ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

トイレトレ、はじめました。 その3

先日のトイレトレ話その2をかな~り引っ張った状態で
終わらせてしまってすみませんっっ


やっぱりね、トイレトレでつまづく点っていうと、
その子それぞれなんだなぁ~って最近思うんですよ。
うちみたいにウンチ問題で悩む場合アリ、
いつまでもところかまわず放尿し放題の子アリ、
果てはいったん出来るようになっても時々もれ子に逆戻りとか。
そうそう、おねしょが治らなくて…という話もアリですね。


とはいえ、オムツはいた普通の大人なんて絶対いないんだし、
焦らなくてもいつかは必ずどーにかなるんだよなぁ…
と再び思いまして、最近はだいぶ肩の力が抜けました。


で、前置きはそのくらいにして、ですね。


例のウンチ対策の合わせ技、いきましょう。
ステップが足にすんなり届くトイレトレーナーもそろい、
ふんばり体勢の準備はばっちり☆
あとは、ハゼさんにオムツの中ではなく、トイレでしたいっっ!!
と思って頂く動機がそろえば良いわけですよね。


そこで登場するのが、シール、です。


実は折よく、こちらにたびたびコメントを下さっている方から
トイレがうまく出来たらシールって手もあるよね、とコメを頂き、
以前通っていたしましま保育園から「トイレトレ用にどうぞ」
ともらっていたシールがあることを思い出したんですよ。
でも、何かオシッコのたびにシールをあげるだなんて、
なんか面倒くさくてなぁ~と、しまいっぱなしだったんですね。
(どんだけ面倒くさがりなんだか)


でも、おしっこの時は特に褒美なしで、
うんちがトイレで出来たらシール1枚にしてはどうかと。
これにはハゼさん、食いついてきました。
「え?シール?キティちゃんのシールくれる?」
いや、キティちゃんではないけど、いろいろあるよ、と誘導。


かくして、ヤツのウン気が高まってきた時、
「トイレで出来たらシール1枚キャンペーン」を大々的に謳いまして。
ついに出たのであります。トイレで。
トイレにぽっかりとうかぶヤツのウン氏を見た時には、
嬉しい~!!というより、笑いました。うっかり。


ちなみにですね。


シールあげたら、じゃあ貼るとこどーすんの?って話ですが、
よくトイレトレのシールって、トイレの壁とかドアなんかに
紙をべたっと貼って、そこへぺたぺたさせるじゃないですか。
いたちむら的には、あれはどーしても気が進みませんでした。
せっかくのシール達が、トイレの住人になるなんて。


そこで、かわいいスケジュール帳を利用することにしました。





これは来年用にハゼ子に買ってあげたスケジュール帳です。
やっぱりキティです。現在すこぶるキティ萌なハゼさんです。
以前のミッフィーの栄華はどこへいったのでしょうか。
ともあれ、これを利用すればウンチの成功した日の欄にシールを
貼ってあげたりすることも出来て分かりやすいですよね。


ちなみに我が家の場合は、今年度の始めにしましま園で
もらった出席シール帳をまだ愛用しているので、
ウンチのシールはそのメモ欄を利用して貼らせていますが。


女の子って、こういうの好きですよね。
男の子だとまたやり方変える必要あるとは思うんですけど、
ようするに、その子が何を好きかを観察すれば分かると思います。
ハゼ子の場合、まだ3歳にもならない頃から、
この出席シール帳を、OLのスケジュール帳よろしく持ち歩き、
お気に入りのカバンから出したり入れたり。
飲み会の予定でも入ってるんでしょうか。


ま、そんな感じでですね。


これまで4,5回は成功しました。
ただ、シール欲しさに分割出ししようとすることもありました…
さっき一度したのに数十分も経たないうちにまたウンチする!
とか言い出して、出てみるとほんのぽっちりだったりとか(-_-;)
まあそれでも本人的にはものすごい進歩だったので、
ちゃんとシールを支給してほめておきましたけど。


そして、そのうち園の方からもトイレウンチ成功の朗報が!!
まあ、これまでたった1回だけですけどね(^^;)
なんだぁ、やれば出来るじゃん、と言いたくなります。


ただ、ですね。


実はここんとこ、ウンチの回数が全体的にめっきり減ってるんですよ。
これまでは平日だと園で1回、帰宅して晩ご飯の後に1回。
週末も日に2回くらいは普通だったハゼウンチ。
それが今では平日に園で1回のみ。
週末も、全く出ないまま過ぎてしまうことさえあり。
…これって、心理的な要因の便秘なんでしょうか??( ̄ロ ̄;)


やっぱ、トイレでウンチしなきゃ、っていうのは、
本人的にはプレッシャーなんですかねぇ…。
このままウンチ硬め生活が定着してしまってはかわいそう…。
ウンチトレはほどほどに続けつつも、
アロマでお腹のマッサージでもしてあげないといけないかなぁ、
なんて思ったりしています。


てなわけで。


ハゼさんトイレトレ、リアルタイムでまだまだ続きますっっ!!
皆さんもこんなのいいよ~b(´∇`*)なアイデアありましたら、
ぜひぜひ教えて下さいねっっ☆
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:トイレトレーニング - ジャンル:育児

トイレトレ、はじめました。 その2

先日、いたちむらが何気なくダンナくんに
おむつかぶれのケアについて話をしていると、
「えーなに?おむれかぶつ?」と聞いてくるハゼさんでした…
なんとなく、かわいい怪獣みたいなのを想像してしまった
今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、先日からやっと開始いたしましたトイレトレ、
今日はその後の進捗状況をお話したいと思います~(´ω`*)
トイレトレ、はじめました。その1はこちら~)


