に食べられるメニューを
選ぶという意味で大人が「歩み寄る」ごはんというところ。


野菜に雑穀、海草にお豆がたっぷりのメニュー。
赤ちゃんも食べられて、大人の体にも良い、
もちろん、母乳育児中の体にも良い、理にかなった食事。
そんな大人の食事から取り分ける赤ちゃんのごはん。


これもいたちむらは相当参考にさせてもらいました。
ハゼさんはアトピーではありませんでしたが、
とはいえ、やっぱり食にはこだわりたい。
せっかく赤ちゃんが食べるのだから、大人が見ても
めっちゃくちゃおいしそうなのを作りたい。
でも、手を抜くとこは抜きたい(笑)
ついでに自分もそのおいしそうなのを一緒に食べちゃいたい。

そんなズボラ母にとって、この「歩み寄りご飯」という
コンセプトは一貫してハゼさんの離乳期に役立ちました。
本文には歩み寄りご飯のレシピもイラスト入りで豊富に
紹介されていて、おいしそうなメニューいっぱいです。


子育てに奮闘するお母さん、たまには本でも読みたいわぁ~
って時にはぜひオススメの一冊です!


にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:赤ちゃんが寝ない… - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 寝ない赤ちゃん お役立ち本
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。