ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

母乳育児お役立ちグッズ1 哺乳瓶の選び方

今回は母乳育児を成功させる哺乳瓶のお話で~す。
えっっ?母乳をあげるのに何で哺乳瓶が必要かって?
もちろん、数年にもわたる授乳期間の間、毎回毎回
何の問題もなく自分の乳首からおっぱいをあげられれば
そんなものま~ったく必要ないことでしょう。


でも、実際には乳首に傷があったり扁平・陥没だったりで
一時的に直接授乳が難しい時期のお母さんの場合、
搾乳して哺乳瓶から赤ちゃんに母乳を与えることになります。
あるいは、お母さんがお出かけの時、おうちの方に頼んで
冷凍母乳をあげてもらう場合なんかもそうですよね。
それからもちろん、最初のうちだけ母乳不足が心配で、
少しミルクを足そうかな…という場合も当然含まれます。


そこで、ですね。


「乳頭錯誤」って言葉、聞いたことありますか?
産まれてまもない頃の赤ちゃんに、哺乳瓶の乳首を与えると、
そちらの方に慣れてしまって本当の乳首を嫌がるというもの。
哺乳瓶の乳首は、概してやわらかくてくわえやすく出来ており、
中身が出る穴も何カ所かあって、量もそれなりに出て来ます。


これに対して、お母さんになりたての人の乳首は
まだまだ乳輪部分が固く、開通している乳管も少ないです。
なので、飲みやすい哺乳瓶にいったん慣れてしまうと、
もうお母さんの乳首はイヤイヤ~となって、くわえてもくれない。


これ、ホントの話です。


私のお友達でも、母乳がほとばしるように出ているのに、
哺乳瓶からでないと絶対に飲んでくれない赤ちゃんに疲れ、
結局1ヶ月で完ミに転向したという、もったいない話があります。
それから私の叔母の場合も、いとこが1ヶ月間保育器に入って
離ればなれだったために搾乳して哺乳瓶で飲ませることになり、
その後も搾った母乳とミルクの半々くらいの混合だったとか。
まあ、叔母は明るい人なので、哺乳瓶ならダンナさんでも
あげられるから便利よ~とからりと笑っていましたが…


しかしまあ、母乳育児って「あれやっちゃダメ、これもダメ」
と、ただでさえウルサイ戒律がやたらと多いですからね~、
哺乳瓶もダメなんて言われたら、産後のお母さんとしては
もーいいかげんにせんかいっっって気持ちなのは当然です。
そんなんですぐダメになるなんて、人間はそこまで弱い生物か?と。
ダーウィンの墓穴を掘り返して聞いてみたくなるのも分かります。


ようするにですね。


乳頭錯誤を起こしにくい哺乳瓶を使えばいいんですよ。
前回の記事、母乳不足から完全母乳への道 その2でも
入院中にほんの少しだけミルクをあげたとお話ししましたが、
その時は病院が使っているこちらの哺乳瓶を利用しました。





メデラのソフトカップという哺乳瓶です。
えええっっっ、これが哺乳瓶かっっ?と思いますよね。
ご覧の通り、いわゆる乳首の部分がないんです。
上の方の、リコーダーの先っちょみたいな部分が吸い口。


要は、スプーンをくわえさせる要領でこの先っちょを与え、
そこから中のミルクを流し込むという感じです。
もちろん、赤ちゃんはあむっあむっと吸い付いてきますので、
そのリズムに合うような量をぴゅぴゅっと出してあげるのです。
本体の筒部分はやわらかめのプラスチックで出来ていて、
ここをそっと指で押すと中身がちゅうっと出てくる構造です。
まあ、押せばどんどん出てくるスプーン、という発想なわけですね。


これでミルクを飲むハゼさんは正直ちょっとかわいかったです(´∇`*)
いわゆる普通の哺乳瓶で飲んでいる様子とはまた違うんですよね。
んかっんかっ、と飲んだ後、ぷはーっとするご様子。
産後2ヶ月でミルクを飲ませなくなってからは使ってませんが、
何とも言えず、なつかしい光景が今でも目に浮かびます。