まず、ですね。


先日注文するつもりだとお話ししていたこちら、
実際に届いてさっそく使い始めております~。



3Way トイレトレーナー(日本育児)


いやぁ~、良いです。今んとこ使い勝手は上々であります。
ハゼさんはトイレに到着すると、まずは便座を自分で上げ、
私がそこへこのトレーナーを広げて置いてやり、
その間ハゼさんはズボンやパンツを自分で脱ぎます。


支度出来たらひょいっとステップに乗り、自分で便座に腰掛ける。
これがびっくりするほどスムーズに出来るわけです。
もちろん降りる時も動作がらくちんなので、
ついでに壁に取り付けてあるウォシュレットのリモコンから
「小」の流すボタンを勝手に押してから降りるほどの余裕っぷり。
誰が教えたわけでもないのに、現代っ子は機械が得意です…


そして、何よりも。


足がつく。(←「悪いことした」って意味ではありません)
これ重要です。何より姿勢が自然です。
大人から見ても、見るからにふんばりやすそうです。
これなら実際にハゼさんのウン気が高まってきた時に
さっと誘えば、以前よりも頑張れるかもしれませんっっ


で、実はですね。


おしっこの方はなんと、あれから失敗ナシなんですよ。
家ではすぐに全日パンツに切り替わりましたし、
休日のお出かけ時や遠出も全く問題なし。
保育園ではゆっくりとでしたが、今ではお昼ご飯後の
うんちタイムとお昼寝の時以外はパンツで過ごしているようです。
ぶっちゃけ、家ではお昼寝時もパンツでOKなんですけどね。


ちょっと話はそれますが、うちの園はトイレトレには
どっちかというと消極派な方みたいなんですよね~。
「お子さんの気持ちを考えながら焦らずゆっくり」という
ゆるやかな方針らしいんですが、家では全然パンツでOKなのにっっ
と思ってしまうと、つい親の方がじらされます…(^皿^)


でも、園での行動は親といえど実際には全く把握出来ず、
園での本当のハゼ子を知っているのは保育士さん達なのですから、
やっぱり預けている以上、そちらの進行具合はそちらに任せるしか
ないのかな~なんて思ったりして悩んでしまうんですよね…(´A`)


とはいっても。


先日なんてですね。保育園から帰宅して見てみたら、
なんとおむつの上に重ねてパンツをはいていたんですよ!
これにはちょっとびっくりでした…なんでこうなるの?っていう。


実はどうやらハゼさんが「うんちするからオムツはく」と言った後に
「パンツもはきたい」とごねたせいでこうなったらしいんですけど、
これじゃあパンツがまた遊びの一環になっちゃうと思うんですね。
単なるファッションというか。(どーいうファッションだ)
だから私としては、どんなにハゼ子の方からアホな要求してきても、
先生の方で「そんなふうにはくのはおかしいんだよ~」と
正しく教えてあげてほしいと思うんです。出来れば。


まあでも逆に考えれば、先生達もハゼ子の気持ちを大事にしたわけで、
へんにしつけとか教育とか押しつけがましくないゆったりとした園で、
それはそれで気に入ってるんですけどね~
預けている以上、一長一短ですよね、ホント。


まあ、それはさておき、ですね。


トイレでうんち。これを達成することが当面の課題でしたね。
実は、こちらにコメント下さっている方から頂いたアドバイスと
上で紹介した3wayトイレトレーナーとの合わせ技で、
ついにトイレでのうんちに先日成功したのでありますっっ☆


その合わせ技とはいかにっっ?
ちょっと長くなったので、次回その3に続きます~。
先が気になるじゃないっっヾ(`Д´)ノなあなたのために、
出来るだけ早くアップしますね~☆


※ ちなみにこの3wayトイレトレーナーですが、
我が家ではトイレのフタと便座の両方を上げたところへ
使っています。便座の上にトレーナーをかぶせることも
もちろん出来るんですが、それだと便座がおしっこで
濡れてしまうことがあるんですよね。


最初は便座まで上げて使うの面倒だな~と思っていたんですが、
この辺はハゼ子がどんどん自分でやってくれたりします。
まあその分ヤツがトイレのいろんなところを触ることになるので、
普段のトイレ掃除をなるべくまめにすることと、
当然ながら、トイレ後の手洗いは必ずさせるようにしています~。


こう言うと一見親が大変なように見えるかもしれませんが、
オムツの頃よりは結局ラクで、トイレもきれいになって、
一石二鳥な気がしました♪


完全にオムツが不要になるのはいつかな~(´艸`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:トイレトレーニング - ジャンル:育児

寝ない赤ちゃんQ&Aの3 添い乳以外の寝かしつけって?

AKB48の「会いたかった~♪」の歌をテレビから覚え、
「やってやった~、やってやった~、やってやった~、へい!」
と、なぜか替え歌にして歌うハゼさん、今日も絶好調です。
いったいどーいう恩着せがましい歌なんだ…(-_-)と思う今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですか?(しかも「へい!」って…ねぇ…)


ところで、先日の母乳話 完結編で「添い乳はタブー」だという
お話をしたところ、多くの方からコメントを頂きました。
特に「うちの子は寝ない赤ちゃんなので、寝かしつけワザが
添い乳しかないんですっっ」というお母さんも多く。
いやぁ~。分かります。私もそうでしたから。


しかし、一方で添い乳は、体質にもよりますが、
乳腺炎などのトラブルを招きやすいというのも事実です。
もちろん、夜昼かまわずいくら添い乳しても何ともな~い♪な
お母さんはラッキーです!その体をぜひ誇りに思って下さい!


