ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

イルミネーションとハゼ

docomo-tower.jpg

みなさんこの連休はいかがお過ごしでしたか?
いたち家はここんとこの日頃の疲れがたまっていたので、
特に旅行とか遠出はすることなく、近場にちょこちょこと
ハゼさん連れで遊びに行ったりする程度で過ごしました。
今日はそんな連休の一コマをちょこっと書かせて下さいね。


冬になるといろいろなイルミネーションがあちこちで
美しく点灯して、あぁ~冬だなぁ~なんて思ったりしませんか?
いたちむらは寒いのは心底苦手ですが、イルミネーションには
やはりちょっと心惹かれるものがあります。

いたち家が休日に買い物などで出掛けるところというと
だいたい新宿や吉祥寺辺りだったりするんですが、
最近新宿の南口のサザンテラスでは恒例のイルミネーションが
まさにもう端から端まで点灯しているんです。


上の写真はその一角で、南東に見える通称ドコモタワー方面を
撮ったものですが、こんな感じのライトが灯った木々や何かが
もうほんっっっとうにずらーーーーーっと。
月並みな言い方で申し訳ありませんが、ほんと、綺麗です。

お花見の季節に、一面ピンクの花びらで囲まれると心身ともに
華やぐもんですけど、イルミネーションの威力もなかなかです。
そこらじゅうに本物の星や宝石がちりばめられたかのような
景色に、いたちむらもアドレナリン大放出でございました。


そんな中、うちの赤ちゃんですが。


もちろん、初めて見るイルミネーションに大興奮であります。
まずは高島屋側から橋を渡ってサザンテラスにやってくる時に
見えてくる、連なる光の木々に「ほぉ~~~~っ」と目を丸くし。
電飾された並木道を歩きながら「はぁ~~~っっ」と見上げ。
その驚き方、どこのオバサンですか?


興に乗ってきたハゼさん、ダンナくんに抱っこされて
光満載のサザンテラスを回遊しながら、「きらきら光る~」と
保育園で覚えた「キラキラ星」などの歌を大声で歌い続けます。
これが赤ちゃんでなかったら、どう見ても上機嫌の酔っぱらいです。


しかも、大きなコニファーの木に電飾されたライトを間近に
見せてあげようと木に近づくと、両手をぱぁぁ~っと広げて
目をまん丸にし、「おぉぉぉぉうぅ」と外人のように驚くハゼさん。
その岡本太郎ばりのジェスチャー、いったいどこで覚えたの?


と、まあ、そんなハゼさんでしたが。
さすがにこういう経験、赤ちゃんにはなかなか新鮮だったようです。
そりゃそうですよね。四方八方キラキラに包まれるなんて、
普通じゃなかなかないことですからね。


しっかし、都会っ子だよなぁ~と思います。


私たち親世代が子供だった頃は、こんなイルミネーションを
体験する機会も場所も全くありませんでしたからねぇ。
小さな体で見上げる一面のキラキラはいったいその目に
どんなふうに映り、どれだけのインパクトを与えるのだろうかと
想像の範囲でしかありませんが、思う母なのであります。

そういえばハゼさん、イルミネーションを指して
時々「花火~♪」と言っていたんですよね。
今年の夏に初めて見た花火を思い出していたようです。
どうもキラキラしたものがお好きなようで。
将来、「光り物」が好きな女になりそうな予感が…。


サザンテラスのイルミネーションは東京駅のミレナリオとかに
比べたら全然規模も小さいですが、その分混まないですし、
子供連れにとっても気軽に楽しめました。
だいたい、作り込みすぎてない感じが良いです。
見せ物見せ物した感じではなくて、あくまで風景の一部として、
周りの建物やお店などととけ合っている感じが美しい。

基本は木々の電飾がほとんどですが、JRの本社ビル前には
あのSuicaのペンギンのライティングがありましたし、
FrancFrancの奥の方には、ボタンを押すと未来が分かる
特設の光のパーゴラのようなものが置かれていたりで、
そこにはけっこう行列が出来て賑わっていました。
いやいや、実は我が家もその行列にまんまと並んだ
ミーハーなヤツらの一部だったんですがね(笑)

休日にお子さん連れで遊びに来ることがあったら
ぜひ立ち寄ってみることをオススメします!
なんたってタダですからね!


ところで帰りの電車に乗ろうとした時のハゼさん。
サザンテラス口からJRのホームに降りていくと、
電車が停車するところまで少し歩かなくちゃいけないんですが、
ちょうど電車がホームに入って来たところだったんで、
ダンナくんがハゼを抱えて一家で猛ダッシュして何とか
お目当ての電車に間に合ったんですが、そこでハゼが一言。


「やばかったね~」


…どこで覚えた?そんなセリフ…。


時々コイツ、何でも分かってるんじゃないかと思ってしまう
我が家のハゼ子、若干2歳3ヶ月であります…。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

子供の転落事故に備えて

先日のホチキス女!では多くの方にコメント・メールで
お見舞い頂き、本当にありがとうございました!!
おかげさまでハゼさんの傷は負傷後4日目にはホチキスも取れ、
かさぶたもいい感じで乾いてきております。