これ、今では授乳服のモーハウスでも扱ってるんですね~。
青山のモーハウスにはよく遊びに行きました~。
スタッフさんにも母乳育児のこといろいろ教えてもらったなぁ…


さて、これ以外にもう一つ。





桶谷式とピジョンの共同開発、母乳相談室です。
これは母乳の道場(笑)、桶谷式でも唯一公認されてる哺乳瓶です。
いたちむらは、桶谷のプレママ講習会で一つ頂きました☆


えっっ、でもこっちは普通の哺乳瓶じゃ~ん、と思った方。
いえいえ、これはただの哺乳瓶とはちょっと違うのです( ̄~ ̄)
ポイントはやっぱり乳首にあります。
とりあえず、形を見比べてもらうと分かりやすいかもしれません。
まずは普通の一般的哺乳瓶の乳首。





こちらはドクターベッタの替え乳首ですね。
ベッタというと、変わった形をしたオシャレな外国製の哺乳瓶で、
空気を飲み込みにくいとかの機能があるものですが、
乳首そのものは哺乳瓶に一般的な乳首の形状と考えていいでしょう。


それに対して、こちらが桶谷式の母乳相談室の乳首です。
ちょっと画像が小さくて、比べにくくてごめんなさいっっ





どうですか、乳輪部分がベッタのよりもお椀状に広がって
大きめに膨らんでいるのが分かります?
これ、本物の乳首に限りなく近い形をしているんです。
しかも材質がとても固めのゴムで出来ているので、
あむっあむっと吸い付いても、とにかく固くて飲みにくいっっ


どれくらい固いかというと、そうですねぇ、よくオフィスにある
デスクに透明で厚地のビニールシートひいてあるじゃないですか。
下に書類挟んどくと、すぐにインクが裏移りしちゃうヤツ!
あれで出来た乳首に吸い付いてるのか??ってほど固いです(笑)


実際、私達も桶谷のプレママ講習会の時、これで麦茶を飲んだんです。
そしたらもう、飲みにくいのなんのって。
ただあむあむっとしただけじゃ出て来ません。ツボがあるようです。
そして穴もたったの一つしかないっっっ!!
本番はこれを赤ちゃんの口にぐわしっっっと押し込みます(T▽T)


これをくわえているハゼさんは、親の私達が思わず気の毒に
なって涙しそうになるほどかわいそうな姿でした…
おうっおうっっと言いながら、小さな口に無理やりくわえる哺乳瓶。
でも、そこは将来の幸せのための一時的な我慢ですっっ
実際、この固~いゴムの乳首の先っちょ部分は伸びが良く、
指でびよーんとひっぱると、ホントにびよーんと伸びるんです。
まさにその様子は本物の乳首さながらでした。


あ、ちなみに。


同じピジョンでも母乳実感という哺乳瓶がありますが、
こちらではありませんので、念のため。
プレママ講習会に来ていたピジョンの人も、こっちは全然違う
機能の商品なので、間違いなく「母乳相談室」を買って下さい、
と言っていたのでまあそういうことなのでしょう…
もちろん、桶谷の人の手前というのもあるかも、ですが(笑)


そうそう、ソフトカップと母乳相談室に共通して言えるのは、
どちらも量が少ないってことです。100ml前後程度。
もともと、一時的に仕方なく利用するものですから、
それ以上量がある必要はないわけですよね。
特にミルクはあまり量を飲ませたくないわけですから、
(ミルクでおなかいっぱいにしちゃうと母乳を飲まなくなる)
200mlとかそれ以上あってはならない(笑)わけなのです。


