ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

忘年会も終わり…

itachi-campagne.jpg


今日は子供を通して親しくなったご近所さん達との忘年会でした。
クリスマスを微妙に過ぎているので忘年会と称していますが、
子供達のお楽しみも兼ねた集まりという意味ではパーティー気分です。
去年から恒例のように呼んで下さるご一家のもとへ、
今日も家族みんなですっかりお邪魔させてもらっちゃいました。


で、手みやげに持っていったのがこれ。


カンパーニュ丸ごとサンドイッチ・いたち風、です(笑)


もう一つのブログ、子連れ外食日誌の方に書きましたが、
このサンドは、普段いたちむらが平日のお昼ご飯でほぼ毎日のように
お世話になってるお店、新宿「食人」のびっくりアイデアを
パクって作らせていただいたオマージュメニューです(*´ω`*)


(外食日誌を見て下さると分かると思うのですが、
このサンタの飾りも流用品です…(〃艸〃*) すみませんっっ)


カンパーニュの中をくりぬいて、そのパンでサンドイッチを作り、
再度中に詰め込んだというパーティーメニュー☆
もちろん、カンパーニュの中だけでは全部収まり切らないので
これとは別の入れ物にもサンドイッチを並べたのですが…


ぶっきーないたちむら、サンドイッチやお弁当、スイーツのような
見た目も味も多分に要求されるメニューは大の苦手です
今日も作っている間、マジメに冷や汗が流れました…
これだから人の家に呼ばれたり呼んだりするのは不得意なんですよね。


しかしこのカンパーニュ、子供ウケはめちゃくちゃ良かったです。
大人だったら、この入れ物になってるカンパーニュなんて
本気で食べようとはなかなかしないものだと思いますけど、
中のサンドイッチよりも、このフタと器の部分にみんな群がる群がる…!
フタなんてみんなでかじって回し食いしてました(^ω^;)
子供のいるパーティーメニューとしてはオススメかもしれません。


で、今日の集まりは、ですね。


うちを含めた3家族が集まる、子供の合計は4人のパーティーでした。
4人というとそこまでたいしたことはないように聞こえますが、
ハゼさんを除いて残りの3人は全員2~3歳の男の子…!


もうね。地獄絵図でした…(久々に…)


もともとわんぱくさん達という性質もあるのでしょうが、
とにかくもう、大人がふっと息つく暇もない。
いつもどこかで誰かの泣き声があがっている。
たたきあったりするのなんて毎分毎秒のごとし。
がなり声、叫び声はノンストップBGMのよう。
かけずり回る、衝突する、ダイブするなど当たり前。
食べ物にがっついてる以外は、みんなとっくみ合ってるし…(-_-;)


ちょっと目を離すと、誰かがケガをしそうな勢いで、
ハプニング続出でとても大人同士がゆっくり話す暇がないんです。
だって、最後の方では、お部屋に置いてあった
腰くらいの高さのチェストが倒れて来ましたからね…!!
しかもそれをひっぱった張本人の子が真下に…(°д°;))
もちろんとっさにチェストを押さえましたよ~危機一髪でした…


断言します…


男の子の母親…私にはぜっっっっったいに出来ません…(´д`||)
もちろん男の子と一言に言っても、皆わんぱくさんなわけではなく、
女の子のように大人しくて気の優しい子もいるのでしょうが、
単独ではそんな物静かな子であったとしても、仮に兄弟が
出来て男の子2人以上になれば、毎日が相当な地獄絵図かと。


今回のこのパワフルな男の子達の遊び姿をかいま見て、
改めて男の子(特に兄弟)のお母さんはスゴイ…と敬服しました…


聞けば、男の子兄弟2人を持つそのお母さんは、
子連れの外食なんてとてもじゃないけど落ち着いて出来ないそうです。
ファミレスでも、食器は割るし、テーブルには乗るし、
よその人の席に乱入するしでとても食事どころじゃないと。


私なんて、もう一つのブログで「子連れでも外食したい!」なんて
えらそうに掲げてますけど、大人しく一緒に外食してくれる
女の子たった一人しかいない分際でホント甘かったな、と。


ハゼさんなんて、赤ちゃんの時はまあともかくとして、
今ではもう普通に大人と同じようにちょこんと座り、
まったく騒いだり暴れたりすることなく平然と食事しますからね。
子連れの外食が意味する本当の苦労を知らなかったんだな~と思いました。


今日のハゼもね。


最初のうちは暴れる男どもを大人のそばでじーーーっと傍観して、
なかなかその輪に入れずにいました。
男の子の一人があーそーぼ、と誘ってくれても固まるばかり。
でも最後の方は一緒になって楽しく飛んだり跳ねたりするようになり。
そうはいってもやっぱりその遊び方は全然ソフトなもんでした。