でも、「…ひょっとしてあの時のあれはまさか添い乳の…?」
と少しでも身に覚えのある方は、今日のお話がお役に立ちます☆
いたちむらは残念ながらこちらの側でした(TωT)
そんなわけで今日のお話は、「添い乳以外の寝かしつけ、
~いたちむらバージョン~」でお送りしたいと思います~。


そもそも、ですね。


コレ言うと「うっそだろ~?」と言われるかもしれませんが、
桶谷のK先生に添い乳禁止令を出されるちょい前くらいから、
ハゼさん寝かしつけに対する添い乳の効力が落ちてきていたのです。


つまり、30分近く吸わせて何とか寝かしつけたっ!
と思っても、乳首をすっと抜いて、さぁ行こう♪とすると
カッッ☆と目が開くんですよ。ハゼさんの。


んでまた「あ~…失敗…」と思ってもう一度寝技をかけます。
で、よしよし、今度は慎重に行こうと思って、
眠りについた顔を5分くらい眺め、敵が鎮まったことを
しっかり確認してからそっと立ち去ろうとすると、
またしてもお目覚めになるわけなのです…(-_-)


それこそ、なんで~??(ノД`;)ですよ!!


しかもすごかったのは、ある時から復活の前兆が
はっきりと見て取れるようになったんです。
ハゼさん生後2ヶ月頃のことでしょうか。
いったんは添い乳で鎮まったハゼ子を眺めていると、
突然首の向きをブンッと向こうへ倒すんですよ。


で、「げっ、やばい、動いたぞ」と思っていると、
まもなく首の動きは激しさを増し、ブンッ、ブンッ、ブンッと
何度も勢いよく左右に倒されます。
そして5,6回ブンブンしたところで目がカッッッ☆
ふんぎー!!となって、全てふりだしです…。


いや、これ、ホントの話ですよっっヾ(´Д`)ノ


ちなみに皆さん、地震の用語で「初期微動」って知ってますか?
P波、とも言いますよね。本揺れの前の前揺れです。
当時の私にとっては、これがハゼ子のP波でした(笑)
本揺れがやって来る前のあのゴゴゴゴ…と迫るアレ、であります。


このP波現象が起こるようになって以来、
添い乳による寝かしつけはほぼ完敗が続いていました。
したがって、桶谷式の添い乳禁止令に従うまでもなく、
いたちむらの寝かしつけ作戦には改善が迫られていたのですっっ


そして、さまざまな試行錯誤の末。


まず行き着いたのは、授乳クッションごと寝かせるワザ
いや、ワザって言うほどたいそうなもんじゃありませんが、
ようするに授乳クッションで普通に授乳した後に、
そっと乳首だけ口から離して、その形ごと、クッションごと
そーーーっと布団の上に持って行き、置くのです。


この時のポイントは、置くまでの移動が遠距離だと
赤ちゃんをごとんと落としてしまいそうになったり、
ぐらぐら揺れて赤ちゃんを起こしたりしてしまいますので、
置く予定の場所からすぐのところで授乳することです。


そして、うまく着地出来るようだったら、クッションの
端っこどうしをきゅっと真ん中に寄せて置くようにする。
出来れば枕やタオルの折りたたんだものなどを事前に
その場所へ置いておき、赤ちゃんの乗っかったクッションの
バランスを取りやすくしてあげることも大切です。


生後まもない赤ちゃんに関してはやはり窒息などが心配なので、
この方法はしっかりと赤ちゃんから目を離さないこと、
時々呼吸の経路がふさがっていないかを確認してあげること、
など注意も必要ではありますが、平らで冷たい布団の上より、
どうやら授乳クッションのようなふんわりまあるい場所が
赤ちゃんお気に入りという可能性は高いです☆
きっと子宮の中に浮かんでいる感じなんでしょうかね。
授乳クッションの寝かしつけ法過去記事はこちら~!)


しかし、この方法にも期限がありました。


赤ちゃんの体がまだ小さい間は、不安定な授乳クッションの
上でも何とかバランスが取れていたわけですが、
授乳クッションより大きくなってくるとそうはいきません。


しかも、寝返りの直前期くらいになってくると、
寝ている間にクッションから落ちることもしばしば。
ハゼさんの場合、生後4ヶ月の頃、うげー!!という泣き声が
寝室から聞こえたかと思ったら、授乳クッションから
飛び出して明らかにクローゼットの戸に頭を打ったと思われる
位置に落っこちていました…まさに飛びハゼです…。
それほど高さがないので、もちろん何もケガはありませんでしたが、
初めて頭を打たせてしまった母のショックは大きかったです…


そこで行き着いたのが、ラッコ寝
布団に置こうとする側(母)と置かれる側(赤ちゃん)の
立場にこだわることなく、いっそのこと一緒に寝ちゃおうぜっ
というスタンスがラッコ寝の原点です。


結局いたちむらは、正面切っての寝かしつけを頑張る、
という正攻法の道からさっさと脱退し、
ズボラ道、なまけ道一直線のこんな方法でハゼさんの
赤ちゃん期を何とか乗り切ったのでした(^皿^)
これがハゼさんの人格形成に影響するとしたら、
もちろん全て、母親である私の責任でありますっっ(笑)


まあ、あと、これ以外ではストーブであっためると寝る
とかいうのもあります(笑)冷え性じゃないよね?
まあ、といってもこれは数回しか成功してませんが。
当時、冬になってうすら寒くなってきた時、
遠赤外線の電気ヒーターを遠くからハゼさんに向けていたら、
指をしゃぶったまま、マヌケな格好で寝ていたりとか。
…すみません、「ワザ」じゃないですね、これ。