哺乳瓶は実際、消毒の関係で一つだけだと何かと不便なので、
二つを交互に使うというのが一番現実的でしょう。
ちなみに消毒はうちの場合、電子レンジ消毒にしてました。
ソフトカップの方もそれでいけちゃいます♪
これから哺乳瓶選び、という妊婦さんは、
ぜひそんな話も考慮に入れて、選んでみて下さいね~(´ω`)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ商品 - ジャンル:育児

母乳育児お役立ちグッズ2 授乳用ゴム

torachan.jpg


今日はいたちむらが母乳育児中にずっと愛用していた
授乳時の服をとめるゴムのお話です~。


家の中など、人目を気にする必要のない授乳時、
みなさんは服のどちら側からおっぱいを出してました?
私は普段Tシャツを着ていることが多かったので、
めくり上げたシャツの下から、というのが普通でした。
人によっては、上から(襟元から)ぐわしっと出す
っていう方もあるみたいですが…(〃艸〃*)大胆だわ…


で、下から出した場合にうっとおしいのが、
服がずるずると下がってきてしまうこと、
授乳中に服で赤ちゃんの口元が見えないこと。
特に厚手の服をたくし上げた時はよくあることですよね~。
そんな服のずり落ちを防いでくれるのがこのゴムなんです。


作り方は簡単です。


普通のヘアゴムの長いのを100円ショップとかで買って来て、
自分に合った長さに切って大きな輪にすれば出来上がり。
冒頭の写真のはトラのマスコットがついてますが、
これは単なる飾りなので、なくてももちろん機能しますよ!


私が最初にこの服留め用のゴムを知ったのは、
以前もお話した、桶谷で開かれたプレママ教室で、です。
なので桶谷ママさん達の間ではこのゴムは馴染み深いですよね。
私がお世話になったK先生のところにもいくつか置いてありました。


でも、マスコットをつけるというアイデアは、
いたちむらの産院、Aクリニックの助産師さんのアイデアです。
その助産師さんがサンプルで首にかけていたゴムにはゾウさんが
つけられていて、検診でやって来た赤ちゃんや上のお子さんと
遊ぶのにちょうどいいのよ~なんて話していました。


それがあまりにかわいかったので、当時妊娠後期だった私も
すでに用意しておいた授乳用ゴムに、フェルトで作った
このトラちゃんを後から縫いつけたのでした(ノ゚ー゚)ノ
けっこう、かわいいでしょ?
もちろん今はもうぼろぼろで、相当年季入ってますけどね。





ちなみに、トラちゃんの型紙は確かこちらの
アランジアロンゾシリーズの「かわいいもちもの」を
図書館で借りてきてコピーして使ったんだったと思います。
トラ以外にもうさぎやパンダとかかわいいフェルト人形の
作図例が載っていましたよ~。


あ、そうそう、肝心の使い方ですね。


モデルとしておなじみのベアさんの体をお借りしまして、
トラちゃん授乳用ゴムの使い方を説明いたします~。


toragomu1.jpg


まず、こんなふうに首にかけます。
ネックレスみたいな感じですね。


toragomu2.jpg


服の内側にゴムの片端を入れて、下から出します。


toragomu3.jpg


出してきたゴムの片端をもう一度首にかければ完成!
作り方も使い方も本当にシンプルですよね。


いたちむらは、家ではノーブラで過ごしたい人なので、
(締め付けられるのがいやなのです、別に自信があるわけでは…)
授乳用ブラみたいなのをほとんど使ってなかったんですね。
なので、このゴムがないと服は当然落ちやすくなるため、
(ブラがあると布同士の摩擦で少しは下がりにくいんですが)
このゴムはほとんど手放さずに毎回使っていました。


あと、授乳中にもう片側の乳から射乳反射で母乳が漏れてくるので、
やっぱりブラつけてないと母乳パッドもつけられないしで、
最初けっこうどーすべきかな~と悩ましかったんですよ。
でもこのゴムで服を留めて、使ってない方の乳とシャツの間に
タオルをガッとはさんでおけば、漏れ出てきた母乳はタオルに
吸収されるので、母乳パッドいらずでラクチンでした。