しっかし、ほんと子供って思わぬところでケガをするもんですね。
中でも頭部打撲はお子さんの命に関わる場合もあるため、
パパ・ママの心配度No.1なケガの一つなのではないでしょうか。
かくいうハゼさんも、しょっちゅういろんなところに
頭をぶつけ、転び、時には自宅の階段から落ちたりで、
親をハラハラさせることしきりです。
ぶつけ方が派手でちょい心配な場合は迷わずホメオパシーの
アーニカを与えているせいか、今のところ大事に至ることはなく…


でもまあ、まだハゼさんの場合は年齢が低いこともあって、
本当に「えええ~~っ!!」ていう事故にはあったことがない、
というのが実際のところだと思うんです。
本格的にやりそうなのは、まだまだこれから、ですよね。


実は先日、まだまだ子供のケガにウブな(?)いたちむらが
とってもショックを受けた出来事がありました。
いたち家のご近所さんで仲良くしてもらってるご一家の
4歳の男の子、Kちゃんが遊んでいて塀から転落したのです。
今日はその時のお話を書かせてもらおうかと思います。


ことが起こったのは、日没直後でした。


いつものようにハゼさんを保育園にお迎えに行った後のこと。
日課の夕方のご近所散歩をしていたら、Kちゃんママに
たまたま会って、私達は何となくおしゃべりを始めました。
傍らではKちゃんとその弟さん(ハゼさんと同年齢)が遊び、
ハゼが私の足に絡みつきながら私達の話を聞いていました。
あとついでに、やはりご近所さんで仲良くしている、
いつぞやこのブログでもお話ししたハリケーンっ子の妹の方、
カトリーヌ(とでも呼んどこう)が元気に遊んでおりました。


まあ、めちゃくちゃ普通のご近所風景であります。
私もKちゃんママも、子供達が遊ぶ様子を見守りながら、
なんてことのない世間話をしていた時のことでした。

見るとKちゃんはよその家の1階の窓枠によじ登り、
ママに「あっ、だめよ~そんなところ登って~」などと
注意されていましたが、もちろんわんぱく盛りの男の子、
そんなことを素直に聞いてくれるはずもなく…
いたちむらも、4歳の男の子くらいになると、
これくらいの遊びもするようになるのか~くらいで
取り立てて心配することもなくぼんやりしていたのです。


しかし、ことは起こりました。


いきなり「ぎゃーーーーーーっ!!!」という叫び声が
聞こえたかと思うと、そこには仰向けの状態で
アスファルトに倒れ落ちているKちゃんの姿が…

息をつかずしてお母さんの悲鳴が上がりました。
一緒にその姿を見た私は、Kちゃんの親ではなくても、
まるで自分の子供のことのように、一気に血の気が引きました。


窓からつたってすぐのところにある塀に登ろうとして、
そこから転落したのです。明らかに頭を打っている状態です。
あんなところから落ちて頭を打つなんて…
もしも落ちたのが体からではなく頭からだとしたら、
どれだけの衝撃を受けるのだろう…
とはいえ、頭が真っ白状態というのはまさにこういうことか、
と思うほど、いたちむらはショックで動きもぎこちなく…


そんな中、大泣きしているKちゃんを抱っこして家に入り、
「どうしたらいいかな?」なんて頼りない私に聞きつつも、
Kちゃんのママは非常に迅速に対応していました。
明るいところでKちゃんがどこを打ったのか調べながら、
区の救急相談センターに電話をされていました。

ハリケーンっ子のカトリーヌも、「Kちゃんどこ打った?」
と一生懸命話しかけたり、不安になって一緒に泣き出して
しまった弟ちゃんを抱っこしてあげたりと大奮闘。
そんな中、私はほとんど何もしてあげられませんでした。


私が悠長にお母さんとおしゃべりしていたせいで、
Kちゃんがケガをするきっかけを作ったのは確かです。
これが取り返しのつかない重傷になったらどうしよう…。
ああ、私がおしゃべりなんてしていなければ…。

Kちゃんのお母さんにしてあげられることと言ったら、
そばにいて、様子を見守ってあげることくらい。
自分の子供ならまずはアーニカ、となるところだけど、
ホメオパシーを知らない人だったらそんなあやしいもの
かえって嫌がるかも知れないし…と思うと、それもね。
良かれと思ってやったことでも、ただでさえ不安でいる人に
さらに余計な負担をかけるようでは、しない方がマシです。


そうこうしてるうちに受け入れ先が判明し、
交通事情やその他の状況から、今回は救急車を要請して下さい、
との指示が救急センターから出たようで、その後Kちゃんと
お母さんは救急車に乗って病院に搬送されていきました。
Kちゃんちの弟さんは、後からやってきたカトリーヌ家のママが
預かってまとめて面倒みてあげるということになり、
私とハゼさんもとりあえず家に戻ったのでありました。


しかし、家に戻ったところで、いたちむらのショックは
全く消えそうにはありませんでした。


落ち着かない…。


不安で不安で仕方なく、いったん忘れようとしてもだめ。
手足が冷たくなって、いてもたってもいられない状態でした。
ハゼさんのごはんのこともあるので、夕飯の準備をして
食べようともしましたが、本当に全く食べ物が喉を通りません。