それを見て思ったんです。


いたちむらは寝ない+泣き虫+べったりなハゼさんのことを、
割と手のかかる、育てるのが大変な方だとばかり思っていましたが、
実はホント子供それぞれ、親それぞれに違った課題があるというか、
その親が自分達の力で何とか乗り越えられるはずの課題が
皆それぞれに与えられているんだな~と思ったんですね。


私の場合は、元気でわんぱくな男の子の相手は到底無理だけど、
寝ないハゼさんとは(結果的にですが)何とか生活出来ている。
そう思うと、ハゼさんが多少ワガママ言ったり、
普段だったらついイラッとするようなことをしてきても、
あ~全然そんなのたいしたことじゃないな、と
イライラする気持ちも消えていくように感じたのでした。


みんなそれぞれに課題がある。


自分だけが大変な思いして子育てしてる、と思うと辛いけど、
みんなそれぞれに違った課題、自分に合った課題が与えられてる、
って思うと、何かむしろホッとするような気がするんですよね。


とか言いながら、明日もまたゴラ~!!と怒鳴ってそうですが(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:3歳児の日常 - ジャンル:育児

突然の認可保育園内定…!!

先週、我が家にとってまさに青天の霹靂?な出来事がありました。
そうなんです。突然、区の保育課から携帯に連絡があって、
希望を出されていた園のうちの一つに内定が出ました、と。


最初ね、保育課さんからの電話だと分かった時、
「何か申請書類に不備でもあったのかな」と思ったんですよ。
それくらい、この時期に内定出るなんて全然思ってませんでした。


ええ、この時期。


もちろんまだ来年の4月入園の審査など、始まってもいません。
認可の申請をされている方ならご存知だとは思いますが、
だいたいの場合、認可園の4月入園にむけた申請は11~12月頃で、
結果は2月末に発表されます。うちの区もやっぱりそんな感じ。
ではなぜ今の時期に内定かというと。


来月、1月からの入園なんですよ。


びっくりでした…Σ( ̄ロ ̄;)
いや、もちろん4月以前の分の申請も出してはいたんですけどね。
あれだけ待機児童問題で大騒ぎだった今年。
年度内での入れ替わりはまずないだろうと思っていたので。


内定したのは、家から2番目に近い区立保育園でした。
歩いても片道6分ほどの場所なので、通うのは便利です。
突然の知らせに、文字通り頭が真っ白になっていた私に、
「もちろん、お受けされますよね?」と電話越しの保育課さん。
「え、あ、はぁ…あの…びっくりでして…」と、思わず
要領の得ない感想しか言えなかったいたちむらでした(^^ゞ


とにかく、ですよ。


この春、あれだけ待機児童問題に振り回されたいたち家
まさか年度内に、それもこんな最後の方になって空きが出るとは、
全く予想だにしていなかった出来事でした。


ちなみに、11月に4月入園も含めて再申請をしに役所へ行った時は、
相談に乗ってもらった地域担当の人の話しぶりから言っても、
ひょっとして4月入園ならもしかすると希望は持てるのかな…
という感触はないこともなかったんですよね。


というのも、今年2月の時点でフルタイムではなかった私ですが、
おかげさまでその後だいぶ体調も上向いてきまして、
初夏くらいからかなり本格的に動けるようになり、
その分、今までの仕事に加えて他にもいろいろと
恒常的な仕事を任されるようになってきていたんです。


で、先月11月の申請段階では、私の指数は「通常の正社員のような
フルタイムとは質が違うけれど、ほぼフルタイム相当と考えられる」
と言われていたんで、ああ、やっと私も人並みに働けるようになった
ってことなんだなぁ…とその点については個人的に嬉しかったんですね。


でも、まさか来月からの転園になるとは…。


この知らせを聞いたダンナくんも、当然どびっくりだったようです。
一番心配しているのは、今年もうこれで3度目の転園となるハゼさんのこと。
カピバラ園→しましま園→今の認証園と1年のうちに3箇所も
点々としたハゼさん本人にとって、普通ならば
「もーいいかげんにせんかい(-_-メ)」と言いたいところでしょう。
今の認証園もやっと楽しくなってきたところです。
仲良くなったお友達と離れていいわけがありません。


とはいえ、これを逃したら次に認可に入れる保証はないのです。
先日から気になっていた、今の認証園の「幼稚園問題」もあるわけで。
3~5歳児がほとんど残らない今の認証園。
他の面がいくら気に入っているとは言っても、
いつまでも在園しているわけにはいかないのです。


というわけで。


まずは受け入れてくれる園に面接と健康診断を受けに行きました。
認可園を見学したことがないダンナくんが、「今回は俺も行く!」
というので、休みの日をそこに合わせ、3人で出かけました。


去年すでに一度見学している私にとっては、驚くようなことは
一つもありませんでした。持ち物を手作りするというのも、
送り迎えに保護者がセルフでやらなければならないことが
たくさんあるというのも前評判通りです。
園庭も園舎もよくある設備と広さで、至ってフツーの認可園です。
保育士さん達は心温かく感じのいい人達ばかりでしたが、
おそらく今までの園とは違い、冗談の通じない世界でしょう(^ω^;)