そんなわけで家での授乳時は、
授乳クッションとタオルとトラちゃん
この3点セットがいたち的三種の神器でありました。


ハゼさんが大きくなってくるにつれ、
授乳の時にこのトラちゃんが現れると喜ぶようになりました。
1歳後半では「おっぱいあげるよ~」と言うと、この3点セットを
うんせ、うんせと自ら運んで来てくれたハゼさんでした。
まあ、その頃にはもう既に授乳クッションもタオルも
使わずに授乳出来るようになってはいましたが…


そして、今でもそうですが、このトラちゃんをハゼ子に見せると、
「とらちゃん~」とかわいい声をあげながら
自分の顔に嬉しそうに押しつけるのです。
きっとなつかしいにおいでもするのかもしれません。


単なるゴムだけでなく、トラちゃんも付けておいてあげて
良かったな~と今では思います。
このトラちゃんを見ると、あの頃のおっぱいの味、
ママに抱っこされていた感触を思い出す…
そんな思い出が残ってくれたら、嬉しいですよね(*´∇`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:桶谷式母乳育児 - ジャンル:育児

母乳育児お役立ちグッズ3 乳首のケアにカレンデュラ




先日、お隣のお子さん(小1)が以前からはまっている
ウルトラマンを見せてもらったハゼさんですが、
どーいうわけか、これを「うんとろまん」と覚えたようです。
うんとろまんはお前だろっっ!!と心の中で思わずつっこむ
今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか。


さて、今日は久しぶりに母乳育児のお話に戻りまして。
先日完全母乳への道シリーズをお話ししていた時に
何人かの方から「最初の乳首の痛みは辛いよね」という
コメントを頂きまして、そうそうっっホントにっっ"p(>▽<)q
と激しく共感するいたちむらがおりました。


初めての授乳で体験する乳首の痛み。


それまでほとんど何の接触や刺激もなくのほほんと
過ごしてきた乳首が、ある日を境に一日総計何時間も、
人によってはくわえられっぱなしの状態になるわけです。
産まれたばかりとはいえ、赤ちゃんの吸引力はなかなかのもの。
当然、摩擦や刺激も肌表面に直接加わってきますよね。
だんだんヒリヒリしてきたり、傷が出来たりするのは必然。


でも、これが痛いんですよね~(ノω・、) ・゚・


ヒリヒリはもちろん、傷なんか出来た日にゃあ、
もう毎回の授乳が怖くなるほどの痛みじゃないですか。
傷が治るまで授乳をお休みさせてもらいたい…とついつい
泣きが入ったりしますが、それが許されないのが母業というもの。


しかしここで本当に授乳ストを起こして、おっぱいをあげるのを
お休みしちゃうと、古い母乳がたまって乳腺炎のもとになるし、
初期の頃にこれをしちゃうと分泌が悪くなるしで、悪循環。。。
ヒリヒリを抑えつつも何とかラクに授乳が続けられないものか…


そんな時にオススメなのがこれ。


ホメオパシーのカレンデュラクリームです。
カレンデュラのホメオパシー軟膏はマリエン薬局をはじめ
いろんなところで出ていますが、いたちむらが使ったのは
ホメオパシージャパンのスパジリック ビー Cでした。


いたちむらの場合、母乳をあげ始めてから数日もしない、
入院中から乳首がヒリヒリと痛み始めて気になっていました。
これがけっこう気になるんですよね~。
ヒリヒリだけでもこんなに気になるのに、
本格的に切れたらどうなるんだっっ??っていうのもあって。


妊娠中はね、正直まさか授乳開始後にそんなヒリヒリ問題が
深刻化するとはほとんど考えてもいなかったんです。
まあ、乳首が切れたりする場合もあるから、その時は
ランシノーとかのラノリン(羊毛からとれる天然オイル)を
使えばいいかぁ、という感じで、メデラのピュアレーン
家に買い置きしてはあったんです。一応。