その他、寝ない赤ちゃんQ&A2の「速攻で寝かす方法」
なんかもよろしければぜひ参考になさって下さいな♪
寝かしつけワザは、いくつ持っていても損はありません!
皆さんも、コレはおすすめ~♪なワザがありましたら、
ぜひいたちむらまで教えて下さいね~(*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:赤ちゃんが寝ない… - ジャンル:育児

赤ちゃんごはん18 簡単手作りのビーフストロガノフ

beef-str.jpg


すっかり秋らしくなりましたね~
ところで皆さんは、ご自分のお子さんに向かって時々思わず
「赤ちゃん」と呼びかけてしまうことはありませんか?
私はあります。ハゼ子が3歳の今でもつい、
昔の習慣の名残で「ねぇねぇ、赤ちゃん」と。


先日も、例の野いちごのおままごとキッチンで遊ぶハゼさんに
いつものように「ねぇ、赤ちゃん」と呼びかけましたら。
「うちに赤ちゃんはいないです。
どうぞ召し上がれです。ママの分はないです」

と、お料理を出しながら冷静な面持ちで答えるハゼさんが…( ̄□ ̄;)
心のどこかで秋風が吹いた気がする今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。


そんなわけで。(どんなわけだ?)


今日は久しぶりに赤ちゃんごはんのお話です~。


今は便利なもので、カレーやシチューのルーはもちろん、
ビーフストロガノフやハヤシライスまで、簡単に出来ちゃう
「素」が、手頃な値段でいくらでも売ってますよね。


でも実はいたちむら、あの手のルーが最近苦手なのです。
というのも、母乳育児のために脂っこい料理や加工食品を
避けて通っているうちに、あの手のルーで作った料理が
あまり食べられなくなってしまったのです(T△T)
あれはあれでまあおいしいとは思うんですけどね、
作った晩に一度食べて、その翌朝もう一度食べると、
もう胃がもたれて一日とっても重いんですよ~。


そうはいっても。


そんな胃弱ないたちむらだって、たまには
おいしい洋食も食べてみたいと思うわけなんです。
これは現在母乳育児真っ最中の方も同じ気持ちだと思います。
出来れば月齢の小さい子も一緒に食べれるとなお良いですよね。
そんなご希望をかなえるのが今日の手作りストロガノフです。


このストロガノフ、もちろん市販のルーは使いません。
小麦粉から作るタイプなので、添加物や過剰な脂の心配もナシ。
とはいっても、通常のホワイトソースを作ったりするような
手間のかかる方法でないので、本当にお手軽です。
赤ちゃんの離乳食でも、肉を食べ始める1歳過ぎからなら、
ひき肉で作るこのレシピは十分食べさせられますよ~。


もともとこのレシピは、いたちむらが独身時代に
知り合いの女性から聞いてよく作っていたものなのですが、
今になってまたこんなに重宝するとは思いませんでした。


材料はこちらです~。


・牛豚合い挽き肉 …200g程度
・牛細切れ肉(お好みで) …適量
・タマネギ …1個
・エリンギまたはマッシュルームなどのキノコ …1パック
・小麦粉 …半カップ程度
・お水  …800ml程度
・ソース …大さじ1~2程度
・醤油  …大さじ2~3程度
・塩こしょう …適宜


いつものことですが、いたちむらの料理は分量が
まったくもって大ざっぱなので、その辺はお許しを(>人<)


まず、タマネギとキノコを共にみじん切りにします。
材料には入ってませんが、にんにくを少量入れてもいいかも☆
で、シチュー用の大鍋に油を軽くひき、まずお肉類を炒めます。
お好みで牛細切れと書いてありますが、これはひき肉だけだと
さみしぃわぁ~という大人の方々のためのオプションです。


お肉が色づき始めたらそこへ刻んだタマネギとキノコをプラス。
さらに炒めて全てにだいたい火が通ったかなというところで、
上から小麦粉をばさささ~っと投入いたします。
すぐに木べらで全体を混ぜながら熱し、小麦粉が偏ったり
焦げ付いたりしないようによく混ぜていきます。


この小麦粉でねっとり感が出ます。


いたちむらは普段、小麦粉を袋から直接ばさっとやるため、
上に書いた小麦粉の量は本当に私の目算量でしかありません…
皆さんが作られる時はこのねっとり感が出る程度を基準にどぞ。
お肉や野菜に小麦粉がねっとりとからまり、
白い粉の色がほぼ見えなくなってきましたら、
お水を入れて鍋にフタをし、沸騰するまで熱します。


沸騰直前にアクを取り、そのまま煮立てます。
お肉や野菜のダシがしっかり出ているのでこれだけでも十分に
コクはありますが、物足りない方は市販の洋風ダシを少々。
さらにソース(これはウスターでも中濃でもどちらでもOKです)
とお醤油をたらーっ、たらーっと加えまして、
それでも塩味が足りない場合は塩こしょうで調整です。
焦げ付かないように時々かき混ぜながら煮込めば完成ですっ☆


ちなみに、お醤油が洋食のストロガノフになるなんて意外!
と思われるかもしれませんが、これがまたいい調味役になります。
逆にソースは入れ過ぎると、「あっっ!ブルドッ○!!(笑)」
な味になってしまって雰囲気壊れますのでご注意を。


タマネギのとろとろとキノコの歯ごたえがおいしく、
ご飯にかけてあげるとたちまちお子さん完食ですよ~!
お肉さえ買ってくれば、家にある材料や調味料で出来ちゃう♪
食欲の秋にぜひ試してほしい、お手軽な一品です~(*´∇`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:離乳食・幼児食メニュー - ジャンル:育児