仕方がないので、パニック時に、と処方してもらっている
ホメオパシー薬、アコナイトの1Mを数回にわたって摂りました。
ていうか、お前がそんなでどうする、って感じですけどね(笑)

しばらくすると何だか気分が変わってきて、
先程おしゃべりしていた時にKちゃんのママが
「今日まだ御夕飯用意してないのよね~」なんて言ってたのを
思い出しまして、僭越ながら何か夕飯のおかずでも、と思って
いそいそと用意することでだいぶ気持ちが紛れていきました。
どうかKちゃんに何事もありませんように…と祈りを込めながら…


さて、そろそろどうかな?と思っていた頃、
なぜかハゼが突然「Kちゃんち行く!」と言い出しまして。
よしそれじゃあ、と差し入れを持って行ってみますと、
ちょうどKちゃんママがおうちの玄関先にいらっしゃいました。


病院での結果は、問題ないとのことでした。
よ、よ、よ、よかっっっっ………たぁぁぁ~~~!!!
ぶつけたのは右脇のおでこのあたりで、たんこぶが出来、
お医者さんもこの様子ならおそらく心配いらないでしょう、
とのこと、数日自宅で様子を見るということになったそうで。

最初に大泣きしていたKちゃんでしたが、
救急車に乗るとはっと泣きやみ、そこからは
「きゅうきゅうしゃにのった~」と上機嫌だったそうで。
その翌日にKちゃん一家が、いたちの粗末な差し入れに
わざわざお礼を持って来て下さいましたが、
いつも通り元気で心配要らなそうだとのこと。
その後もずいぶん経ちましたが、Kちゃんは変わらず元気。
ああ、ほんっっっとうに、良かったぁぁあ~(涙)


とまあ、そんなわけでして。


いやぁ~、本当に子供って、いろいろありますね。(水野晴郎か?)
自分の子でなくてあれだけショックを受けるんですから、
これが自分の子だったら、いったいどうなることやら。

とはいえ、こうして親は危機管理を学び、子供は危機回避を学ぶ。
私自身も先日のホチキス事件では、Kちゃんのこの出来事があって、
お母さんの対応を目の当たりにさせてもらったからこそ、
パニクらずに落ち着いて順序良く対応出来たのかもしれません。


でも、あんなところから落ちて頭を打っても、
結果論とはいえ、何事もないなんて…人体は偉大ですね。

もちろん、どんな場合でも大丈夫とは限りませんが、
ホチキス女!でも書いた通り、多くの場合、頭を打った直後に
大泣きするかどうか、というのは重要な鍵となるようです。

その後カトリーヌのお母さんも、たまたま立ち話した時に
「まあ、大泣きしてたからね、あれは心配いらないと思ったよ」
とおっしゃってましたからね…。ああ、まぶしい…。
さすがに子供も小学生ともなると違うのね…。
食事も喉を通らない小者いたちとは大違い。
その強さ、分けて。


いつも以上の長文読んで下さってありがとうございました!
これからもいたちむらの母修行は続きまっす!
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児

ハゼさんの断乳物語 その3

「もうママの飲めないね」
そんな淋しさを小さな胸に秘め、私には言わず、
ダンナくんにだけそっと話していたというハゼさん。
(前回のお話、ハゼさんの断乳物語その2はこちら


しかしそれ以来、ママやだ!パパがいい!!でお話した通り、
ハゼさんの自己選択的ダンナくん依存が始まったのでした。

ティッシュ1枚さえ、母には取らせてくれないハゼさん。
パパとママ両方がそろっている時は、どんなささいなことも
「パパがやる!」と言い張りまして、言う通りにしなければ
そこには地獄絵図が待っているのでございます。
そんな中、究極のダンナくん依存の契機となったのが、これ。


「パパの父乳、飲む!!」


母乳ならぬ、父乳(ふにゅう)、です…。
今一瞬ひいた方、いやいや、全く自然なご反応です。
しかしご心配なく。本当に父乳を飲んでるわけではありません。
飲むマネをして、パパの胸の辺りにチュチュッとキスするだけです。

もともとの「父乳」の話の出所は、ハゼさんがまだ産まれて
間もない頃、私が慣れない母乳育児に奮闘しているのを見て、
うらやましい気持ち半分、手助けしてやりたい気持ち半分で
ダンナくんが冗談まじりに「父乳が出たらいいのにな」と
言ったのが最初だったと思います。

その後も、家族ぐるみで仲良くしているSちゃん一家のパパが
「父乳って腐乳みたいであれだけど、でも出たらいいよね~」
なんてうけあってくれたことがきっかけで、時々笑い話として
出たりすることがある、そんな程度のキーワードでした。


それが、断乳後に淋しそうにしているハゼさんを見て、
ダンナくんが「じゃあパパの父乳でも飲むか?」と言って以来、
本気で父乳が習慣となり始めたのでありました。
ことあるごとに「パパの父乳飲む!」との出動要請が入り、
言い出したダンナくんは素直にTシャツをまくってどうぞ、と。
すいません、変な家族で(笑)