そんな時、Aクリニックでいつもお世話になっていた
助産師さんが「これ使ってみるといいよ」と分けてくれたのが
このホメジャのカレンデュラのビーワックスでした。


ビーワックスは蜂が生成するミツロウで作った自然のものなので、
赤ちゃんの体内に入っても問題ありません。
授乳が終わったら乳輪のヒリヒリ部分にうすーく伸ばします。
(乳首のところには塗らない方がいいと思います)
次の授乳の前に拭き取る必要もありません。
これを毎回の授乳のたびに繰り返しました。


数週間もしないうちに、あの毎回のヒリヒリ感が取れ、
乳輪部分も乳首もだいぶ授乳時の摩擦に慣れたようでした。
それ以後、約2年間の授乳期間の中で、乳首に傷が出来たのは
去年の引っ越しで体調を崩した時のたった一度だけでした。
(その時にプロテクターフィルムで治した話はこちらです~)
カレンデュラが傷や摩擦にとても強い肌に変えてくれたんですね。


で、実はですね。


出産直後にさんざんこのカレンデュラのビーワックスに
お世話になった時には全然知らなかったのですが、
ホメオパシー的には乳首の傷やヒリヒリにこのカレンデュラ、
というのはどうやら定番だったようなのです。





カレンデュラは本来、傷口のNo.1レメディです。
こちらの寅子先生著「ホメオパシー的妊娠と出産」にも
ばっちり解説が書かれてるんですが、妊娠・出産にともなって
負うことの多い、陰部などの湿った場所や、傷つきやすい粘膜
なんかののすり傷・切り傷の治癒にとても効果があるんです。


授乳時の乳首の傷やヒリヒリする炎症はもちろんのこと、
肛門や会陰の傷、口の中、その他粘膜など全てに使えます。
あ、乳首と会陰両方に使う方は、当然ですが塗る指を変えて下さいね(^^)
帝王切開したお母さんは、傷口にワックスを使うのはもちろんですが、
カレンデュラのレメディをあわせて飲んでおくのもいいですね。


そういえば去年ハゼさんもアスファルトで転んでおでこぱっくり
なんてこともありましたが、あれにもカレンデュラが大活躍でした。
今はおかげさまでよ~く見ないとほとんど分かりません。


出産と同時に一つ持っておくと大活躍なカレンデュラ。
心身両面から傷を癒してくれるやさしいレメディです(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:桶谷式母乳育児 - ジャンル:育児

母乳育児お役立ちグッズ4 桶谷式 母乳で育てる本




母乳話も今日でとりあえず一区切りで~す。


桶谷式母乳育児といえば、これを語らずして終わることが
出来ないのが、「桶谷式 母乳で育てる本」ですよね。
いたちむらが初めてこの本を見たのは、妊娠中のこと。
そして出産直前にこの本を手に入れたものの、
一番真剣に読んだのはハゼさんが産まれてからでした。


しかし、これがですね。


普通の本だったら、一回読んでそれっきり、じゃないですか。
でも私の場合、この桶谷本はだいたいおよそ半年以上、
すなわちハゼさんの離乳食作りに慣れてくるくらいまで、
何度手にとって読み返したか分からないほどのお役立ち本でした。


いわゆるバイブル本って言うんでしょうか。
ホメオパシーのマテリアメディカなんかが載ってる本も、
常に手元に置いてセルフケアの時に逐一参照しますよね。
最初の半年間、私にとってはこれがまさに母乳のバイブル本でした。


母乳のバイブルといえば、ラ・レーチェ・リーグの本なんかも
有名ですよね。いたちむらも妊娠中に読みました。
でも、ラ・レーチェはママ友さんともよく話したのですが、
理念中心というか、母乳が素晴らしい、ってことは語られるけど、
実際のお手当や対処など、実用面には詳しくないんですよね~。


こちらの桶谷本はもちろん、実用中心です(´∀`*)
母乳の出る仕組みはもちろん、産院の選び方、
授乳時の抱っこの仕方、母乳不足や乳腺トラブルなどの対処法、
お母さんの食事について、そして感動の断乳方法などなど…