しかし、区立の園内を初めて見るダンナくんは愕然としていました。
その日はここ最近同様とても冷え込んだ一日で、
園内は寒々しい…というか、実際ひどく寒かったのです。
そんな園を、ダンナくんは「暗くて、寒くて、全てが老けている」
と評していたのでした…(スミマセン、口が悪くて…)
まるでロシアの託児所かっっ?と言いたくなるようなその園を、
帰り道、私達は「シベリア保育園」と呼ぶことにしました(笑)


今の認証園はもちろん暖かく、給食も園のこだわりの絶品で、
新しくきれいで、保育士さん達は若く、雰囲気が明るいのです。
まあ、民間経営の園はたいていそんな感じですよね。


大人からすれば、過ごしやすいのは明らかに今の園です。
ただ、ハゼさんにとって、この過ごしやすいきれいな園で、
いつまでもぬくぬくと過ごすのは必ずしも良いことではありません。
あえてシベリア保育園で、寒かろうが古かろうが、
新しい友達とたくましく育っていく方がずっとためになるのかと。


で、当のハゼさん本人は。


シベリア保育園の園庭を眺めながら、「うん、いいよ、ここで」と。
しかし、本当は今の保育園のお友達と離れたくないのだそうです。
先日は「新しい保育園行くけど、その代わり今度AちゃんとBくんと
CちゃんとDちゃんとEくん(全部今の園の友達)をおうちに呼ぶ!」と。
今の園を離れたくないのですね…てか、そんなに家に入り切りません(笑)


その後も新しい園の話になるとビミョーな面持ちになるハゼさんです…
とりあえず、新しい園で使う布団カバーの布は、ハゼさんの希望通り
キティちゃん(またしても…)の布を一緒に買いに行きました。


そんなわけで、良いような悪いような、の認可園内定…。
やっと番がやって来た、と喜ぶ半面、
いろいろ悩ましいことも出てくるものですよね。
来月、実際に登園が始まってからどうなるのか不安も多いですが、
またここで報告させてもらいますので、どうか皆さん見守って下さいっ(>人<)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:保育園 - ジャンル:育児

ギャルハゼですが、何か?

ここ最近でハゼさんをすっかりとりこにしているお方。
それはいたちむらでも、ダンナくんでもジジババでもなく。


ええ、この人です。キティちゃん。


 
(え?アタシぃ~?みたいな)


このキティちゃん熱、いつから始まったんだろう?
と、今になると記憶が不確かなのですが、目下、ハゼさんの
相当なお気に入りキャラとなったキティちゃんなのであります。


ええ、はい。当然言われますよ、周囲の人々には。


ミッフィーはもういいの?って(-_-;)


去年はあれだけミッフィー、ミッフィーって大騒ぎでしたからね。
そりゃあミッフィーグッズのお古を譲ってくれたご近所さんとか、
一緒によく遊んでくれるお友達はまず思うわけですよ。


しかし、ミッフィー全盛期はどうやら早々に過ぎ去ったようです。
これからはキティが我が家を(勝手に)占拠することになったわけで…


まず、ですね。


一番最初に我が家にやって来たキティはこちらです。





バレエシューズ、いわゆる「学校の上履き」靴に
キティのプリントが入ったタイプのもの。
これは例の、毎週出かけている親子フラメンコのために買いました。


フラメンコには、足でリズムを刻む振りがふんだんにありまして、
シューズの裏にはカンカンといい音が出るように、
かかととつま先にたくさんの釘が打ち付けられているんですね。
レッスン中には子供がそこらじゅうを駆け回って遊んでますから、
万が一子供の足を大人のシューズで踏みつぶしたら大変な大ケガです。
それで足を守るために子供も内履き必須なんで、これを購入しました。


しっかし、今どきの上履きってこんなにかわいく進化してるんですね~
皆さん小学生ともなると、こんなかわいいのを履いてるんでしょうか。
(それとも学校によっては普通の柄無ししか許さないのかな?)


このシューズを買った日から、フラメンコのない日まで
家の中でシューズを履いて歩きまわるほどの気に入りよう。
ある時いたちむらがごろ寝してテレビ(←昭和の親父か?)を見てたら、
この靴で腹を踏みつぶされたこともありましたが…(T^T)


そして、最近ではこれ。





傘ですよ、傘。
これもハゼ丸の「ハゼちゃんね、キティちゃんの傘がほしいの(ё∀ё)」
というリクエストにより、サンリオショップで買わされました…
雨の日は今までベビーカーにレインカバーで通してきましたが、
そろそろもうそんなスタイルも卒業です。


保育園のお友達も傘に長靴という子が多くなってくる中、
さんざん「キティちゃんの傘買って」と言われていたんですよね。
まだまだ危なっかしいですが、この傘を持たせると、
いつもは「抱っこ~」なハゼさんも一生懸命家までの道を歩きます。


