ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

パニック発症以来、初めての…

今日は子育ての話から少し離れて、いたちむら日記です。

この連休に、大学時代の友人の結婚式に行って来ました。
こういう華やかな場所に出没したのは出産以来初めて。
友人の花嫁姿、綺麗でした~(感涙)


ところでいたちむら、大学時代はフラメンコの歌(カンテ)を
やっておりまして、今のこのいたちな姿からは想像だに出来ない
かもしれませんが、当時は大変これにはまっておりました。

今回花嫁となった友人とは、大学卒業後も機会があると
何かと踊りのバックとして呼んでもらって組んでいたのですが、
今回の結婚式で彼女自身が踊るということで、久しぶりにまた
彼女のバックとして歌うことに…これがもう、5年ぶりのことですよ。


しかし、ここ数年でいたちむらの環境は激変しました。
なんせ子育てが始まって以来、ほとんど家の中で地味~に
過ごしてきたここ数年です。フラメンコなんて忘れていました。
歌なんて、ハゼに歌ってやる童謡のアホな替え歌くらいです。

そして何を隠そう、保育園にハゼさんを預けて仕事に復帰するまで、
いたちむらは2年近く、独りで電車さえろくに乗っていませんでした。
だいたい日々の用事は近場で済みますし、週末出掛けるとしたって
ダンナくんとハゼさんとみんな揃って一緒であります。
最初に電車で独り職場に行った日は、最後までちゃんとこの便に
乗って目的地まで行けるのだろうかと本気で不安でしたから。


いえいえ、大げさな話じゃありません。


大学時代と今のいたちむらの大きな違いと言ったら、
以前にもこちらでお話ししましたパニック障害です。
パニック障害とは、もうかれこれ5、6年のお付き合い。
そして、出産以降ひどくなってしまった月経前症候群(PMS)
さらに全ての症状の大元となっているらしい自律神経失調症
何か今どきの病気のコレクションみたいでお恥ずかしいですが、
周りにはどう思われようとも、本人、結構辛い症状ばかりです。


まあ、そんなヘタレな自分でしたので、今回の友人の誘いには
久しぶりのセッションという華やかな機会に心踊りつつも、
いったい今の私なんかで本当に彼女の大切な一世一代の舞台の
バックが務まるのかと正直不安で不安で仕方がない状況でして…

実際、友人に「当日、私が体調不良で来られなかったら??」
などと花嫁を不安にさせるようなことを聞いて、
唖然とさせてしまいましたし…(ごめんよ、友人~。。)
肝っ玉の小さいこと、この上なし。
今のいたちむらを表現するのにこれ以上しっくり来る言葉はなく…
母は強し、とか激励されるのは嫌いです。
もうやめてっっっ、そっとしといてっっ、な気分。


でも!何とかやり遂げて来ました~!!


まずは無事に体調も崩さずこの日を迎え。
そして何とか予定の時間通りに電車の乗り換えにも成功し。
果ては本番前の最も緊張高まる時間も、ホメオパシーの頓服で、
何とかパニックに陥ることなくやりすごし。
まるで自分の結婚式かっっ??と笑われそうな勢いですが、
本人いたって真面目ですから、ほんと救いようがありません…


しっかし、とにかく無事お役目が務まって良かったぁ~。。。
そして、また一歩、嬉しい前進。

いたちむらとしては、こうして少しずつでも社会復帰(?)でき、
昔の自分より少しでも回復していることがほんっっと喜びです。
出産以来、仕事に初めて行って帰って来れた日も、
本当に嬉しかったけど、今回もまた、そんな嬉しさ。

こんな頼りないヤツに、またとない誘いをしてくれた友人、
ほんとにありがとうね!!幸せになってね、nana。


持病の治療とホメオパシーの話は、またこちらで書きますね~。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

ママ、心配しないで

すっかりクリスマスシーズンですね。
この週末や祝日には家族でお出かけって方も多いことでしょう。
いたち家もこの週末、久々に横浜みなとみらいへ出かけました。

そして、大変お恥ずかしい話なのですが、実は今回初めて、
いたちむらは近所のような馴染みのほとんど全くない場所で、
ダンナくんナシで、数時間一人っきりでハゼさんの
お相手をして遊んで過ごすという大チャレンジに出ました。


ええ、ええ、すみません。


普通にお子さんの面倒をいつも一人で見られているお母様方には
「はぁ??何がそんなに大チャレンジなの?」
と呆れられそうな話ですが、パニック障害持ちのいたちむらには
人混みに一人きりでいたってどうにかなりそうなほどの体調なのに、
そこへ来て、守らなければならない子供が自分の手の内にいる、
な~んて考えただけでお腹がきゅぅぅ~っっとなりそうです。