何度も繰り返すようですけど、本当に出てるわけではないので、
ハゼさんへの母乳の供給はもう実質的に止まっているわけです。
しかしこの一見何の意味のないと思われる父乳の存在は、
明らかに母乳を飲めなくなったことに対する代償行為であり、
ハゼさんはまだ完全におっぱいから別離出来てはいないことを
意味しており、断乳は完全に済んだとは言えないわけなのです。

桶谷の先生にも相談したら、やはりそういうことだろうと
先生もうなずいていました。少し時間を要するだろうと。
「父乳もいつか断乳が必要なんでしょうかね?」といたちむらが
アホな質問をしたら「別にいいわよ!」と笑っておられましたけど。


こうして父乳の日々は続いていきました。


そして「ママやだ!!」も一段とその強度を増していくばかり。
数週間で何となく良くなっていったり、忘れていったりする
のではないかと思っていましたが、1ヶ月、2ヶ月と過ぎる間も
保育園では朝から大泣き一日荒れ模様、突発性発疹にはなるわで
本当に荒れまくりの毎日が変わらず続いておりました。

母乳を飲まなくなった分、ご飯を食べるようになると
思っていたのに、むしろ家では食欲がだいぶ落ちている。
そして、母乳をやめるとよく寝るようになる、と聞いて
これにはかなり期待していたのに、むしろ、寝ない。
あまりに寝なくて保育園の先生に注意されたくらいですから。


抱っこ法やいろいろも、試しました。
しかし、今度ばかりはちょっとやそっとで解決するような
容易に乗り越えられるハードルではなかったのかもしれません。
ママやだ!!と拒否され続けてさすがにしおれるいたちむらと、
家にいる間は常にまとわりつかれて、全てのお世話をハゼさんに
委任されて召使いのように酷使され、疲れ果てているダンナくん。


まあ、これでね。
ダンナくんの言うことは何でも素直に聞く、
って状態ならまだ状況は楽なんだと思うんですよ。
しかしハゼさん、ダンナくんには私に対しての態度と違って
相当わがまま通します。何を言ってもパパなら受け入れてくれる、
そんな安心感を肌で感じているのでしょうね。

だから、全てのお世話を「パパがやる!」と指定した上に、
やってもらってるそばから「この服がいい!」とか言い張ったり、
「やっぱりこれ着ない!!」と全てが済んでから言い出したり…
さすがにこの手のわがままにはダンナくんも閉口するようで、
私が階下で家事をしていると、上でものすごいバトルが聞こえたり…


こないだなんて、ひどくわがままなハゼに怒ったダンナくんが、
「お前、パパの言うこときかないと近所の池に入れちゃうぞ!」
と叱っているのが聞こえたんです。魚なんで、放流しちゃうぞと。
もちろん、冗談です。…ついてけない雰囲気醸し出しててすいません。

そこへ私が「ハゼなら海でしょ?なんで淡水なの?」と聞いたら、
「だって、池ならたまに会いに行けるだろ、海だと遠く行っちゃう」
ダンナくん…。やっぱりハゼが大切なんですね。
「でもハゼは淡水魚じゃないけど、どーするの?」とまた聞くと、
「じゃあ、池に塩ふっとこう」とダンナくん。
……ダンナくん………。


とはいえ、ダンナくんも仕事で疲れて帰ってきて、
そこへハゼさんの様々なお相手、お世話が真夜中の12時まで、
翌朝7時起きればもれなくぎゃおーすとついてくるハゼさん。
自分の時間など全くありません。
この過酷な状態でずっとやっていけるなど言えるわけがありません。


これからどうなっていくんだろう…。


寝ない+泣き虫+抱っこ虫のハゼさんに、さすがに慣れたと
思っていた私達。もう怖いものなんてないと思っていた私達。
でも、今度ばかりはさすがに答えが見えませんでした。


そんな時、ダンナくんの仕事がとても忙しく、
いつも以上に帰りが遅くなる日が訪れました。
誰も予測していなかった転機。それは意外なところにあり…
続きはまた次回ですっっ!!
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:母乳育児 - ジャンル:育児

続・ママやだ!パパがいい!!

以前に「ママやだ!パパがいい!!」でお話しました通り
パパ大好きっ子のハゼさんですが、あれから一ヶ月以上経った
今現在も、依然としてパパ依存度の強い状態が続いております。

最初は夫婦ともにとまどいましたが、最近は少し慣れ、
ハゼさんが「パパにやってもらう!」と主張した場合には全て
パパに担当してもらい、その代わりに私はサポートに入ったり、
その時必要な家事雑用をやる側にまわったりで何とか収束。

とはいえ、この方式でいくと結局ハゼさんの身の回りのお世話は
全てダンナくんがやらなきゃいけなくなるんですけどね…
家にパパがいる間は常にパパのそばにうざうざと張り付いていて、
ダンナくんが一人お風呂に入ったり、朝の身支度をする間でさえ、
静電気が起きたスカートのようにまとわりついております。


こういう時「ママといようね~」なーんて言いながら無理に
ひっぺがそうとすると、もうどうしょうもなくなります。
昔「伊東に行くならハ・ト・ヤ♪」の宣伝だったですかね、
何か少年がピチピチの鯛かなんかを抱えてるCMありましたけど、
今いたちむらがハゼさんを無理に抱っこしようなんてすると、
まさにもう伊東に行くならハトヤ状態にビチビチされます…
まあ、ハゼさんですからね、魚だけにね…