母乳で育てたい!母乳不足から完全母乳への道 完結編

母乳話も大詰めを迎え、ついに本日完結編ですっっ
今日のお話は母乳が少しでも出てほしい~!なママ必読です☆


桶谷式の助産院を開業するK先生に出会ってから、
(前回のお話、完全母乳への道 その5はこちらです~)
いたちむらの授乳環境はメキメキと進化していきました。
手技がいいのはもちろんのこと、先生の温かい人柄や
その場所に集まるお母さん達と交わす楽しい会話、
いろいろなものが当時の私のおっぱいに効いたのでしょう。


なかでも、K先生が要所要所で与えてくれるアドバイスで、
私はいろいろな「母乳を出しやすくするコツ」を学びました。


まず、夜の授乳は欠かさないこと。


理想的な授乳間隔は、ご存知の通り3時間おきといいますが、
大事なのは昼よりも夜中の3時間おき授乳の方なのです。
おっぱいはおそらくホルモンの関係で、夜中にたくさん作られます。
なので、夜中に赤ちゃんに吸われるという刺激がないと、
「じゃあもう必要ないのかしら?」と思ったおっぱいは、
あっさり分泌量を減らすようになるわけです。


なので、昼どんなにせっせと吸ってもらっていても、
夜中に3時間以上吸われないおっぱいを放置して
親子共々ドカ寝を繰り返してしまうともう大変です。
そうです。昼間のあなたの努力は報われないのであります。
働けど 働けど なお我が暮らし 楽にならざり じっと乳見る…(-_-)


そんなわけで、よく桶谷では、目覚ましをかけてでも
3時間おきに授乳する習慣をつけなさいと言われます。
そうやって親の方で起こして3時間のリズムを続けていくと、
いずれ赤ちゃんの方がそのリズムで起こしてくれるようになります。
お母さんの体も何となくそのリズムに慣れて夜中にふっと目覚め、
無事授乳が終わるとすっと眠りに入ることが出来るようになるのです。


ちなみに、私の場合はですね。


寝ないハゼさんという諸事情により、そこまで理想的な
リズムを持った生活が常に出来ていたわけではありません。
特に生後3ヶ月くらいまで、ヤツは例の「5時まで女」でしたし、
その明け方5時以降、午前10時くらいまでの約5時間が、
私にとっての唯一の睡眠時間でしたから、寝ハゼを尻目に
戦場に倒れるようにしてドカ寝する日々が続いていました。
これがおっぱいに良くないのは、言うまでもありません。


しかもその後、だいぶ寝付くのが早くなって来ても、
依然として夜の1時、2時就寝などは当たり前のハゼさんです。
私は、ただでさえ自分が少しでも睡眠をとりたいのに、
さっきまで寝付かせるのにさんざん苦労した我が子を、
それから3時間後にわざわざ目覚ましかけてまで起こすなど、
出来ればしたくないというのが正直なところでした。


でも、3時間ごとに吸ってもらわないと時々しこりが出来たり、
張って自分が苦しくなるのも確かなので、「なるべく3時間おき」
を目標に頑張っているうち、確かにリズムが出来ていきました。
その後、親子そろって時々ドカ寝をして、
朝ふとんに白い池(笑)が出来たりしたこともあったものの、
お互いが同じタイミングでふっと起きる、なんて時期もありました。
やはり生体にとって、リズムって大切なのですね。


それから、添い乳の禁止。


桶谷に通うお母さんには周知の事実だと思いますが、
桶谷式ではあのラクちんな添い乳を勧めていないのです(T△T)
これは、寝た姿勢で授乳するとゆがめ飲みの原因となり、
結果として吸われないまま溜まるお乳が生じたりして、
乳腺炎や白斑(乳首に白いプチっとした斑点が出来る)
の原因を作ってしまうからだと言われています。


実際、私も白斑、作ったことありますよ~。
気付いたら胸のしこりと一緒に、白いプチッとしたのが
乳首に出来ていて、これが痛いのなんのって!


この時K先生に「添い乳はお勧めしない」と禁止令を出されたのですが、
私の場合はただでさえハゼのせいで眠れないでいるという状況もあり、
その辺りも鑑みて、「まあ、あなたの場合は仕方ないものね」と
緩やかに見守ってくれたK先生でした。
桶谷認定者の中には、有無を言わさず添い乳を許さない、という
厳格な方もいるようですが、K先生はその辺寛大でした…(´∇`*)


そして、湧いてくる感覚をつかむこと。


これはK先生だけでなくH先生の時にも学んだことですが、
自分の目で母乳が出るのを見て、自信を持つのって大事ですね。
どうやるかというと、先日お話しした授乳ゴムみたいなもので
服をがばっとめくって、両方のおっぱいをまず出します。
もちろん、究極には上半身裸の状態でもOKです(〃艸〃*) キャ


片方の乳首に赤ちゃん、もう片方の吸われてない方の
乳首の真下にタオルなどを置いておきます。
最初はくちゅくちゅと小さく口を動かしていた赤ちゃんが、
ある時ごくん、ごくんと大きくあごを動かし飲み出す瞬間が来ます。
その時、飲まれていない方の乳首を見てみて下さい。
射乳反射でぽたぽたぽた…とおっぱいがあふれ出ます。


これを自分の目で見るのがすんごく大事です。


わぁ…湧いてる…と自分自身にフィードバックすること。
このぽたぽたが終わってからまたくちゅくちゅ飲みに戻ったら、
反対側の乳首に替えてみて下さい。そうすると、替えた方の
乳首はおっぱいが湧きやすい状態になっています。
1回の授乳でこの交替を2サイクル。長くても20分くらいです。