だいたい何でいきなりそんなふうに横浜で過ごすことに
なったかというと、以前からこの日の夕方に、ダンナくんが
自分の好きな音楽のライブに行くことになっていたんですね。
普段ハゼさんといたちむらに絡みつかれてほとんど好きなことも
出来ないダンナくんですから、こういう時くらい息抜き必要です。


で、そんならいたちとハゼはおうちでおとなしく留守番してる、
って手もあったんですけど、ここんとこ遊び盛りのハゼさんを
せっかくの休日、家でジッと過ごさせるなんて気の毒でした。
だったら一緒にみなとみらいの雰囲気を味あわせてあげたい。

そう思ったいたちむらにはあるアイデアが浮かびました。
横浜なら私の実家も近いし、ここはたまにはジジババに
出て来てもらい、ダンナくんのいない間一緒に食事でもすれば、
私は安心だし、孫と交流もしてもらえて一石二鳥ではないかと。
そんなわけで、いたちむらの母がこの日来てくれることになり、
以前から約束をして、何度も細かい話などは電話で伝えていました。


しかし、約束当日の前々日になって、突然のキャンセル。
当日の細かい打ち合わせをしようと電話をかけたら、
「あ、その時間は無理だから」といきなり断られました。
実は母は明日の祝日に趣味でやっている楽器の演奏会があり、
そのリハーサルなどで忙しいので無理だと急に言い出しました。

リハーサルが入ったのは仕方ありません。
でも、だったらもっと早くに「約束の日にいけなくなった」
と言ってきてほしかったと思います。「ごめんね」の一言もない。
あまりに腹立たしかった私は思わず父に電話をかけてしまいました。
しかし、昔から母の味方はしても私の味方はしない父です。
「お母さんには感謝してもし足りないくらいお世話になって
いるのだから、そんなことくらいで怒るのはおかしい」と
逆にみっちり叱られてしまいました。


まあ、とにかくそんなことがあって、すっかり元気をなくして
しまったいたちむらでしたが、ダンナくんは私の気持ちを
ちゃんと理解してくれましたし、それなら、と気を取り直して
パニックの行動療法として初めての一人ハゼ連れに挑戦したわけです。


結果は…。


無事、何とかお役目をつとめることが出来ました~!!
何より驚いたのは、ハゼさんがいつも以上に私の言うことを
きちんと聞いてくれて、とても良い子でいてくれたこと。
明らかに、親が子供に気を遣わせてる親子です…。
途中、緊張のせいか、お腹が緩くなってきて何度かトイレに
駆け込みましたけど、ハゼも一緒に付き合ってくれました。
後は、何度か来そうだな~と思った瞬間に、常備している
ホメオパシーの頓服薬、アコナイトを摂って一息つき…。


ほとんどの時間は、ボーネルンド横浜みなとみらい店
遊んで過ごしました。ここは有料のプレイパーク、キドキド
あったりして、私以外にも何か時間つぶしをしていそうな
子連れの一人奮闘お父さんがたくさんおられましたけど、
ハゼさんは店内のたくさんのおもちゃをいじるのに夢中でした。
ハゼさんがどんなおもちゃに興味を示すのかを見るのも
面白かったですし、店員さんも声をかけてくれたりして、
ほとんど飽きずに時間が過ぎていきました。


無事、ダンナくんと再会して、3人で晩ご飯を食べている時。
何とかお役目を果たせて、ホッとリラックスする一方で、
私は今日、本当ならここに母がいたのに、と度々思い出して、
そりゃあダンナくんとハゼさんと家族水入らずも素敵でしたが、
何だかどうしてもいやな気分を思い出してしまって、
ついつい元気がない様子を無意識に見せてしまっていました。


以前にも母には約束をすっぽかされたことがあって、
大きな約束を破られたのは、今回でもう2度目です。
しかも、ハゼさんだって「おばあちゃんに会えるの?」と
楽しみにしていたわけですから。どうしてもしこりが残ります。

父が言うように、親に対する感謝の気持ちは確かに大切です。
でも、たとえ親であろうと、約束を守れなかったら謝る、
あるいは、守れない約束はしないでほしいと子が要求する、
これは別に、親への感謝の気持ちとは無関係ではないでしょうか。
でも私は小さい頃からこの鉄則のもと育てられてきました。
だからこそ、私自身はハゼさんに、親だったら何をしても許される、
親は感謝はされてもなじられるなんて許さない、なんていう
バカらしい教育はしたくありません。
そして何より、私のこともハゼさんのことも、
母にとっては自分の趣味以下の存在で、約束もあいまいにしか
捉えず何度も平気で破るということを、とても悲しく思いました。