そして、ハゼリクエストがもう一つ。





はい。「キティちゃんの手袋がほしい」、です…( ̄ロ ̄;)
こちらは西松屋で本人と一緒に選んで買いました。
キュッキュッと鳴る笛付きとはいえ、1490円。
西松屋においては相当型破りな高級品と言えるでしょう(笑)
とはいえ、こちらもハゼ様、大変お気に入りのご様子ですっっ


さらに先日。


外出時の上着がどうにも小さいので、新しいものをご用意下さい、
と保育園の方からご指摘いただき、またしても必要な物が発生。


いえいえ、実はそれまで着せていたNEXTのピンクの上着を、
ハゼ子がいたく気に入っておりまして、小さくなったから
新しいのを買おうと説得して、いろいろ試着させようとしても、
いっこうに「買わない!」とつっぱねられてきたんですよね。


子供って変なこだわりを見せる時がありますよね~
長年(って言っても2年ほどですが)着続けたNEXTの上着は
もう薄汚れて、丈もそでの長さもどう見てもちっちゃい(>△<)
いったいどうしたらこのボロを手放してくれるのか、
と悩んでいるところに、なんと救世主が現れました…!!


ええ、そうです。キティちゃん(笑)


kitty-parker.jpg


実はこれ、新宿に最近出来たH&Mで買ったんですよ。
確か2000円台だったと思います。
すんごい安くて手頃な上に、現在期間限定でハローキティと
コラボの商品を大量に出しておられまして!!


もうね。ハゼ子にとってはまさにパラダイスですよ。
どこを向いてもキティちゃんの服、服、服。
あれだけ、どの服を見せても「着ない」「着ない」だったハゼ子も、
ここではどの服見ても「着る」の一言しか言いませんでした…





他にもこんなのとか。





こんなのとか。かわいいですよね~(*´∇`*)
ベビー用品も充実してました♪
コラボ、いつまでやってるんでしょうね。
ハゼさんがキティに飽きるまで続けてくれるといいんですが…
(って、またしても自分都合…)


あ、そうそう、我が家ではトレーニングパンツもキティちゃんです。
キティちゃん、いや、キティ様のおかげで、
おしっこの方は無事成功に導かれたとも言えるわけでして…。


しかしね。


こんだけキティちゃん好きだと、時々心配になるんですよ。
だって、やっぱりキティと言えば、何かそこらへんのギャルの
必携アイテム、ってイメージが強いんですよね(^^;)
ポーチとか、メイク道具、小物、財布に定期入れとか、
全部キティで揃えてるギャル、普通にいましたよね、私達の若い頃。
(…って、時代が少し古いですかね??)


このままいくと、ハゼ子もそういうギャルになるのかなー…
と、思わず遠い目になるいたちむらであります( ̄ロ ̄)
理想はシュタイナーなのに、15年後はギャルハゼ誕生でしょうか…
「マジ、うざいし~」とか言いながら、キティの手鏡片手にマスカラを
塗る高校生を思い浮かべてしまう、心配性オバサンないたちです…


ちなみに。


最近保育園で先生が「将来何になりたいの?」とハゼ子に聞いたところ。


「キティちゃんになりたいの」


と真剣なまなざしで答えていたというハゼ丸です(-ω-)
いたちむらの心配は杞憂に終わるかもしれません…ああ、ギャルハゼ…




         


ところで最近、コレだよ!コレ!!な買い物をしました♪





【最速最新2010年モデル!】 NIKE ダイナモフリーのピンク!!


ナイキのダイナモフリーモデルは、今年に入ってからオレンジのを
ハゼさんが履いていたんですが、とっても良かったんです。
ナイキフリーのシリーズは、裸足に近い状態を再現してくれるので、
靴のせいで動きを制限されたりすることもなく、
足が自分で歩こうとする力を鍛えてくれるらしいんですね。
なので、子供に履かせる靴としてはとってもおすすめだとか。


確かに、靴底のしなり具合、柔軟性、本当に履きやすそう。
そしてスリッポン型なので、小さな子供でも自分で脱ぎ履き出来ます。


そんなフリーのシリーズ、ソフトな色合いのピンクが出たら
今の服に合うのにね~なんて思っていたんです。
ハゼさんも「ピンクのナイキがいい」と前々から言っていました。
そしたら先日、まさに希望通りのこちらを見かけて、即買いです☆
サイズ違いで二つ買っておこうかな~と思うほどでした(・ω・)v
汚れが付きやすそうなのが唯一の難点ですけどねっっ
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:3歳児の日常 - ジャンル:育児

「家庭でできるシュタイナーの幼児教育」をきっかけに 後編

家庭でできるシュタイナーの幼児教育」(ほんの木)
をきっかけに、子供の生活について考え直したお話、
本日は後編、テレビとのつきあい方についてです。
前編のお話「子供の生活リズムについて」はこちらへどぞ!)


