ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

分娩台よ、さようなら(大野明子)




先日いたちむらの大学時代の友人がめでたく結婚しまして、
その結婚式の熱も冷めやらぬうちにさらにおめでたいことが…
そうなんです、その友人のところにも赤ちゃんが来ました!
いたちむらも子育て仲間が増えて、嬉しくて嬉しくて♪
今日はそんな友人のために、いたちむらが妊娠時代に
読んだオススメ本のことお話してみようと思いま~す。


みなさん、お産をする場所ってどういう風に選ばれましたか?
自宅から一番近いところがいい、大病院なら安心だと家族に言われた、
いや助産院で産んでみたい、いやいや思い切って自宅で産みたい!?
妊娠したら最初の大きな選択は、病院であれ助産院であれ、
その産む場所選びというのが誰にでも迫ってくる問題ですよね。


いたちむらも妊娠した当初は、家から歩いても2~3分のところにある
昔から産科が有名なキリスト教系の総合病院に予約していました。
でも、お産に関していろいろ本を読んだり情報を集めていくうちに、
お産に対する考え方が変わり、いろいろな病院などを見学した結果、
最終的には母子完全同室の、どちらかと言えば助産院的な雰囲気のある
家から徒歩10分の産婦人科クリニックをお産の場所に決めました。


最初は、そのクリニックで産みたいとダンナくんに話した時、
赤ちゃんや母体に緊急事態が起きた時、小さな施設だと対応が
不十分だったりはしないかと心配で反対されたんですよね。
でも、実際にダンナくんにもそこの院長先生に会ってもらって、
緊急時の対応に関する先生の考え方とかをじっくり聞かせてもらい、
十分納得した形でお産の日を迎えました。

結果、お産は無事済んであのハゼさんがこの世に登場し、
入院中はどの部屋も個室で家族も寝泊まりOKだったので、
ダンナくんは全日クリニックに一緒に泊まることが出来ました。
しかも、その後のいたちむらのあぶなっかしい子育てもずーっと
その院長先生や病院のスタッフの方々が見守って支えて下さり、
そけいヘルニアだったハゼさんの緊急時もほんとお世話になりました。
んなわけで今はダンナくんも「あそこにして良かったな」と言ってます。


産む場所を考えるきっかけは、この本でした。


分娩台よ、さようなら


自宅出産を中心に見て来られた産科医の大野明子さんの著書です。
大野先生の産院は、いたちむらの家からも通える範囲の場所にあり、
この本を読んだ時そこへ行こうかとも思ったのですが、
残念ながら大野先生のお薦めする、妊娠4ヶ月までに予約を、
という期限を微妙に越えてしまっていたので今回は見送りに。
でもこの本と出会って、私のお産に対する考え方が大きく変わりました。


大野先生は、ご自身の出産経験から「お産はこれではいけない」との
思いを胸にその時点から産科医を目指して開業された方だそうです。
そして産科勤務医の時に感じた違和感をもとに、現在は自宅出産を
サポートする極めて助産師さん的なお医者さんとして活躍されています。
したがって、この本では精緻な医学的専門知識に基づきつつも、
出来るだけ「切る、縫う、薬」のような不自然な行為が必要ないお産を
妊婦さんが実践出来る方法についてとても詳しく書かれているのです。


大野先生のお話では、今の日本のお産、特に病院での出産では
あまりに不必要な医療介入が多すぎると言われています。
その三大代表選手が、剃毛、浣腸、会陰切開なのだとか。
これらは大野先生に言わせれば全く必要性のない医療行為だそうです。
実際にいたちむらもこの本を読んでその観点も含めて産院探しをし、
剃毛も浣腸も会陰切開もしないで全く問題なくお産が出来ました。
ちなみに会陰切開は、先生が「もう少し時間をかけてゆっくり産めば
全く切れないけど、どうする?」とお産の最中に聞いてくれたのですが、
「いっ、いいです~切れてもっっ!!」と言ってしまったがゆえに
1cmくらい裂けましたが、その後縫ってもらってちゃんと治りました(笑)
もちろん会陰は良く伸びるように、事前にちゃんとマッサージ
頑張りましたからね~、そのおかげもあるんですけどねっっ(鼻息っ)


これ以外にも「マタニティ本や雑誌には書かれていない安産の方法」、
「本当の早産は薬では止められない」、「帝王切開を避けるために」、
「骨盤位(逆子)の治し方」、「出生前診断は必要か」などなど、
考えさせられるテーマが目白押しで、本当に読み応えのある本です。
さらに嬉しいのは、おっぱいの話が自らの子育てのご経験をもとに
綴られていて、これもいたちむらには非常に参考になりました。
確か、最初に桶谷式について知ったのは、この本でだったと思います。