考えれば考えるほど悲しくむなしい気持ちになっていた私に
ダンナくんが気付いて「大丈夫?」と声をかけてくれました。
それで私も我に返って、「あぁごめん、また暗い顔してた?」と
聞いた時、何と私の横に座っていたハゼさんが、私の肩に
ポン、とその小さな手を置いて、こう言ったのです。


「ママ、心配しないで」


今思い出しても、泣きそうになります。
ハゼさんはそのまま、私の肩を軽くポンポンとたたき、
「心配いらないよ、心配いらないよ」と言い続けていました。
こんなに小さい子なのに、ちゃんと分かっている。
ハゼさんは私なんかよりずっと大人です。
こんな時に、こんなふうに子供に支えられるなんて。


実はハゼさん、今回のことがあってから、いつもなら
「おばあちゃん、大好き!」と言っている母のことを、
ここ数日は「おばあちゃん、すきじゃない」と言い続けていました。
子供は親の気持ちに本当に敏感なんですね。
そして、良くも悪くも多大な影響を与えてしまう。


でも、ハゼさんに会えて本当に良かった。


私なんかのところに産まれてきてくれてありがとう。
まだ小さいのに、こんなに気を遣わせてしまってごめんね。
私は、ハゼさんのためにももっと頑張らなければいけない、
もっとちゃんとしなければ、そう思い直した出来事でした。

本日も長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:産後の体 - ジャンル:育児

パニックママでもいいじゃない(青柳ちか)




今日は、ブログ仲間でパニック仲間(通称パニ友…笑)でもある
CHIKAさんのマンガ、「パニックママでもいいじゃない」のお話です。


CHIKAさんは現在2人のお子さんを持つ働くママさんですが、
以前いたちむらがパニックのことをいろいろ検索している時に、
たまたまCHIKAさんのブログ、パニックかあさん子育て絵日記
出会ったのがきっかけで、それ以来ずっと子育ての同士として、
そして、パニ友として(笑)仲良くして頂いてます♪


CHIKAさんが最初にパニック障害になったのは、
上のお姉ちゃん妊娠時だったとか。つまり初めての妊娠です。
妊婦さんっていわゆるマイナートラブルも多いですから、
最初はそういうのと判断がつきにくい時期が続いて、
パニックだと判明したのはご出産後だいぶ経ってからとのこと。
しかも、産後うつもあったそうで、本当に辛かっただろうな~と
同じく産後うつも経験したいたちむらとしては共感の嵐です(ノ_-。)


ちなみに、いたちむらが最初にパニックになったのは、
はっきりとこの日と覚えているわけではないのですが、
独身で働いていて、もちろんハゼさんはまだいない頃でした。
その後、ヨガのある行法(またこの話は詳しく書きますね)を試してから
1年くらいはパニックから完全に解放されて晴れ晴れと過ごしたのですが、
それから突然今回の妊娠が発覚し、同じく私もその辺りからまた
「パニック星人」がぴょこりと顔を出し、居座るようになったのでした。


んで、CHIKAさんのこの御著書!


内容を追って話すとネタバレになってしまうのでやめますが、
とにかくパニックになった方なら、ママでなくても、男性でも、
どんな方でも「う~ん、分かる分かる~っっ(≧▽≦)」な話が満載です。
いたちむらの場合、乗り物はそこまで苦手ではないものの、
来客が苦手、美容院が苦手、常にわけもなく不安、などなど
うわぁ~同じだよぉっ…と、同士がいる喜びに思わず涙でした。


そして、自分自身が読むだけでなく、家族や親など
周りの身近な人達に自分の病気を分かってもらうのに、
本当にちょうど良いツールだと思うんですよね。

いたちむらの場合、ダンナくんはとても理解がある人なんですが、
実家の父母などは、2人とも正社員フルタイムでバリバリ働いて
厳しい時代を自分達の力で生きてきた「ど根性」な世代で、
退職した今も、今度は田舎に畑と田んぼを作って農業始めちゃう
ようなものすごいバイタリティーのある人達なんですよね。
(ほんとにお前の親なのか?とダンナくんに不思議がられる程です)