授乳に慣れない最初のうちは、こうして目で確認し、
ちゃんと出てるんだという自信を持ち、
乳首交替のタイミングをつかむのが本当に大切です。
いくら長い間くわえさせたままにしておいても、
湧くタイミングと乳首の交替がうまくかみ合っていないと、
結果的に効率よく飲ませることが出来ず、お母さんも疲れます。


人間って、やっぱり自信とかストレスとか、精神的な波に
ものすごく左右されやすいところってありますよね。
私も産後直後、親戚やお客さんとかが来ている時など、
別室で授乳していても自分自身何となく落ち着かないのか、
その瞬間だけ母乳が出にくくなるなんてことがありました。


そういう時は、乳首をくわえたハゼさんが必死の表情で
「あうあうあう…あうあうあう…」と悲痛な声を出し、
小さな両手をパタパタさせるんですよ。
当時そんなことが起こるのは決まって来客時のみ。
部屋一つ隔てているというのに、全くうぶないたちでした…。


あとは、水をよく飲むこと。


これはK先生のアドバイスですが、お茶類などよりも
純粋に水だけの方が母乳不足にはおすすめなのだそうです。
麦茶やお茶だと、利尿作用で外に出てしまいやすいですしね。
でも、最近はタンポポコーヒーや母乳用のハーブティなんかも
けっこういろんなのが出ていて、そういうのもいいですよね。
とにかく、水分量はめいっぱい摂るようにして下さい。


そうそう、ミルクの減らし方ですが。


ミルクは一日にあげる回数、一回にあげる量を少しずつ
様子を見ながら減らしていくのはもちろんですが、
最後に一回量が40mlとか20mlとかの少量になってきたら、
たとえば20ml分の粉(たいていサジ1杯分ですよね)を
30mlのお湯で溶くなど、薄めに作ってあげていくようにします。


そうやって脱ミルクをした後はどうしても体重の増えが悪くなり、
お子さんによっては逆に減ってしまう場合も多々ありますが、
一時的なものなので、少しの間母乳だけで様子を見ます。
また体重が徐々に増えてくるようになれば、めでたく完母です☆


一度軌道にのってしまえば、母乳育児ほどラクな子育ては
ありませんよね。あとはもうズボラ派の道をひた走るのみ( ̄~ ̄)
どうか一人でも多くのお母さんが、母乳育児を楽しめますように…
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:桶谷式母乳育児 - ジャンル:育児

母乳育児お役立ちグッズ2 授乳用ゴム

torachan.jpg


今日はいたちむらが母乳育児中にずっと愛用していた
授乳時の服をとめるゴムのお話です~。


家の中など、人目を気にする必要のない授乳時、
みなさんは服のどちら側からおっぱいを出してました?
私は普段Tシャツを着ていることが多かったので、
めくり上げたシャツの下から、というのが普通でした。
人によっては、上から(襟元から)ぐわしっと出す
っていう方もあるみたいですが…(〃艸〃*)大胆だわ…


で、下から出した場合にうっとおしいのが、
服がずるずると下がってきてしまうこと、
授乳中に服で赤ちゃんの口元が見えないこと。
特に厚手の服をたくし上げた時はよくあることですよね~。
そんな服のずり落ちを防いでくれるのがこのゴムなんです。


作り方は簡単です。


普通のヘアゴムの長いのを100円ショップとかで買って来て、
自分に合った長さに切って大きな輪にすれば出来上がり。
冒頭の写真のはトラのマスコットがついてますが、
これは単なる飾りなので、なくてももちろん機能しますよ!


私が最初にこの服留め用のゴムを知ったのは、
以前もお話した、桶谷で開かれたプレママ教室で、です。
なので桶谷ママさん達の間ではこのゴムは馴染み深いですよね。
私がお世話になったK先生のところにもいくつか置いてありました。


でも、マスコットをつけるというアイデアは、
いたちむらの産院、Aクリニックの助産師さんのアイデアです。
その助産師さんがサンプルで首にかけていたゴムにはゾウさんが
つけられていて、検診でやって来た赤ちゃんや上のお子さんと
遊ぶのにちょうどいいのよ~なんて話していました。


それがあまりにかわいかったので、当時妊娠後期だった私も
すでに用意しておいた授乳用ゴムに、フェルトで作った
このトラちゃんを後から縫いつけたのでした(ノ゚ー゚)ノ
けっこう、かわいいでしょ?
もちろん今はもうぼろぼろで、相当年季入ってますけどね。





ちなみに、トラちゃんの型紙は確かこちらの
アランジアロンゾシリーズの「かわいいもちもの」を
図書館で借りてきてコピーして使ったんだったと思います。
トラ以外にもうさぎやパンダとかかわいいフェルト人形の
作図例が載っていましたよ~。


あ、そうそう、肝心の使い方ですね。


モデルとしておなじみのベアさんの体をお借りしまして、
トラちゃん授乳用ゴムの使い方を説明いたします~。


toragomu1.jpg


まず、こんなふうに首にかけます。
ネックレスみたいな感じですね。


toragomu2.jpg


服の内側にゴムの片端を入れて、下から出します。


toragomu3.jpg


出してきたゴムの片端をもう一度首にかければ完成!
作り方も使い方も本当にシンプルですよね。


いたちむらは、家ではノーブラで過ごしたい人なので、
(締め付けられるのがいやなのです、別に自信があるわけでは…)
授乳用ブラみたいなのをほとんど使ってなかったんですね。
なので、このゴムがないと服は当然落ちやすくなるため、
(ブラがあると布同士の摩擦で少しは下がりにくいんですが)
このゴムはほとんど手放さずに毎回使っていました。