いたちむらも最初はけっこうへこみました。
だってもうはっきりと「ママ好きじゃない!ママやだ!」と
言ってきますからね。周りの人達は「そんなの本気じゃないって」
と慰めてはくれますが、当の本人のきっぱり感を目にするとね~


パパがいると気持ちいいくらい100%パパになびきます。
ほんっっと何もやらせてくれない…
ある時など「ティッシュとって」と言うから私が代わりに取ったら、
「パパがとる~~っ」と何故そこまで?って程ギャン泣きしまして、
その場が無事に収まるまでにずいぶんかかりましたよ。
ティッシュ1枚さえも取らせてくれない…

ま、楽でいーじゃんって話もありますけどね…
でも傍らで必死になってハゼの召使いと化しているダンナくんを
見ていると、とても一人でそんな開き直れる状態じゃありません。


そうそう皆さん、お笑いって見ます?


いたち家はハゼさん産まれて以来、NHK教育番組か
「のだめ」のビデオ視聴ばかりになっておりまして、
ほんと最近のお笑い番組事情にはまったく疎いんですけど、
一時期「マイケル!」って連発する芸人さんいましたよね?
何ていうか割とマッチョな感じでテンション高いあの人です。
マイケルYouTube動画映像はこちら~♪

実はいたちむらはあの笑いはちょっとツボなんですけど、
ある日別に何の脈絡も意味もなく、ハゼさんに向かって
「マイケル!」ってやってみたんですよね、私。
そしたら最初はけっこうウケたんですよ。
でもね、調子に乗って数回繰り返したら、


「ママ、マイケーやだ!!パパやる!」


…これですよ。
マイケル!もさせてもらえない…。
最初に考えたのママなのにっ!
(いや、最初に考えたのはマイケルさんですが)
まあこれは害もないので「いやだいやだ」言われつつも
しつこく一人でマイケル!してますけどね。(←むなしい?)


しかしですね。


最近になって、ある時気付いたんですよ。
ハゼさんがいたちむらのことを「ママやだ!」と言う時、
たまーに本泣きで拒否されることもあることはあるんですが、
基本的には面白がって笑いながら、こっちの顔色を伺いつつ、
いたずら半分な感じで「ママやだ!」とくるわけなんです。

で、「なんですと~」と言いながらハゼさんを追いかけると、
ぎゃはぎゃはと笑いながら大興奮で逃げるわけでして。
この追いかけっこがある意味レクリエーションとなっていて。
ダンナくんはこういう私達のやりとりを見ていて、
「これも一種の愛情表現じゃない?」と言ってくれています。


そう。確かにこのハゼさんの態度は、まるで
「嫌い嫌いも好きのうち」と言っているかのよう。
あるいは「怖い物見たさ」みたいな雰囲気もありますが…

実際、すっと一時ママがいなくなることがあると、
すかさずダンナくんに「ママは~」と聞くようで。
先日のホチキス騒動の病院でも、最初の受付を済ますため、
いったん私だけハゼさん達とは別行動となった時、
ママがいない~としくしく泣いていたとかで…


少し、ホッとしました。


このブログを通してお知り合いになった方で、
もう大きいお子さんがいらっしゃるお母さんにこの話を
メールで聞いてもらった時、言葉ではいやだいやだと言いながら、
本当の意味はそうじゃないんだってお話をご自身の経験から
話して励まして下さった方がいるんですけど、
それを信じて耐えてきて、良かったなと今思ってます。
どちんさん、あたたかい応援、ありがとちゃんね!


私と二人でいる時のハゼさんは、やさしいです。
こういう時はママがマイケル!とやっても怒りません。
じゃあハゼ、マイケル!やって~と言うと、
実に素直に「マイケー!」と両手を付けてやってくれる。
かわいいです。非常に心温まります。

しかしアイツ、元ネタ知らんのに。
…まあ、知らない方がいいか。


とまあ、今日はこんなところでおしまいケル!(←お約束)
また進展があったらこの話、書かせて下さいね~
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

ホチキス女!

この週末、ハゼさんにびっくりのアクシデントがありました。
私もダンナくんも休日で、特に何も予定のない土曜日の午後。
のんびり過ごしていた私はおもむろに庭の掃除、
ダンナくんは外に出たがるハゼを連れて家の周辺をお散歩、
至ってフツーの、特に何もない平和な土曜日のはずでした。


ハゼさん達が家から数メートル離れたかってとこで突然の悲鳴。
「んぎゃーーーーっっ!!!」これはハゼの声。
「ああああーーーーーーーっっ!!!」続いてダンナくん。
「(一息入れて)ぎゃおーーーーーす!!!」ハゼ、本泣きです。
これは何かあったな、と猛ダッシュで現場へ駆けつけると…


そこには血まみれのハゼさんが。


出血場所はおでこでした。
見ている間もどんどんポロポロと血がこぼれ出ています。
何があったのかと聞くと、転んだとのこと。
どうやらドベッと転んだ勢いが強く、両手は出たものの頭も打ち、
たまたまアスファルトの石がギザギザデコボコしているところで、
頭を打ったと同時に額の皮膚がぱっくり切れてしまったようです。