当然、パニックなんて私が話しても、ぜんっっっぜん通じない。
「そんなの気力の問題」とか、「規則正しい生活をすれば治る」とか、
何か私の根性無しの問題にされてしまうので、かえってやぶ蛇だし、
むしろ「大変だ」とかあんまり話さないようにしてるくらいなんです。


でも、CHIKAさんのこの本なら、マンガなので誰でもすんなりと
受け入れやすいですし、病気の感覚的なことや、お医者さんの説明、
普段どんな状況で困るのか等、客観的に分かりやすく書かれています。
人の話を聞かない世代の我が家の頑固な父でも、もしかしたら
パニック障害という病気のほんの少しでも理解しようという気に
なってくれるのではないかな~と思っているんですよね。


そして何よりも。


やはり、パニック持ちでも子育てしてる!というお姿には
感動と勇気をたっっくさんもらえます。
いたちむらはまだハゼさん一人しか子供がいないので、
第二子ご出産の話は本当に参考になりました。
そして、この話が一番感動でした…。
産まれたばかりのちー助くんを抱っこして涙するCHIKAさん。。。
いたちむらもたまらず完全もらい泣きでした…"(/へ\*)"))


そして、誰でも自分の「パニック星人」を背負って生きている。
パニック障害という病気に限らず、人間は誰だってみーんな
その人なりの課題や荷を背負って生きているんだ、ということ…
日々生活しているとつい「私だけ??」って不安になりますよね。
でも、周りを見るといろんな人達がともに歩いているんだ、って。
改めてCHIKAさんの本で励まされ、温かい気持ちになりました。


辛くなったら、思い出すことの出来る、一緒に歩く仲間がいる。
そう思えるって本当に幸せなこと。CHIKAさん、ありがとう。
私もCHIKAさんや他の仲間達が辛い時、
「ああ、いたちむらも頑張ってるんだもんねぇ…」
って思い出してもらえる人でありたいなぁって思ってます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:産後の体 - ジャンル:育児

ふんづまりいたちとアーユルヴェーダ

今年は冬の入りが少し遅いのかなぁ~と思っていたら、
来ましたねぇ…今日は冷たい雨とともにすっかり冬気分。
いたちむらは例年冬が苦手なのですが、今年はそれほど
まだダメージを受けていない感じで、けっこう元気です。
子育てももう4年目ですから、出産後ボロボロだった体も元に戻り、
保育園の強力な子供ウイルスにもだいぶ慣れてきたのかもしれません。


しか~し。


昨日、かかりつけの内科で、すごいことが分かりました。
今飲んでいる漢方薬が終わりそうなので、診察に行ったんですね。


もともと以前から胃腸がネックないたちむらなのですが、
今年は4月にノロウイルスにやられて以来、夏場もずっと
胃の調子が悪く、揚げ物などの油ものを受けつけませんでした。
そのために食べ物には以前より気を遣って、出来合いのものや
いわゆるジャンクフード、コンビニものなどは食べ(られ)なくなり、
おかげでだいぶすっきりと痩せてきたというのもありました。


とはいえ、やっぱり胃の調子が悪いと全体的に疲れやすいです。
週5日間の仕事にも慣れ、週末は親子フラメンコの教室に通うなど、
自分ではけっこう動けているつもりなんですが、やっぱりどこか
無理してるんでしょうね…時々どっと疲れが出ます。


そんなわけで、ここんとこホメオパシーその他を使って
この胃弱を治そうとしてきましたが、最近飲み始めた
ある漢方が効いたらしく、だいぶ調子が良かったんですよ。
それで、その漢方の続きをもらいに行った診察でのこと。


全体的に調子は良かったんですが、ここ数日何となく
また胃が重いような、食欲がないような感じがあったので、
それを先生につけ加えて話すと、おもむろにお腹を触診され。


「う~ん、お腹のレントゲン、撮りましょう」


えっっっっ??? Σ( ̄ロ ̄;)


かくして撮られたいたちむらのお腹の写真には、腸の形なり
一面に、もこもこと雲のようなものが写っていました。
これ、皆さん何だと思います?