このブログをよく読んで下さる方には周知の通り、
いたちむら一家は相当なテレビっ子家系です…(^^ゞ
そもそも私の母など、小学生の時に毎日徹夜でテレビを見続けて、
ある日教室で椅子ごとひっくり返って倒れたという伝説があるほど(笑)


そして、私達夫婦も同じく超がつくほどのテレビ好き。
今でも、一日の仕事を終えた後に録り溜めたドラマや映画を見て、
頭を使わずぼーーーーとするのが一番の疲労解消法です…(^ω^;)


受動的だと問題視されるテレビですが、私に言わせれば
あの受動性こそが癒しなんですけどね…(って、へりくつですかね)
しかし、その際ハゼ子もばっちり参加してるというのが問題なのです。


そもそも、シュタイナーでは。


なぜ子供にテレビを見せてはいけないのかというと、
テレビに映っているものは「本物」ではないからです。


そこに生じるのは二次元の映像と機械を通した音だけであり、
実際に触れるなど、その実物を五感で感じることは出来ません。
テレビによってもたらされる、自分の生活とはかけ離れた
間接的な情報は、0-7歳の発達段階にはふさわしくないわけです。


ちなみに、シュタイナーはこうした抽象的な概念のことを
「死せる概念」と呼んだのだとか。
子供にこうした「死んだ概念」をたくさん教えていくと、
子供の魂は硬化し、ついには死んでしまうのだそうです。
早期教育が良くないというのもこれに関連していますよね。
だからこそ、幼児期の子供には「死んだ概念」を提示するのではなく、
生き生きとした具体的なものを体験させてあげるべきなのだそうです。
「物より思い出」、ってやつですかね~( ̄~ ̄)


またこの本では、「テレビは見てはいけないというより、
子供は自分の遊びがあるから見ている暇などないのが本当」
というご意見もあり、印象に残りました。
そうなんですよね、テレビを見ていれば当然
その他の遊びの時間が切りつめられてしまうわけで…(;ーωーA
逆にテレビをつけていなければ、子供は自発的に何か自分の
遊びを開発して、ひとりせっせとやっていたりするものですよね。


そこで、我が家では。


料理を作っている間、静かにしていてほしい、などといった、
親の都合でテレビを見せておくようなことをしない。



テレビを見るのは1日1~2時間くらいにしぼり、どうしても
本人が見たがるもの、あるいは親が一緒に見るものだけにする。



この二つをとりあえずの目標に、テレビ削減作戦を開始しましたっっ
ちなみに、上記の「親が一緒に見るもの」というのは、冒頭で話した
「仕事の後のドラマ(仕事の後の一杯、みたいだ…)」のことです…
録画しておいたものを一日一回分だけ見させてもらってます…


本来なら親の趣味で見ているドラマは子供を寝かしてから、というのが
理想ですが、まだまだそうもいかない我が家です…お恥ずかしい(-_-;)
おかげでハゼ子は、のだめ、福やん、古畑任三郎、キムタク、白い巨塔に
江口洋介と、ますます「死せる概念」のコレクションを増やしておりますが…
まあようするに、ただダラダラとテレビをつけ流しておくのではなく、
どうしても見たいものを、時間を決めて楽しもうということです、あはは。


で、実際ですね。


この方向で試してみて、今のところ何ら困難はありません。
料理の時など、今までは「ちょっとテレビを見せておいて」なんて
親都合でやってましたが、見せないならそれはそれで一人で遊んでます。
時々「あれやって、これやって」とキッチンにおしかけては来ますが、
出来ることをタイミングをはかりつつやってあげれば、
意外とおとなしく待っていてくれるものなんですよね。


あとは、私が勝手に見たい番組を、ハゼ子の寝ている間なんかに
見るようになれば、ほぼ完全テレビフリーが実現出来そうですが、
これは前回の生活リズムの話と関わってくるのでまだまだ難しそうです…
でも、親が重い腰を上げて気持ちを切り替えれば、
子供ってちゃんとそれに順応するんだなぁ~と思いました。
…って、初歩的なレベルの発見で恐縮ですが


ちなみに、ですね。


テレビを見せないようになると、一日子供と向き合って
きっちり遊び相手しなきゃいけなくなるのでは?そんなこと出来ない…
というお母さんにとって、安心出来るお話がこの本に書かれていました。


極端に言うと、親は子供の遊び相手をしてやる必要はないのだとか。
子供は、傍らで家事や手仕事をする母親を見て、
それにならって模倣遊びをするものなのだそうです。
そう言われてみれば、ハゼさんもままごとや子育てごっこなど、
いたちむらのまんま模倣と思われる遊びを一番よくやっています。


親はとにかく傍らで働く姿を見せてやればいい、
育児に関わる人手が少ない今どきの核家族子育てをする私達にとって、
一番ほっとする一言だなぁと思うのです(*´ω`*)