私は急いで家にある清潔な布を持ち出してハゼさんに当て、
ダンナくんにしっかり押さえてもらって止血をしてもらい、
頭を打った時や出血のショック時のNo.1レメディーの
アーニカをすぐにハゼさんに与えました。
またその間に区の救急医療相談の番号へお電話。
休日の午後ですから、救急外来でかかれるところを探します。


幸い、隣駅の近くの総合病院で受け入れてくれるとのこと。
そうしている間にもハゼさんの出血は落ち着いてきて、
とりあえずダンナくんがマキロンで傷を消毒してくれて、
アーニカをリピートするうちにハゼさん自身も落ち着きました。

救急相談でも確認されましたが、最初に大泣きしたという事実。
やはりこれ、重傷度を測る上で大切な尺度になるそうです。
大泣きしたらとりあえずは安心、これ基本ですね。
お気に入りのミッフィーの絆創膏を貼ると言って持ち出すハゼ子。
いつも通り普通にしゃべれるくらい落ち着いてきているので、
この感じなら、まずはとりあえず一安心であります。
支度が出来たところで私達はタクシーで病院に向かいました。


病院ではすぐに救急外来の診察ベッドに案内され、
わりと待たされずに診てもらうことが出来ました。
ハゼさんの方は、大量の出血はもう止まっているものの、
まだ消毒後の傷が湿って、とろっとした血がにじむ状況。
傷は1cmくらいの切り傷で、切った部分が陥没したように
内側にへこんでいて、見ているいたちむらも痛く感じます。
そして、お医者さんにあちこち触られ泣き出すハゼ子。
お医者さんが傷を見ながら説明して下さいました。


・ 頭の打撲の方はおそらく心配いらない
 (前頭部は比較的重篤化の心配がない部位だそうです)
・ 傷は本来なら縫合が必要な大きさだが、
  ハゼのこの泣き暴れ様だととても縫合は難しい
  医療用テープかホチキスで傷をとめるしかない


もちろんホチキスは針ですからまたそれはそれで痛いので、
まずはテープを試してみることになりましたが、
そこはもう猛獣のごとく泣き暴れるハゼでございます。
汗などの湿気も手伝って、とてもテープなどでは間に合わず…


で、ついにホチキスの登場です。


ダンナくんの抱っこでも激しく泣きわめき、
隙あれば逃亡しようかという勢いのハゼさん。
ベテラン看護師さんにタオルケットでぐるぐる巻きにされ、
ベッドに寝かされ、その看護師さんがハゼに馬乗りになり、
私達も「大丈夫だよ~」と声をかけながらハゼを押さえつけ、
そこへお医者さんの医療用ホチキスを持った手が忍び寄り…
これを地獄絵図と言わずして何と言うべきでありましょう。


あっという間にカチャカチャカチャッと3本の針が打たれました。
そこにいるのはまるでプチ・フランケンシュタインなハゼさん。
医療用ホチキス、最近では帝王切開なんかの手術の傷とかにも
よく使われるアイテムみたいですね。
しかしまさかこんなところで実物を見ることになるとは…
ホチキス姿のハゼさんを見たダンナくん、ショックのせいか
(あぁ~っ)と声にならないため息をついており…


こうしてハゼさんは、このたびホチキス女となりました。
処置が済んだ後のハゼさんは至って元気でありまして、
ホチキスだらけの傷の上には先程のミッフィーの絆創膏を貼り、
そのまま抱っこひもに入れて隣町の散歩をして、
お気に入りの店のインドカレーを食べて帰宅した私達でした。

頭を打った後2日間は様子を見なければいけませんが、
特に問題もなく元気で今のところ過ごしているハゼさんです。
月曜には保育園に行って先生達に「ここね、昨日ケガしたの」
と自分で説明までしたという調子のいいヤツであります。


ホチキスは傷のくっつき具合にもよりますが、
1週間ほどで取れるようで、その間に1度診察があります。
先生によれば、傷はきちんと縫合(ホチキス)すれば、
おそらく跡が残ることはほとんどないとのこと。


女の子ですから、そこ大事です。


普段ハゼ太郎とかハゼ野郎とか呼んでたりはしますけど、
あんなハゼでもれっきとした女の子ですから、
やっぱり親としては顔に傷なんて本当に心配です。


傷が化膿したり治りが遅くなってもこわいので、
帰宅してから毎晩1回、ホメオパシーのカレンデュラを
与えています。傷の消毒のNo.1レメディーです。
ハゼさんも今日のお薬!と嬉しそうに飲んでいます。
そのせいか、怪我してから二日経った昨日見た感じでは、
だいぶ傷も乾いてきちんとくっついている様子です。

かさぶたが出来はじめてからがかゆかったりして
よくかきこわしてしまうハゼさんなので、
これからも当分は傷のことが心配ないたちむらであります。
同じホメオパシーのカレンデュラで、外用の薬である
カレンデュラチンキは傷の治りを早くするなどの効果がある
そうなので、これから注文して試してみようかと思っています。
効果があったらまたここで報告しますね~。