そうです。答えは「便」でした…(-_-;)
お恥ずかしい…ふんづまりいたち、ここにあり、です。
本当に、ものの見事に結腸全面にもくもくと白い陰があるんです。
「普通の人はこんなに詰まってません(笑)」とおっしゃる先生…


それなら、普通の人だとどれくらい滞留してるものなんですか、
と先生に問うと、「いや、健康な人は全く溜まってないものです」
とのお答え。あっても直腸近くにほんの少しなのだとか。


いったい、どんだけふんづまりなのか、と。


先生曰く、「この状態、相当苦しいはずなんですけど」とのこと。
でも、私としては、そーいえばここ2~3日出てないなぁ…くらいで。
言われてみれば、ここんとこ、お通じはあまり良くありません。
この食欲のなさはそのせいか、と考えれば納得いくものもあり。


自覚のない便秘ほど怖いものはありません。
確かにここんとこお通じが固めで、子供の頃そうであったように
コロコロとうさぎさんのようなフン(汚くてスミマセン…)になって
いたので、ちょっと気にして食べ物とか気をつけてはいたんです。


これはヨーガの先生に断食の復食の際に教えてもらったのですが、
玄米をよ~~~く噛んで食べると、便秘にいいんですね。
私も「ちょっとここんとこあれかな…」と思った時に、
発芽玄米を1kgほど買って来て、毎回のお米に混ぜて炊くんです。
それをよく噛んで毎日食べているうちに、だんだんと毎回の
お通じが柔らかくなってきて、調子が戻ってくるのです。


今回もそれは1ヶ月前くらいから試していて、
だいぶ良くなったかなぁと思っていたのですが、力及ばず…。
でも、まさか便秘をレントゲンで立証されることになるとは…( ̄ロ ̄;)
ここまで図ではっきり示されると、ぐうの音も出ないいたちです…
ていうか、こんなレントゲンの使い道をされる私っていったい…


結局、ですね。


とにかく固くなったまま私の腸に鎮座している方達を
いったん全部出して綺麗にしましょう、ということで、
化学的な便秘薬のお世話になることに…(ノω・、)
さすがにこれだけ硬化した方達には、玄米も厳しいのでしょう。
出されたのは便秘薬の定番、酸化マグネシウムでした。


この酸化マグネシウム、実は以前参加したヨーガ断食の際に
飲んだミルマグ液の成分と同じなんですよね。
ヨーガ断食の前には、胃腸にあるものを全て出し切る必要があるので、
最初の数日間、この薬品を決まった量飲まなくてはいけないんです。
(ヨーガ断食の話は、またここでお話しますね)


しかし、昨日の夜一度だけ飲んだ酸化マグネシウムの効き目は、
断食当時に飲んだミルマグとはえらい働き方が違う感じでした…
もう、とにっっっかく痛いのなんのって。
夜中に何度もトイレに起きて苦しみました…
今朝も寒い中職場へ歩いていたら、まだしくしく痛んでくるし…


逆に断食の時は健康体そのものだったというのもあって、
痛みもほとんどなく全てのものがすんなりと外へ出て行ったんです。
やっぱり、今どんだけつまってんのか、って話に尽きるんですかね…
それにしても化学の薬はやっぱり効き方が乱暴です…(涙)


とはいえ、中身がお出ましになった後の体の、何と爽快なこと。
普通の人は皆さんこんな感じで毎日過ごせているのね…
今後もぜひともこのような体を維持したいものです。


さて、そのためにも考えなきゃならないのが。


そもそもどうして今回また便秘になったかということなんです。
お医者さんやいろいろな人と相談して考えた結果、
やっぱりもともとの体質は相当影響力が大きいだろうと。
そこへ来て、ここんとこの胃の不調。
胃が悪ければ、胃腸全体の機能が落ちて滞るということです。


で、ここでアーユルヴェーダの話につながるんですが、
皆さんトリ・ドーシャ(3つのドーシャ)の理論って知ってます?


アーユルヴェーダでは、ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(土)
という3つのエネルギーでその人の体質を捉えようとします。
生まれ持ったドーシャのバランスがその人の体質を作り出します。
そして、日々の疲れやストレスが、そのバランスを乱す時、
体調不良や病気という形になって現れるという考え方です。


ちなみに、いたちむらは典型的なヴァータ体質なんです。
ヴァータ(風)は運動エネルギーの象徴で、
いつもちょこまか動き回り、好奇心旺盛で気分屋。
まさに私のことを言われているとしか思えない描写です。


このヴァータ体質。「風」からイメージされるように、
どちらかというと体は乾燥気味です。
元来、便秘体質というのも、まさにドンピシャです☆
そして、晩秋から冬にかけてバランスが乱れやすい。
…もう、どっかで私のこと見てるのっっ??と聞きたくなります。


結局のところ、こういう根本的体質に気をつけつつ、
食べ物や自然療法などを日々の暮らしに生かしていかないと、
また化学の薬のお世話になるのではないかと思うわけでして。