あと、これは大野先生の本にあった話かどうか忘れてしまいましたが、
お産をする場所は、セックスをする場所と同じくらいプライベートな、
親しい者のみがいる、温かく安心出来る場所であるべきだ、という
話を見聞きしたことがあり、なるほど!と思ったことがあります。

今の多くのお産をする施設は、病院を始めとして本当に安心して
身を任せられるとは言えないような場所が多々あると聞いています。
先生は毎回違う先生、冷たい器具や機械ばかりに囲まれた分娩室、
考えただけで安心して産める自信なんて吹き飛びそうですよね。


ちなみにいたちむら自身は、結局分娩の最終期を分娩台の上で
迎えたのですが(汗)、もともとその産院ではどんなスタイルで
産んでも良いし、分娩台がいやなら個室のベッドの上でも良いし、
水中出産なども出来るというフリースタイル推奨の産院でした。
でも実際産む時になってみたらもうスタイルどころじゃなくて(笑)
私もいつかは畳の上で「分娩台よ、さようなら」とか言って産んでみたいっ
まあ、ハゼ出産の時の話はまたおいおいさせてもらいますね~


というわけで現在妊娠中の皆さん、ぜひこの本読んでみて下さい!
そしてnana、思い出に残るような良いお産をしてね~っ☆
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

ここにいたの。産まれたの。




「こどもは親を選んで産まれてくる」
「赤ちゃんはママのお腹にいた時のことを覚えている」
そんな話を皆さんどこかで聞いたことありませんか?


いたちむらもハゼさんがまだお腹にいたころに
胎内記憶についての話を耳にしたことがありました。
それによれば、赤ちゃんは最初に雲の上から皆を見ていて、
このパパとママがいい!って自分で選んでそのお腹へ入る。
そうしてやって来たママのお腹の中で過ごした日々のことは
まだ小さな体でもしっかりと記憶に残している。
そんな話だったと思います。


子供が話す胎内記憶のことを、子供が母親に喜んで
欲しくてする作り話だと考える人々もいるようですが、
この胎内記憶について研究している池川明さんによると、
子供達が実際に話す胎内記憶やお腹に来る前の記憶は
不思議に一致していて、子供達が各個人で好き勝手に
作り上げたとは到底考えられない共通性があるのだとか。


いたちむらもそんな話を聞いて面白いな~と思いながら
妊婦時代を過ごし、臨月近くになってたまたま産院の
助産師さんに借りて読んだのが、池上明さんのこの本でした。


おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと


どちらかというと絵本に近いくらいの文字量で、
ほんわかした雰囲気のやさしい本になっています。
胎内記憶を話す子供とそのお母さんのペアが何十組と
取り上げられていて、そのどれもが心温まるお話でした。
「お空の上から見ていた時、ママが寂しそうにしていたから、
だからママのところへ行くことに決めたんだ」
そんな記憶を語る子もいました。
いたちむらも思わず涙してしまいました。(ノд-。)


そんなわけで。


ハゼさんが産まれて以来、やっぱりママのお腹にいた時のことは
覚えているんだろうか?といたちむら的には興味津々でした。
いつ頃だったか正確には覚えていませんが、
ハゼさんがそれなりに言葉を覚えてきた頃のこと、
たぶん1歳半から2歳にかけてくらいだと思うんですけど、
我が家でも聞いてみたんです、ずばり。
「ママのお腹にいた時のことを覚えてる?」って。


最初のうちはまだやっぱり「?」って顔でニコニコと
笑うだけって感じだったんですけど、いつの頃からか
驚くような反応をハゼさんが見せるようになっていきました。
というのも、ですね。


「産まれる」ごっこ!!


どういう遊びかといいますと、まず仰向けに寝っ転がった
いたちむらのお腹の上にハゼがラッコ寝の体勢で乗るわけです。
しかしラッコ寝と違うのは、赤ちゃんの頭が母の足の側にくること。
ママの体の方向と赤ちゃんの体の方向は真逆です。
すなわちまさに産まれてくる時の頭の方向で腹に乗るわけです。
そうして私は両太ももでハゼさんの頭をガッと挟み込みます。
すると大喜びで「産まれる~っ、産まれる~っ」と笑いながら
ハゼさんが頭、胴体、脚の順に私の太ももの輪をくぐりぬけて、
無事布団へ降りたら分娩終了~っ、みたいなアホな遊びです。
ス、スンマセン…


しかしですね。いつの頃からかどちらからともなく私達は
こんな遊びをするようになりました。
もっと驚くのは、うまくするとこの太ももをくぐりぬける時、


旋回らしき動き をするということなんです!