あと、授乳中にもう片側の乳から射乳反射で母乳が漏れてくるので、
やっぱりブラつけてないと母乳パッドもつけられないしで、
最初けっこうどーすべきかな~と悩ましかったんですよ。
でもこのゴムで服を留めて、使ってない方の乳とシャツの間に
タオルをガッとはさんでおけば、漏れ出てきた母乳はタオルに
吸収されるので、母乳パッドいらずでラクチンでした。


そんなわけで家での授乳時は、
授乳クッションとタオルとトラちゃん
この3点セットがいたち的三種の神器でありました。


ハゼさんが大きくなってくるにつれ、
授乳の時にこのトラちゃんが現れると喜ぶようになりました。
1歳後半では「おっぱいあげるよ~」と言うと、この3点セットを
うんせ、うんせと自ら運んで来てくれたハゼさんでした。
まあ、その頃にはもう既に授乳クッションもタオルも
使わずに授乳出来るようになってはいましたが…


そして、今でもそうですが、このトラちゃんをハゼ子に見せると、
「とらちゃん~」とかわいい声をあげながら
自分の顔に嬉しそうに押しつけるのです。
きっとなつかしいにおいでもするのかもしれません。


単なるゴムだけでなく、トラちゃんも付けておいてあげて
良かったな~と今では思います。
このトラちゃんを見ると、あの頃のおっぱいの味、
ママに抱っこされていた感触を思い出す…
そんな思い出が残ってくれたら、嬉しいですよね(*´∇`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:桶谷式母乳育児 - ジャンル:育児

母乳で育てたい!母乳不足から完全母乳への道 その5

訪問で来て下さった桶谷のH先生のおかげで、
まさに地獄に仏な経験をしたいたちむらでしたが、
産後1ヶ月半以上を過ぎて、ついに近所の桶谷開業助産院、
K先生のところへ初めて伺う機会がおとずれました。
(前回のお話、その4はこちらをど~ぞ。)


実は、この当時はですね。


以前お話ししたハゼさんのそけいヘルニア問題
まさにちょうど夜も眠れぬ日々を過ごしていた頃でした。
ただでさえ寝ない赤ちゃんで、明け方の5時までギャン泣き。
しかもその背後にある原因はどうやらそけいヘルニアらしい。
大泣きすると余計に内臓がはみ出しやすくなってしまうので、
とにかく泣かせないように、そのためにはミルクを足すように、
とのお医者様達からのお達し…。辛かったです…(ノД`;)


そんな怒濤の日々を過ごしていた私は、
文字通り、おそるおそるK先生のもとを訪れました。
第一、外界の光さえまぶしいくらいの産後女ですから。


初めてお会いしたK先生の印象は、とても自分に厳しそうな、
仕事に対して常に真摯に取り組む女性、という感じでした。
これはK先生の話し方がいつもはきはき、きびきびとしていて、
アドバイスが常に的確で、手技の腕も抜群だったからでしょう。


実際、H先生にK先生のことを聞いた時も、
「あの先生なら腕がいいからすぐに完母にしてくれるよ」
と言われていたくらいです。
しかし、その時のいたちむらは心身共に疲れ果てていたせいで、
いろいろな意味で強い人、素晴らしい人、立派な人と接すると
何というか、自分が壊れそうで、怖いような気がしていたんです。
それでK先生のところに行くのが正直少し不安だったのでした。


しかし、それは取り越し苦労でした。


H先生に訪問で診てもらっていたこと、ハゼ子の体重が増えないこと。
そけいヘルニアでミルクを足せと言われて悩んでいること。
夫婦そろって毎日眠れなくて辛いということ、
ミルク派の実母にはアンタの畑が悪いから乳が出ないんだ、
みたいなことを言われてショックを受けているということ…


気がつけば、手技をしてもらっている間にいろんな話を
ごく自然な形で受け止めてくれるK先生。
それはまるで、聖母マリアの包み込むような優しさでした。

「毎日そんなに眠れないなら、母乳が出にくくて当然よ!
よく頑張ってるわ、あなたも、ダンナさんも。
それに、そんないいダンナさんがいてあなた、幸せよ」


ケアしてもらっているのは、おっぱいだけではなかったのです。


これに対して、肝心の手技の方はまた違った凄さがありました。
H先生のほんわり温めるようなマッサージとはまた異なり、
ポイントポイントをしっかり押さえた痛快(?)な手技でした。
うぅ~っっっ、効くぅ~☆みたいな(笑)
でも、ぜんっっっぜん痛くないんです。
まあ、桶谷の手技はそもそも全然痛くないものなんですが。
いかにもすぐにおいしい母乳が大量に湧いて出そうな手技でした。


そして、その間のハゼ丸対策ですが。


こちらも全くぬかりがありませんっっ
「ヘルニアだから、泣かせちゃいけないんだものね」と言いながら、
慣れた手つきでハゼさんを抱っこしてくれるK先生。


しかし、手技の間は両手がふさがってしまうにもかかわらず、
我が家のギャン泣き赤ちゃんは以前の記事、
寝ない赤ちゃん対策グッズ ベビービョルンでお話しした通り、
先生の片方の足でボヨンボヨンと揺らされ、あやされておりました。
かつ、その状態でしっかりと私の話に耳を傾けて下さるK先生。
そのお姿はまるで千手観音のごとし…。
おかげで、K先生の手技の間は泣きハゼのBGMから解放され、
「静かだな…」とひとときの幸せを堪能する私がいました。


その後。


H先生の前評判通り、私はK先生のところに通い始めて
まもなく、完全母乳でいけるようになります。
ハゼさん生後2ヶ月の前半でありました。


しかし、それはK先生の熟練した手技の腕の良さだけでなく、
その的確なアドバイス、熱心な授乳指導、食事指導、
そして、いつ行っても包み込むような優しさで
受け止めてくれるようなあの場所のあたたかさが全て
相乗効果で私の体を癒してくれたおかげだと思っています。