そんなわけで。


次回はこのアーユルヴェーダの考え方をやさしく紹介した
お役立ち本がありますので、そのお話でも…。
ついに、ふんづまり武勇伝(?)を作ってしまった
いたちむらの与太話に、今しばらくおつきあい頂ければと存じます…


アーユルヴェーダの3つのドーシャ理論・続きのお話はこちら!
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:産後の体 - ジャンル:育児

「出来ないこと」のない生き方に憧れて…

朝起きて、おもむろにトイレに入って出て来た瞬間、
パパと一緒に朝の支度をしているハゼさんに
「お前、厚着してるね~」
とニッコリ顔で言われ、返す言葉が見つからなかった
今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしですか。


さて、先週の土曜、いつもの親子フラメンコの後に、
フラメンコの師でもあり、妊娠前からの友人でもあるその人と、
久しぶりに二人でお茶する時間が少しだけですがとれました。


その日、たまたまお互い子連れでなかったというのもあって、
こうしてレッスン帰りに優雅にお茶など出来たわけですが、
彼女とこうしてゆっくり話せるのは4年ぶり、彼女が臨月の時以来です。
子育てのこと、自分の人生のこと、いろいろ話すことが出来ました。


その時ね。


最初、彼女は「おいしいコーヒーとケーキのお店があるのだけど」
と、とっておきのコーヒー専門店を提案してくれたんです。
しかし残念ながら、私はコーヒーが飲めません。
でもその場で「私、コーヒーダメだから」となぜか言えなかった私は、
何かしら別の理由でその提案を回避し、コーヒー専門店ではない
他のお店に入ることになんとか成功しました。


実は、私。


コーヒーに限らず、カフェインの入っているもの全般がダメ。
いわゆる、カフェイン過敏症らしいのです。
緑茶、紅茶はもちろん、鎮痛剤や栄養ドリンクに入っている
カフェインでさえ感知してしまいます。
体調が悪い時は、三年番茶でさえも飲み過ぎるとヤバイです。


具体的にどういう症状が出るかというと、何だか胸がソワソワ、
ゾワゾワしてきて、胃がムカムカして落ち着かなくなる。
そして、そういう時はきまってパニック発作を起こしやすくなり。


最初、自分でも単なる思いこみなのかな~と思っていたんですが、
カフェインが入っているとは知らずして飲んだ清涼飲料水が、
後で同じゾワゾワ感があったのでビンの表示を調べてみると、
なんだ~やっぱりカフェイン入ってるじゃない!
なんてことが何度もあったんですよね。


それと、先月そのことをホメオパスの先生に相談したら、
処方されたのはコフィア。コーヒーのレメディなんです。
コーヒーを飲み過ぎた時と同じ状態の胃炎や
過剰な神経の興奮に用いられるレメディでした。


それでね。


私、やっぱりその友人に話したんですよ。
実はカフェインの入っている飲み物が飲めないのだと。
友人は「そんなこともあるのか」と驚いていましたが、
私のカミングアウトをやさしく包み込むように受け入れてくれました。


実は、私がここ最近摂取出来ないのは、カフェインだけではありません。
断乳したら妊娠前と同じ食生活に戻ろうと思っていたのに、
気付いたら油こってりの料理や揚げ物、市販のカレーなどが
普通に食べられなくなっていました。


出来ないことだって、たくさんあります。
車酔いがパニック発作の引き金になるので、車は基本的に苦手です。
電車は毎日乗っているので平気ですが、飛行機は抵抗があります。


それほど親しくない人と食事をするのも苦手です。
ランチミーティングなんてどうかしてる、と思ってしまいます。


健康に良くないものが食べられない分にはいいじゃないか、
車や飛行機だって、毎日乗るわけじゃないなら構わないだろう、
とおっしゃる方もあるかもしれません。
確かに、自分の生きられる範囲で、出来ることだけをやって生きる。
それも私のようなタイプにはひとつの方法かもしれません。


しかし。


少し前に、父に言われました。
「お前は自分で自分のことを規定してしまって、
どんどん出来ないことを増やして損をしている」
と。


ええ、私も前からそう思っていたのです。
たとえば、カフェインレスの飲み物しか飲めない自分。
ホメオパシーの薬を持ち歩かないといられない自分。
みんなで楽しく会食しようという時に、心底楽しめない自分。


本当は、もっと自由に生きたい。


カフェインだろうが、油だろうが、何を食べても平気な体。
どこへ誘われようが、喜んで足どり軽く出かけられる体。
自分のやりたいことを最後までやり遂げるのに十分なだけの体力。
「これは出来ない」というのがほとんどない、自由な魂。