ただズリッズリッと尺取り虫のように前へ進むのではなく、
ねじ回しのように回転しながら進んでくるから不思議です。
これはお産の前にマタニティクラスで聞いた話ではないですか!


そしてハゼさんが突然、
「ハゼちゃん、ママのお腹にいたの」
と私の腹の辺りを指差して言うことが出て来ました。
私が「そうなの?ここにいたの?」と聞くと、
「ここにいたの。産まれたの。」と答えるのでした。
やはりきっと産まれる前後のことを覚えているのでしょう。


さすがにまだ胎内記憶の詳細を語って聞かせられるほど
細かいボキャブラリーはないようですけど、私が妊娠中の時の
写真を見せると、お腹の部分を指して「これハゼちゃんなの!」
と、誰が教えたわけでもないのに言い出すから不思議です。


これに味をしめたダンナくん。


ハゼさんにいろいろと問いかけます。
「ママのお腹はあったかかった?」
―「うん、あったかかった」
(まあ、とりあえずそう答えるわな)
「色は赤いの?」
―「うん、あか」
(一応赤ってボキャブラリーは持ってるしな)
「ママのお腹は冷たかった?」
―「うん、ちめたかったー」
(…って、えっ?ただのオウム返しかっっ??)
しかし、本当に彼が聞きたかったのは他でもなく…



「じゃあ、ママのお腹は、くさかった?」



「うん、くさかった~!!\(^∀^)/」




って、おいっ!お前らぁぁ~~っっ!!!



皆さんもお子さんがおしゃべり出来る年齢になってきたら、
ぜひぜひ問いかけてみて下さい。「覚えてる?」って。
そして、今まさにお腹に赤ちゃんがいるお母さんも、
赤ちゃんが出て来た時にお腹の時の思い出を一緒に話せるように、
たっっくさんお腹に向かって話しかけてあげて下さいね☆
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

オニババ化する女たち(三砂ちづる)




今日はお産の話に関連して、最近いたちむらが夢中で読んだ
ある本について書いてみたいと思います。


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す(三砂ちづる)


この本は、ブログ仲間のカッコーさんのレビュー記事を読んで、
たちまち私も読んでみたくなり、手に取ったものです。


そもそもこの本自体は、出版当時けっこう話題になった
らしいんですよね。私もおそらくどこかの書店で目にして、
その時は「なんだろう?昔の妖怪の話かな」くらいにしか思わずに
通り過ぎてしまったんだと思いますが(^^;)、今回こうして
きちんとこの本と出会い直すことが出来て良かったと思っています。


何っっっていうか、久々に「うわぁ…もっと読みたいっっ」という
衝動にかられるような本に出会いました。本に欲情する?ような?
それはこの本が「もっと女力を上げようよ!」という本だからでしょう。
いや、もっと言えば、「アナタ、女であることを忘れちゃいませんか?
その女としての体を大切に人生を考えないと、怖いことになりますよ」
というメッセージが、この本には刻まれているからです。


女として産まれたからには。


やっぱり誰だって妊娠・出産をしてみたい。私もそうでした。
しかし、現代女性はとても複雑な社会的立場に置かれています。
仕事をバリバリ続けていたら、まともに子育てなんて出来ない。
だったら結婚しないという手もある。
結婚しても子供は持たないという選択肢もある。
親にも「結婚なんていいから仕事を頑張りなさい」と言われてきた。


今の女性はそうして人生の選択肢を自由に選べるようでいて、
実際にはその女性性をないがしろにしているというのです。
その結果として女性特有の婦人科系の病に冒されてしまったりする。
でも、そもそも現代女性はどうしてそうなってしまったのか、
昔の女性とはどう違っていたのか、そんな話が月経、出産などの
さまざまな女性特有の場面について描かれ、展開されています。


何でもですね。


今の80代以上の女性では、月経をナプキンなどで受け止める、
という習慣自体なかったのだそうです。
綿花をくるくるとまるめてちょいっと詰めておく。
でもタンポンではありませんよ。トイレで用を足すんです!
当時は着物の生活が普通でしたから、下着は腰巻きなわけです。
なのでナプキンに垂れ流しのようなスタイルでは無理があります。
いたちむらも月経血コントロールの話は聞いたことがありますが、
それにしてもそこまで徹底しているとは驚きでした。