もちろん、もっと積極的に子供と向き合えるし、そうしたい、
と思っているお母さんは、要所要所でしっかり遊んであげる時間を
作ればいいと思います。でも、夜になったら子供を早く寝かせて、
必ず自分の時間をとること。これがストレスにならない秘訣だとか。


私なんかの場合は、けっこう気分屋で差が激しいんで、
子供と一緒になってがっつり遊びたいっっ!と思う時はそうして、
いやー…今日はちょっと勘弁…って日は絵本1冊程度で
あとは全くテレビ任せ、なんて惨状もよくあります…(^^ゞ
まだまだ理想の状態にはほど遠いですね…(汗)


あ、細かい話ですが。


シュタイナー教育では、厳密には絵本もNGなのだとか!
これ知ってました?ちょっとびっくりですよね。
だからシュタイナーでは絵本の代わりに素話の語り聞かせ
(何も見せずにただお話を語って聞かせる)をするのだそうです。


とはいえ、いきなり素話を流ちょうに語り聞かせるのは
やっぱり普通の人にはちょっと難しいですし、
絵本には絵本独自の良さがあるわけだから、いたちむらとしては
絵本もたくさん活用したらいいのではないかな~と思います。
シュタイナー専門家の方達でも、絵本の良さを語っている人がいます。


この本には他にも、予防接種に関するシュタイナー医学的見地からの話、
ペダゴジカルストーリー、4つの気質など、興味深いお話がいっぱいです。
機会があったら一度ぜひ読んでみてほしい一冊です☆
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:シュタイナー育児 - ジャンル:育児

「家庭でできるシュタイナーの幼児教育」をきっかけに 前編




この夏、ブログ仲間のカッコーさんの記事に導かれ、
子安美知子さんの「ミュンヘンの小学生」を読んで以来、
シュタイナー教育の面白さにすっかり取り憑かれたいたちむらですが、
先日、図書館でやっと予約の順番が回ってきて読むことが出来た
こちらの本が、なかなかのヒットだったんです。


家庭でできるシュタイナーの幼児教育」(ほんの木)


いや~、それにしてもシュタイナー教育(特に幼児教育)の本は
今どきのお母さん達に大人気のようですね。
図書館で借りようと思っても、モノによっては予約人数が38人とか!
びっくりです。実際、何ヶ月も待っても、なかなか回ってきません。
それだけ注目を集めているということなんでしょうか。


で、この今日の本。


一言で言うと、とっても実践的なお話が数多く詰まっていて、
情報量が多いというか、読み応えがあるんですよ。


一般的な0-7歳向けのシュタイナー教育の本だと、
例えばこの辺り(↓)の本なんかは概要というかダイジェストというか、
ざっとおおまかなことを知るとか雰囲気をつかむのにはいいんですが、
一通りのことを知ったその後、という時には今ひとつ物足りなくて。


  


それに対して、今日紹介するこちらの本は、
シュタイナー教育にあらゆる立場から関わる専門家の方達の原稿を
多数集めているために、より詳しい話が様々聞ける感じでして。
その分、いろいろなことを考えさせられました。


何より、一番印象深かったのが。


生活のリズムをつくることがしつけ、という考え方。
これは複数の寄稿者の方が本の中で言っていることなんですが、
毎日の生活のリズムを親がしっかり整えてあげる、これは幼児教育の
最も基本的かつ最大の課題だということなんですよね。


0-7歳の子供の成長課題は、体をつくること。
そしてその体を動かす意志を育てること。
そのためには、それらを十分に発達させる生活のリズムを
きちんと整えてやるのが親の仕事であり、しつけなわけなんですね。


うん。分かっちゃいるけど。


まだまだ全然それが出来てないのが我が家であります(-_-;)
仕事から戻り、お迎えを済ませて帰ってくれば7時です。
それからご飯のしたくなどの家事をして、晩ご飯にありつけるのが8時。
その後、寝ないハゼさんと一緒にテレビ(←これもまた…)を見たり遊んだり。
ダンナくんが帰宅、もう寝ないと~、と着替えや歯みがきを始めるのが11時。
んでもって、みんなが眠りに落ちるのは12時ちょい前ですよ。


ハゼさん、これでもずいぶん早く寝てくれるようになりました。
でも、パパもママも揃ってないと、眠らないんです。
夜遅くなってくると眠そうにする、とかいうならまだしも、
むしろ夜が更けるにつれてテンション高まり、踊り出すタイプ…
パパ帰ってくると、さらに加速です…(-ω-;)


ちなみに朝はいつも7時に起きてきます。
なぜ眠くないんだ~?と思うのですが、たぶん保育園の昼寝で
しっかり元を取っちゃってるみたいなんですよね~。


まあ、これはこれで一つのリズム?と開き直りたくなる
ダメ母いたちですが、そんなんではいけませんよねっっ
だいたい休日、疲れが出ると全員で寝坊しちゃったりしますし…
リズム…全然出来てないですね…(/Д\*)お恥ずかしい…