一つ一つが、初めて知るエピソードばかりでした。
たとえば、ミルクは消化が悪いとは聞いていたけれど、
母乳が消化される仕組みなんかがとても詳しく書かれていて、
へぇ~なるほど、と思い、想像がふくらみました。


それから、これは知っている人も多いと思いますが、
一回にあげる母乳も、最初と最後では味が違うという話。
最初はサラサラあっさりとしていた母乳が、
赤ちゃんが飲み終わる頃になるとこってりクリーミーに。
一度の授乳で赤ちゃんはまるでフルコースを味わうかのごとく
味と栄養が刻々と変化するのが母乳の不思議なのだとか。


でも、一番何度も読み返したのが。


「月齢別赤ちゃんの成長」の章でした。
0歳児期は1~2ヶ月、2~3ヶ月、3~6ヶ月…というように
小刻みに成長の様子と母乳育児のポイントが書かれていたので、
まだ生後数ヶ月という小さな小さなハゼ子を抱えていた頃は、
本当にしょっちゅうその部分を読み返しては、


「ああ、今はそんな時期なのだなぁ…こんなに泣くのは
うちの子だけじゃない。みんなお母さんは大変なんだ」



と思って自分を勇気づけたり、


「もうあと半月もすると、ハゼ子はこんなふうになるのかなぁ…
ほんとにそうやって成長してしまうなんて、不思議だなぁ」



などと命の成長の不思議を感じたりしていたものです。
あまり外に出る体力と気力がなかった当時のいたちむらにとって、
本当にこの本には勇気づけられることが多かったです。


そして、離乳食。


この本には、母乳で育ってきた赤ちゃんのための
おおまかな離乳食進行表がついているのですが、
これが私にとっては非常に使いやすかったです。


というのも、ですね。


市販の離乳食本って、あまりにも動物性食品や
お砂糖の導入が早すぎるように思うんですよ。
ヨーグルトが離乳初期から、とか、卵や肉なんかも
0歳児のうちからあげちゃったりとかになってるし、
いたちむら的にはちょっと怖いです。


特にお砂糖は、いたち家ではハゼさん1歳8ヶ月で
保育園に行くことになるまで、一切与えませんでした。
(保育園では普通のおやつが出るので、以来解禁しましたが)
これはお砂糖のようなガツンと甘い味覚に慣れると、
お母さんのおっぱいをおいしく飲めなくなるから、なのですが、
おやつはもちろん、料理にも全く使いませんでした。


それと、ミルク会社協賛の離乳食講座だったりすると最悪ですね。
究極には、何でもかんでもすぐ市販のミルクを混ぜて
溶き入れる、「~のミルク煮」なレシピばっかだったり。
私も一度試食しましたが、ビミョ~…でした。


で、桶谷の離乳食進行表は、ですね。


そこんとこ、とってもリーズナブルな進行になってます。
とても自然で、体に優しい素材を中心にしたレシピ。
母乳をあげる母親が一緒に食べても健康的なものばかりです。
いたちむらはこの離乳食表やレシピと一緒に、
梅崎和子さんの「アトピーっ子も安心の離乳食」という
とりわけレシピの本を活用して家族全員のご飯を作ってました。
こんなずぼら母の私ですが、おかげで市販のベビーフードを一度も
使ったことないんですよ。とりわけ離乳食、ワザあり!です(´ω`*)


さて。


母乳育児の話も一段落しましたので、
これからはまた新しいシリーズに突入したいと思いま~す♪
テーマは、産後の女性の多くが悩む「尿もれと骨盤」のお話…
デリケート過ぎてなかなか口に出来ないこの産後のお悩みを、
フン話でひと皮むけたいたちむら(笑)がお届けしますっっ
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:桶谷式母乳育児 - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 実践!桶谷式母乳育児 お役立ちグッズ
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。