結局、私はその後断乳までの約2年間、母乳がスムーズに
出るようになってからも乳質管理のために定期的に
K先生のもとに通うようになりました。
まあ実際のところ、乳質管理を名目に、本当は心のケアのため、
そして子育てのよもやまをただ聞いてもらうために行っていた
ような気もします…(´艸`*)先生、ありがとう…☆


さてさて。


もちろん、先生の手技がいくら素晴らしいとは言っても、
当然ながらそれだけでいきなり完母になれるわけではありません。


次回は、K先生のところで教わった母乳を出しやすくする
いろいろなアドバイス、ミルクを少しずつ減らしていく方法、
そしてその他いたちむらが気をつけたことなどをお話しして、
母乳話の完結編としたいと思いま~すε-(/・ω・)/読んでねっっ

母乳話完結編へはこちら!
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:桶谷式母乳育児 - ジャンル:育児

ねこのおいしゃさん(ますだゆうこ)




久しぶりに絵本のお話で~す。
ここんとこ、本屋さんや図書館でたまたまいい絵本を
見つけてはそれを図書館で借り、そのついでにまた
借りた絵本がアタリだったりで良い連鎖が続いていて、
ご紹介したいおもしろ絵本はたくさんあるのですが、
とりあえず、なかでも大ヒットだったのがこちら、
ねこのおいしゃさん(ますだ ゆうこ 他)」です。


森の中の小さな病院に、ねこのおいしゃさんがいて、
おくさんがそのお手伝いをしています。
病院にやって来るのは、鼻がつまったゾウ、
首がのびないキリン、眠れなくてクマが出来たクマなど(笑)


nekodoc2.jpg


こちらはコンコンと咳が出る、のどの痛いキツネさん。
ねこのおいしゃさんの微妙な表情がウケます。


でも、ですね。


このおいしゃさんの治し方、ちょっと変わっているんです。
患者さんの話を「ふんふん、なるほど」と一通り聞くと、


nekodoc1.jpg


なんと、ニャーッ!!と気合いを入れて治すのです(笑)
こちらの絵はゾウの鼻づまりが気合いで解決したところ。
東洋医学でしょうか?気功でしょうか??
治療中は意外に激しい形相のねこのおいしゃさんに対し、
その間のおくさんの対応がやたらと冷静なのも気になります。
やっぱりネコだけに冷めてるのでしょうか。


で、無事治った患者さんは先生に感謝して帰っていくのですが、
その時に必ずそれぞれの患者さんに合ったおみやげが出ます。
はなづまりのゾウさんには特大ティッシュ、とかね。
いたちむら的にはキツネのおみやげが妙に気になります…
それってのどにいいのか?みたいな。


え、何それ何それ~?と気になるアナタは
ぜひ絵本を手にして読んでみて下さいな~。
しかし、この本のすごいのは、それだけではありません。


なんと、巻末に歌がついてます!


nekodoc3.jpg


ずぼら子育て派にはたまらないオマケ付き。
楽譜があるので、手近におもちゃのピアノや木琴でもあれば
すぐにお子さんと一緒に歌えますよ~。


え?うちですか?
ええ、ええ、もちろん日々歌っておりますよ。
保育園のお迎えの自転車上で、二人して熱唱です。
時々すれ違う人々の視線が気になりますが、まあいいでしょう。


ちなみに、読み聞かせする場合ですが、
この「ニャーッ!!」と気合いを入れるところを
いかに全力で演じるかが、楽しむコツだと思います。
とはいえ、あんまり全力でやり過ぎて、お母さん本人が
本当に病院のお世話になることのないようお気をつけ下さい。


で、ねこつながりで、もう一つ。





「ねこのセーター(おいかわ けんじ 他)」です。


こちらは先日、西荻窪のほびっと村でたまたま見つけて、
そのあまりにも独特な世界観がどうしても頭から離れず、
気になって仕方がなくなってしまったほどの絵本です。


この物語はこんなふうに始まります。


「ねこのセーターは ぶかぶかで ぼろぼろで、
 おおきな あなが 2つも あいています。
 ねこは さむがりなくせに、
 こんなセーターを きているのです。」



nekoswe2.jpg


そして、そんなねこが毎日している仕事は、
「どんぐりにぼうしをかぶせる」ことでした。
あのどんぐりのぼうしは、このセーターねこが
毎日せっせとかぶせていたのですね…
「ぼうしいれ」の箱の存在も気になります。


しかし、ねこはなまけものなので、3つくらい
かぶせるともう面倒くさくなってやめてしまうのです。
ていうか、3つって…。ねこだけに飽きっぽいんですかね。


nekoswe1.jpg


さむがりでなまけもののねこは、さらにせっかちで、
おぎょうぎがわるく、なきむしでだらしないのでした。
どんぐり達にからかわれたねこは、悲しくて寝てしまいます。
ネコ、寝込む、とはこのことなのですね。


そんなダメダメだらけのねこですが。


たったひとつだけ、すてきなとりえがありました。
え?それって何?何??な方は絵本をぜひどうぞ~。
この独特な空気感に癒されること間違いナシです☆


nekoswe3.jpg


そんなねこのあさごはんは、食パン2枚と紅茶が2杯。
牛乳でも魚でもないところが、すてきです。
この物語ははっきりいって全くオチというものがないのですが、
そこがまた読み終えた時に何とも言えずつかみどころがなく、
それがゆえに、あとをひくような空気感をかもしだします。


ネコ好きにはたまらない2冊です~(´艸`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:絵本 - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年10月
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。