20代の頃は当たり前のように持っていた気がするのに、
私は一体、どこへ自由な魂を置いてきてしまったのでしょう…


同じことを。


今、我が子に対しても思います。
昨今は、子供に○○を与えない、という方針って多いですよね。
「牛乳は飲ませない」とか「動物性の食品は食べさせない」とか。
添加物やお砂糖もそういった例の一つですよね。


確かに、添加物やお砂糖たっぷりの食品をつとめて
我が子に食べさせようとは思わないのはどこの親も同じです。
しかし、例えばお友達の家で出された食べ物。
ジジババが孫のためにと用意しておいてくれた市販のお菓子。
一緒に遊んでいるお友達がくれた、緑色した炭酸水(笑)
こういうことって、いくらでもあると思うんですよね。
しかも大人になったら、お酒も含め、もっと世界が広がります。


そんなことから。


今の私が、自分の状態もふまえた上で感じるのは、
出来ないことのほとんどない、どんな場所でも、どんな時代でも、
方法を選ばず強く生きていけるというのが、いかに貴重かということ。
我が子には、ぜひそんなふうに育っていってほしい、と強く思うのです。


そのためにも、まずは食ではないでしょうか。
まず、好き嫌いはさせない。
ましてや、○○は食べさせないなどと、親が勝手に規定しない。
肉でも魚でも野菜でもなんでも、偏りなくおいしく食べる。
もちろん、添加物などをつとめて親の方で与えたりはしないけれど、
かといってたまに口に入ったからといって、それはそれ。
むしろ、そういう毒素を受け流し、上手に排出する体を作ってほしい。


土曜のお茶タイム、私達はそんな話をしました。
歳をとってくると、ただでさえ自分で自分に規制を
かけてしまうことって多いと思うんですよね。


でも、私はもっと自由に生きたい。
そんなふうに生きられる体を作ることが、私の当面の課題です。
そして、自分で自分を規定しない、そう心に誓い続けることで、
我が子もおおらかにのびやかに育ってくれたらいいなぁと思うのです(´艸`*)
今日はいたちむららしくもなく、妙にシリアスでスンマセン(笑)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

不安との戦い

ブログの更新がずいぶん滞ってしまいましたが、
おかげさまで私もハゼ子も元気にしています。
地震直後に仕事を休んだり早退したりが続いたので、
この数週間はそれを取り返すべく頑張ってました(^^)


とはいえ。


今、やっぱり一番気になるのは放射能のこと。
東京も一時は水道水の汚染騒動があり、
雨の後は放射線量も高い状態が続き、
食品にもいろいろな不安が…
東京は被災地ではないとはいえ、また別の種類の心配事で
みんなどうしても憂鬱な気持ちをぬぐえない感じです。


私も、大切な家族をどう守るかで日々必死になりつつも、
宮城や岩手、福島の人達はもっともっと大変なのだから、
と思うことで自分の気持ちを何とか奮い立たせていました。


でも先日、ある方の日記に
「僕らは今、誰もが心を痛めて傷ついてる。
被災地の人に比べればなんでもない、と言ってしまわずに、
まずは自分の痛みを見つめるのが大切かも」とあるのを見て、
すごく気持ちが救われたのです。


自分のことばかりにかまけていて情けない、
と反省する部分はもちろんありますが、
とはいえ、まずは自分の気持ちにまっすぐ向き合って、
元気になっていかないと前へは進めないなと思ったのでした。


対策はいろいろしています。


何を置いてもまず一番気をつけているのはハゼ子のこと。
「大丈夫、まったく安全だ」という情報がある一方で、
「政府の基準値はゆるい」という人がいるのも事実。
そんな中、我が家も含め、子供がいる家では安全側を
とるのは当然のことではないかと思います。


私は毎日、東京のモニタリングポストサイト
外部放射線量や水道水などの状態をチェックしています。
中部大学の武田邦彦さんのブログも毎日読んでいます。


外出時は相変わらずハゼ子にもマスクをさせて、
保育園でも園庭での外遊びはつい最近まで見合わせていました。


水も、雨の後の騒動があった頃はちょうど事前に買っておいた
天然水があったので、それで何とか間に合いました。
その後も水については、断食の時に使った太陽石竹炭
水道水に入れて溜め置きしたものを料理や飲用に使ってます。
ご飯を炊く時も炭を入れるとホントにおいしいんですよね。