それにしても転んだだけでここまでのケガ。
ほんとびっくりな出来事でした。
ただのアスファルトでもちょっとした凹凸のある面が
あそこまでの切り傷を負わせるなんて…
おちおち道路を走らせることも出来ないのでしょうか…
小さなお子さんをお持ちの皆さんもデコボコ道にはご注意です!
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児

泣きやまない赤ちゃんをどうあやす? 0歳後半編

0歳のころから今の今まで、いろんな意味で泣き虫なハゼさん。
新生児期の大泣きはそけいヘルニアの痛みも手伝ってか、
日々相当な連続大泣きで、そのお相手に四苦八苦しましたけど、
そういうのがだいぶ収まった3~4ヶ月以降の0歳児期も、
相変わらず「何でこんなことでっっ?」と言いたくなるような
所作をきっかけに、爆裂ギャン泣き大暴れが始まるのでありました。


特に凄かったのは、オムツ替えの時。


まずこの頃の赤ちゃん、オムツが不快で泣いて知らせますよね。
そんで、おもむろにオムツ替えをして授乳と。そんな繰り返しの頃。

しかしハゼさん、あるいは多くの赤ちゃんがそうかもしれませんが、
母親が「ああオムツね!はいは~い」と気付いたからと言って、
「よしよし、分かりゃぁいいんだ」なんて泣きやんではくれません。
当然、気付いて準備している間も、オムツ替えの最中も泣き続け、
全てが済んでよしよしっと抱き上げて初めて、お黙りになる。


この間、防災ベルのごとく鳴り響く、叫びに近い泣き声。
新米母が慣れない手つきでオムツを替えているのを
邪魔するかのごとく暴れ続け、蹴り上げる力強い脚力。
いったい何なんでしょうね?あの脚力。
まだ歩きもしない時期なのに、あの暴れる時の力と言ったら…
あの見事な脚さばきに、スムーズに終わるはずだった
オムツ替えを何度邪魔され、めちゃくちゃにされたことか…
まさに糞尿乳まみれ。まあ今ではもう懐かしい光景ではありますが。


こんな時、「はいは~い、もうすぐ終わるからね~」なんていう
母の必死の話しかけもむなしくハゼの怒濤の雄叫びに掻き消され…
「オムツ替えしてくれてるんだ、もう泣かなくてOKなんだ」
と、頼むから早く気がついてくれ~と母も泣きながら願うことしきり。


たぶんね。


ただでさえ「縦になりたい欲求」が強かったハゼさん。
オムツ替えの際に横に置かれるのは許せなかったのでしょう。
とはいえ、この時期の赤ちゃんのオムツ替え、
あおむけに寝かせて行う以外に現実的に方法などありません。
そのため、1日20回近いオムツ替えのたびに、ハゼさんは
絶望的な表情で天井に目を向け、泣き叫び続けておりました。


そんな中、ある時ふと効果を感じた方法が…


「オムツ替えの時には無言でなくちゃんと声をかけてね」
とはよく助産師さんから教わるアドバイスではありますが、
ダメ母いたちむらと怒濤の泣き虫ハゼさんコンビの場合、
このような声かけだけでは非常に頼りないものがありました。
そこで、ある時から何となくいたちむらはお世話の際に
いろんな歌を歌うようになっていました。


たとえば、マドンナのLike a Virginの替え歌。
サビの「らいか・ばーじぃ~ん、はぅ~♪」のくだりをこんな感じで。

♪ウ○コハーゼェ~、、あぅ~
うん○がもれましたぁ~
ウ○コハーァーァァーゼェ~、
ウ○コハーゼェ~、出ちゃうぜっ♪

すみません、お下品で…
別にもともとマドンナのファンとかではありません。
しかしこの曲(特にサビ)はあまりに有名ですしね~。


ところがこのようにオムツ替えなどのお世話の際に
泣いているハゼに歌を歌ってやるようになると…
何と、定まらない視線で天井を見上げていたハゼさんが、
少ししゃくりあげながらも、泣くのをやめて母が歌う様子を
見つめるようになったではありませんかっっ!!


楽しくなってきた私は、その頃「みんなのうた」でやっていた
宇多田ヒカルの「ぼくはくま」で新作を作り…



♪ぼくはハゼ、ハァゼ、ハァゼ、ハァゼェ~
ウン○が出るぜ、ハァゼ、ハァゼ、ハァゼェ~
歩けないけど ウ○コするぜっ
しゃべれないけど ウ○コするぜっ
ぼくはハゼ、ハァゼ、ハァゼ、ハァゼェ~♪


さっきっからウ○コ、ウ○コ、って下品ですみません。
なんせ、どうしてもオムツ替えの時の歌だったものでして…
しかし、こんな感じで私達、歌にはずいぶん助けられました。
特にNHKの「みんなのうた」は相当ありがたい存在でしたね。

この宇多田ヒカルのくまの歌もそうですけど、
結構若手歌手の方達の曲が「みんなのうた」に提供されてて、
これが映像もまた非常に工夫されていて、大人が見ていても
十分に面白いものがかなり出されているんです。


たとえば去年では、椎名林檎さんの「りんごのうた」、
こちらは歌詞も相当深いものがあり、アンニュイなメロディが
秋深まる時期の心をそっと包み込んでくれたものですが、
素晴らしいのはちょっときもかわなキャラの動画映像です。
「りんごのうた」YouTubeの動画はこちら