三砂さんによれば、昔の女性が出来ていた月経血コントロールや
自然なお産が途絶えてしまったのは今の60~70代の女性以降で、
それ以前の80代の女性とは歴然とした違いがあるそうです。
まず、自然なお産の流れを変えたのは、病院出産の始まり。
それには不必要な医療介入、人工乳の推奨も含まれていました。


病院出産が始まった頃、そういった出産は当時の女性の
憧れの的で、とても華々しいものだったようです。
しかし現実には、その当時のお産を経験した私達の親世代で、
「お産はとても甘美な経験だ」なんていう人がいるでしょうか。
痛くて辛くて思い出したくもない。酷い目にあったけど仕方ない。
それが、私達が親から伝え聞く出産の一般的イメージです。


月経にしたってそうです。
衛生面の理由で、60~70代の女性以降この綿花くるくるをやめ、
T字帯をあてていわゆるナプキンのような手当をするようになり。
今に至っては、そのナプキンさえも紙で使い捨てです。
そんなふうにして垂れ流し、月経をただやり過ごしていいのか。
三砂さんはそう訴えかけます。


現在、妊娠出産期にある私達の世代には、お産や月経などの
体の知恵が全く受け継がれないまま来てしまったのです。
それどころか、親世代は「結婚したくないならしなくていい」
とまでのメッセージを私達子世代に与えていることもある。
そうやって「女として生きる」というオプションを持たないまま
行くとどうなるか。それが「オニババ化する」ということなのです。


とにかく、ゾクゾクしながら読みました。


いたちむら自身は一応妊娠・出産は経験済みなわけですが、
とはいえ、まだまだ女としての人生は終わったわけではなく。
そんな今、改めて「アンタ、ちゃんと女として生きてんのっっ?」
とこの本に問いかけられ、思わず背筋を正す思いでした。
特に「月経をやり過ごしていいのか」と問われたのは衝撃的でした。


いたちむらは、7年前くらいから布ナプキンを使っています。
紙と違って使い捨てではなく、繰り返し洗って使うわけでして、
その意味で自分なりに月経とはきちんと向き合ってきたつもりです。
それでも月経血コントロールと比れば明らかに「垂れ流し」なわけで、
毎月やり過ごしてきた、という感触はやはり否めません。
生理中は生理痛や倦怠感などもあり、ブルーデイには違いなく。
それをこの本は「女性は月経のたびに生まれ変われる」と言うのです。
そこまで積極的に生理を迎えたことって、なかったよなぁ…


それに月経前緊張症の話も、とても印象深いです。
これは三砂さんの解釈なのですが、月経前症候群は「卵子の悲しみ」
ではないかというのです。赤ちゃんになれなかった卵子の悲しみです。
卵子にも実はいろいろ個性があって、「私はもう絶対に赤ちゃんに
なりたいっっ!!」と思った卵子が結局精子と出会うこともなく、
「あ~れぇ~」とトイレに流されてしまう時の悲しみ。
この卵子の心が月経前の女性の体に伝わって、不調を感じる。
これには思わず笑ってしまいました。


もちろん、卵子に個性があるなんてことは証明されてません。
科学的解釈など、どうでもいいのです。
でも、そうして自分の体に思いを馳せて、毎月毎月の
自分の体から発せられる声にきちんと耳を傾けてあげる。
そんな生活が出来たら、体も心ももっと快適なのかなと思うのです。


もっと私の中の「女の子」を大切にしてあげたい。
仕事も大切だけど、女性として生きることを忘れてはいけない。
そして、自分が生きてきた女性性を、必ず自分の娘達にも
知恵としてきちんと伝承していってやりたい。
この本を読んで、改めてそういう思いを奮い立たせられました。


やっぱりね。


いつまでも、ダンナさんと仲良く暮らしたいじゃないですか。
かわいいおばあちゃんになっていたいじゃないですか。
そんで娘や孫達には同じ女としてずっと頼りにされていたい。
娘達にも「女として生まれて良かった」と思って生きてほしい。
それには自分自身が女性性を大切にしなきゃダメだな、と思うのです。


それにしてもこの本にはけっこう「へぇ~!」なネタが満載でした。
「路上に梅干しみたいなのが落っこってた」のエピソードとか、
神社と女性のアナロジーとか、桃太郎、舌切り雀の話とか。
「えぇ~?それって何、何?」な人はぜひ本を読んでみて下さいな♪


カッコーさんの素敵レビューもぜひぜひどぞ!!
 
・出産について考えた本 その3…のその1
・出産について考えた本 その3…のその2
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ いたち的お産のイロハ! お役立ち本
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。