しかし、この本は言います。


リズムを作る、という言葉の中には、子供は子供の生活リズムを持ち、
それは大人のものとは違ったパターンである、という意味も含まれています。
つまり、大人が子供と一緒に寝てしまうのは、むしろNGということ。
ある程度の年齢になったら、子供には一人で寝てもらう
そして大人は子供が寝た後、自分自身の時間を持つ


そのためには、着替えや身支度などを、いつも決まった手順で行うこと。
子供が寝る前に絵本を読んだり子守歌を歌うなど、親子独自の
「就寝の儀式」を決めて、毎日必ず同じ時間に、同じようにすること。
そうすることで、どんな子でも一人で眠るようになるというのです。


「完全に眠らすことは親の仕事ではない、それは天使の仕事。
天使が子供を眠りの世界へ連れて行ってくれる、
そう思えるのであれば必ず親はそこで手が引ける」



この内容には、まさに価値観をひっくり返されました。
本当にうちのハゼ子でもそんなことが出来るようになるのでしょうか。
でも、もし本当にそうなれるのなら、それは親にとってのみならず、
子供にとっても最も理想的な状態であるわけです。


いくら寝ない子ハゼさんだって、やっぱり本当なら
せめて午後10時、欲を言えば9時半には眠るのが本来あるべき姿です。
そうすれば、いたちむらだって自分の時間、夫婦の時間も出来る。
子供にとっても大人にとってもストレスの少ない、健全な生活リズム…!
今までは遠い遠い夢とばかり思っていたけれど…( ̄人 ̄)


そこで、ですね。


いたちむらはダンナくんと話し合いました。
今までとは180度違うこの生活スタイル。
もちろん完璧にその通り、とはいかないまでも、
ダメ元で少しでもトライしてみる価値はあるかもしれない。


本にはこんな例が書かれていました。
朝どうしても早く起きられず、毎日幼稚園に遅刻してしまう子に、
「○歳のお誕生日が来たら、9時にはおうちを出るから、
それまでに起きて朝ご飯を食べようね」と約束する。


これをうちのバージョンに当てはめてみると、
「来年の1月1日になってお正月が来たら、夜は一人で寝ようね。
ママが絵本を読んであげたら、バイバイって眠るんだよ」
と、
断乳の時と同じく、前々から話し聞かせて約束し、実行にうつる。
そして、いったん始めたら、毎日必ず同じリズムで生活させて
あげられるように、親も最大限の努力をする。


う~ん、壮大な目標だ…( ̄~ ̄;)


出来るんかいな?私なんかに…と今からすでに自信がありませんが、
一応来年から、という設定でこの目標にトライしてみようと思います。
後日、進捗状況をまた報告しますので、どうか皆さん見守ってやって下さい。


この本にも書かれていましたが、シュタイナー教育の本質って、
オイリュトミーやにじみ絵、ペンタトニックのような
特殊な技法やおもちゃで遊ぶことではないんですよね、当然ながら。
今は体をつくる時期だ、とか、感情を育てる時期だとか、
その子それぞれが今いる成長過程を正しく見極めて、
その時に子供が必要とするサポートを親がほどこしていく、
それを正しく導いてくれるのが、シュタイナーの考え方なんですよね。


そんな根本的なことを、この本を読んで考えさせられました。
まだ実行にはうつせていませんが


長くなったので、今日はこの辺で~ε-(/・ω・)/
後編は、テレビについてのお話を中心に書こうと思います。
シュタイナーではNGのテレビですが、「超」がつくほどのテレビっ子、
いたちむらには、これまた大きな変革が迫られるわけでして…
そんなダメ母のシュタイナー教育挑戦記、後半も乞うご期待~☆
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:シュタイナー育児 - ジャンル:育児

どうする?産後の尿漏れ その2

産後3ヶ月目にして発覚した尿漏れ、通称にょろりん(笑)
葛根湯の処方と、日常の骨盤底筋運動を勧められた私でしたが、
薬はともかく、運動の方には正直あまり身が入らず…
そして、1ヶ月経っても変わりばえしない症状に焦りを感じ始め…
(前回のお話、産後の尿漏れ その1はこちら~!)