そして最近だと、UAと栗コーダカルテットの「PoPo Loouise」。
これはちょうど今の時期放送中ですが、あのなつかしな
旋律に澄み渡ったUAさんの声が相まって、泣けます。


まあ、そんなわけで。


我が家の泣き虫ハゼさんの0歳児期後半は、「みんなのうた」と
その改造版に支えられたと言っても過言ではありません。
泣き虫赤ちゃんの対策として始めた歌ではありましたが、
その副産物なのか、ハゼさんは今相当の音楽好きでして、
保育園で覚えてくる歌、家のTVで見ている歌、母の替え歌、
何でも覚えてへらへらへら~っと歌ってしまいます。

今ではさすがにオムツ替えの時に歌は必須ではないものの、
苦手な歯磨き(仕上げ磨き)の際のリクエストは
「のだめ!」(=ガーシュインのラプソディー・イン・ブルー)に
「まめまめ!」(=「みんなのうた」のアロハえだまめ
といった具合であります。



磨き、歌わされるダンナくん、大変ですが、
まあおとなしく磨かせてくれるので良しとするべきか…


そうしてやはり「みんなのうた」で夏にやっておりました
べいびーろっく ~BABY ROCK~を歌い踊る日々…
やはり、赤ちゃんには赤ちゃんのロックが馴染むようでして…

「みんなのうた」、いたち家は頭が上がりません。。。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

パニック発症以来、初めての…

今日は子育ての話から少し離れて、いたちむら日記です。

この連休に、大学時代の友人の結婚式に行って来ました。
こういう華やかな場所に出没したのは出産以来初めて。
友人の花嫁姿、綺麗でした~(感涙)


ところでいたちむら、大学時代はフラメンコの歌(カンテ)を
やっておりまして、今のこのいたちな姿からは想像だに出来ない
かもしれませんが、当時は大変これにはまっておりました。

今回花嫁となった友人とは、大学卒業後も機会があると
何かと踊りのバックとして呼んでもらって組んでいたのですが、
今回の結婚式で彼女自身が踊るということで、久しぶりにまた
彼女のバックとして歌うことに…これがもう、5年ぶりのことですよ。


しかし、ここ数年でいたちむらの環境は激変しました。
なんせ子育てが始まって以来、ほとんど家の中で地味~に
過ごしてきたここ数年です。フラメンコなんて忘れていました。
歌なんて、ハゼに歌ってやる童謡のアホな替え歌くらいです。

そして何を隠そう、保育園にハゼさんを預けて仕事に復帰するまで、
いたちむらは2年近く、独りで電車さえろくに乗っていませんでした。
だいたい日々の用事は近場で済みますし、週末出掛けるとしたって
ダンナくんとハゼさんとみんな揃って一緒であります。
最初に電車で独り職場に行った日は、最後までちゃんとこの便に
乗って目的地まで行けるのだろうかと本気で不安でしたから。


いえいえ、大げさな話じゃありません。


大学時代と今のいたちむらの大きな違いと言ったら、
以前にもこちらでお話ししましたパニック障害です。
パニック障害とは、もうかれこれ5、6年のお付き合い。
そして、出産以降ひどくなってしまった月経前症候群(PMS)
さらに全ての症状の大元となっているらしい自律神経失調症
何か今どきの病気のコレクションみたいでお恥ずかしいですが、
周りにはどう思われようとも、本人、結構辛い症状ばかりです。


まあ、そんなヘタレな自分でしたので、今回の友人の誘いには
久しぶりのセッションという華やかな機会に心踊りつつも、
いったい今の私なんかで本当に彼女の大切な一世一代の舞台の
バックが務まるのかと正直不安で不安で仕方がない状況でして…

実際、友人に「当日、私が体調不良で来られなかったら??」
などと花嫁を不安にさせるようなことを聞いて、
唖然とさせてしまいましたし…(ごめんよ、友人~。。)
肝っ玉の小さいこと、この上なし。
今のいたちむらを表現するのにこれ以上しっくり来る言葉はなく…
母は強し、とか激励されるのは嫌いです。
もうやめてっっっ、そっとしといてっっ、な気分。


でも!何とかやり遂げて来ました~!!


まずは無事に体調も崩さずこの日を迎え。
そして何とか予定の時間通りに電車の乗り換えにも成功し。
果ては本番前の最も緊張高まる時間も、ホメオパシーの頓服で、
何とかパニックに陥ることなくやりすごし。
まるで自分の結婚式かっっ??と笑われそうな勢いですが、
本人いたって真面目ですから、ほんと救いようがありません…


しっかし、とにかく無事お役目が務まって良かったぁ~。。。
そして、また一歩、嬉しい前進。

いたちむらとしては、こうして少しずつでも社会復帰(?)でき、
昔の自分より少しでも回復していることがほんっっと喜びです。
出産以来、仕事に初めて行って帰って来れた日も、
本当に嬉しかったけど、今回もまた、そんな嬉しさ。

こんな頼りないヤツに、またとない誘いをしてくれた友人、
ほんとにありがとうね!!幸せになってね、nana。


持病の治療とホメオパシーの話は、またこちらで書きますね~。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年11月
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。