そして食品…被災地の生産者さんには申し訳ないけれど、
今のところ、大事を取って関東の野菜は極力避けています。
私達大人はともかく、ハゼ子にはどうしても食べさせられない…
水洗いしたりゆがいたりすることで落ちるとは聞いていても、
上手に洗い落とす自信がありません…小心者でごめんなさい。。


野菜と言えば本当に悲しくなるのが実家の父の畑のこと。
千葉の南端なので、まだ影響は少ない方とは思いますが、
それでもおいしい野菜を作ってくれていた土壌が汚された
という悔しさで、私も他人事ではなく悲しく思っています。


でも、どんなに気をつけても。


体に入ってくる放射性物質は、ある程度避けられない。
それならば、入ってきたらなるべく早く排出できるよう、
食事に気をつけるしかありません。
多くのマクロビアンの方達が、こういう時にも
伝統的日本食が良いことを訴えていらっしゃいます。


マクロビアン橋本宙八さん「食事で守ろう私たちのいのち」


以前このブログでも少し書いた奥津典子さんもブログで
とてもためになるメッセージを発せられているので、
私も常にチェックしていろいろ実践しています。
奥津さんのお話にある、梅干しの天神様も子供の頃以来
久々に食べてみましたが、心が弱っている時、元気が出ますね。


そして我が家の食卓では、地震以前から人気だった
べったら漬けたくあんがさらに消費率上昇(笑)
不思議な風味なんだけど、ついつい箸がのびます。


そうそう。


人気急上昇といえば、ハゼ子が最近必ずと言っていいほど
ごはんにかけて食べたがるのがこれ。





ゴボウやれんこんなどの根菜類を炒めて八丁味噌で
味付けしたマクロビのふりかけ、てっかみそ
お湯をかけると味噌汁にもなるらしいっっ!
白いご飯がなかなか進まないハゼ子も、
このてっかみそや昆布のふりかけ、ゆかりなんかを
かけるとあっという間にご飯を食べてしまいます。


そんな感じで。


つい先日、マクロビ脱落したばかりの私ではありますが(^^;ゞ
乳製品も品切れが続いたり、買いにくい状況である今、
こんな食事法も知っておいてよかったなぁと思っています。
実際、気持ちも体も疲れている時に、ご飯と味噌汁と
素朴なおかずをよく噛んで食べると、とても落ち着きます。


とはいっても、こうして守りの体制にまわってしまうと、
時々どうしても息苦しく、いきづまってしまいますよね。
そういう朝、起き上がって仕事に出かけるのが辛いなぁと、
また心を磨り減らすような出来事が待っていたらやだなぁと、
つい気持ちが内へ内へと引きこもりがちになります。


それでも。


思い切って外へ出てみると、いろんな発見があります。


ある朝は、同じ保育園仲間のまさやくんママが、
3人目のお子さんの入学式へ行くところへばったり。
実はまさやママ、ついに6人目をご懐妊、もうすぐ臨月
と聞いてはいたのですが、どうもお腹が小さくなってる…


「あれ?赤ちゃんは?まだお腹にいるの??」と尋ねると、
「ん~、先週生まれた」
「…え゛え゛Σ(°д°;)ノ」
「いや、だって、入学式は私が出ないとさぁ…(^^;)」


まるで奥さんのお産を語るダンナさんのごとき
涼しいお顔でいらっしゃいました…
入学式仕様にきちんとよそ行きの服を着たそのお姿は、
とても産後すぐの母親とは思えぬ凛々しさでした
6人目のお産で慣れているとはいえ、さすがです。


彼女を見ていて、私も同じ母として強くならなきゃな、
くよくよしてちゃいけないな、って思いました(ノω・、)


そして夕方、断食でもお世話になった友永ヨーガに寄ると、
こんなポスターが貼られていました。


yoga_is.jpg


「ヨーガとは、この時代を生き抜くタフさを身につけること」


この言葉が、その時の自分にとても響きました。
私は、今住んでいるこの街がとても好きです。
放射能のことがなくたって、生きてればいろいろありますよね。
これまでが平和過ぎたんだと思います。
大好きな東京でずっと暮らしていくために、多少のことで
へこたれていてはいけないな、と気持ちをひきしめました。


するとその帰り道、お孫さん二人を連れた友永先生にばったり。
先生の笑顔を見ただけで、気持ちがしゃきっと明るくなれて。
お孫さん達も元気よく挨拶してくれて、思わず嬉しくなり。


神様が頼りない私を見ていて、時々励ましてやんないと~
なんて思ってくれてるのかも。そんな一日なのでした。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 村の管理人さん日記 パニック障害闘病編
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。