そんな時、気になったのが。


ある日鏡を通してふと目に入った自分の下半身。
(げっっっっ!!なんだ、このでかいケツは…)Σ( ̄Д ̄;)
と、心の中の私が思わずうなりました。
骨盤は産後6ヶ月間をかけてゆっくりと閉じていき、
妊娠前の大きさに戻っていくというのは知っていました。
でもその時点で、いたちむら、産後4ヶ月…。


そういえば、産後わりとすぐに履こうとしてみたものの
全然ダメだったボトムスがあったけど、あれはまだダメなのかな…?
ほっぽらかされていたそのボトムスを再度試してみました。
…相変わらず全然ダメです…(TДT) 何しろ腰がおさまりません…


お肉があるせいで入らないのではありません。
そういう場合は普通、ファスナーが閉められないとかじゃないですか。
ではなくて、そもそもお尻の部分がまるっきり入っていかない。
明らかに、骨盤の幅が邪魔しているのです。


私の骨盤、閉じてない…??( ̄ロ ̄;)


実は、そのことについては思い当たるふしがありました。
産後って皆さん、骨盤の下をさらしで締めますよね?
いたちむらも産院でそのさらしを頂き、締め方も教わりました。
でも、あれってどーしても面倒で窮屈じゃありませんか?
トイレのたびに締め直さなきゃならないし。


そんな浅はかな理由で、私はこれを産後2週間程しか真面目に使わず。
しかも、ウエストニッパーなどの部類も、実は一切使いませんでした…
だってとにかく窮屈なんだもん…(^ω^;)
しかし、その時のツケが産後4ヶ月にして表面化しました…


考えると、産後の体重も、一応徐々に減ってきているとはいえ、
妊娠前の状態にはまだまだほど遠く、そのまま停滞気味でした。
ひょっとして、広がって緩んだまんまの骨盤の中に、
どんどん無駄なぜい肉が住み込み始めている??
住まいが広がった分だけさらに住人が増員されてる感が…(汗)
このまま私の骨盤住宅の増築、そして住人の詰め込みを許していては、
オバハンのデカケツへの道まっしぐらではありませんかっっ!!


しかも、そのことを裏付けていたのが。


何か、出産をピークにして、顔もでかくなった気が…
肉がたっぷりついてるのとは違うんです。
えらが張るっていうんですかね?骨格そのものが広がってるような…
それもそのはずですよ。骨盤が広がっている時は、
あごの関節もちゃんと一緒に広がってるんですから。





この話は、「かわいいからだ」で整体の専門家、寺門先生が
書かれているのを独身の頃に読んで、なるほどなぁ~と思ったのですが、
骨盤は毎月生理のリズムとともに、ゆっくりと
開いたり閉じたりを繰り返しているのだそうです。
それと同時に、他の骨格や体の部分も、開いたり閉じたり。
締まったり膨張したり。まるで呼吸をしているようです。


排卵の頃は、骨盤も締まって体全体がすっきりし、ピチピチ元気♪
逆に生理がくると骨盤が開いて体もど~んとお休みモード。。
これを繰り返して、女の人の体はバランスをとっているのですね。


ということは、出産はそれがもっと大きな規模で起こる時。
過去最大限に開いた骨盤が、6ヶ月もの時間をかけて戻るのも納得です。
当然、骨盤が開きっぱなしなら顔もでかいまま…(T△T)
そんなところへ尿漏れ。そしてぜい肉さん増員の予感…。
このままでは、私の下半身、前代未聞のぐだぐだですっっっ


まずはこの骨盤を締めないと…。


相変わらず遅咲きです(;ーωーA
産後4ヶ月にしてこんな基本的なことに立ち返るとはお恥ずかしい…
そこで私はAクリニックでお世話になった助産師さんが
訪問で骨盤調整とトコちゃんベルトの試着をしていることを知り、
すぐに我が家へやって来てもらいました。





そう、骨盤を締めると言えば、トコちゃんベルト。略してトコベル。
これは前述の産後のさらしと同じ要領で骨盤の下を締めてくれます。
さらしと違って便利なのは、強力マジック開閉式なので、
外出先でも日々のトイレでも、着脱がとっても簡単です。
まあ、相変わらずこういううっとおしいものを付けたくない
いたちむらではありましたが、そうも言っていられぬ緊急事態。
観念してしばらくこれを真面目に使ってみることにしました。


訪問してくれた助産師のEさんはとっても楽しい人で、
いろいろな産後の悩みにユーモアたっぷりで答えてくれました。
ハゼさんが寝ないし、泣きやまないしで困っている、と話したら、
「確かにこの子、ガチガチに緊張してるわねぇ…
赤ちゃんなのにすごい肩凝ってる~」とハゼさんの肩をもむEさん。
真偽はともかく、「赤ちゃんが肩凝ってる」の一言には何かウケました(´艸`*)


しかし、その後。


産後鬱の再診も兼ねてAクリニックへ行き、尿漏れの経過を話すと、
やっぱり骨盤底筋運動がカギだと強調するA先生。


「トコベルはねぇ…骨盤の戻りにはもちろんいいんだろうけど、
尿漏れそのものの解決にはなってないからね~」



やっぱそうですか~…(ーωー;)


いたちむらの尿漏れ解決への道は、まだまだ続くのでした…
と、まあこんなところで、続きはまた次回~


         


ところで前回、尿漏れ話を始めたら、
いつもコメントをくれる方から面白い情報を頂きまして。




骨盤調整 ペルヴィス・ダンスですってよ、奥さんっっ
いたちむら、シモの締まった女になるために、本日こちら購入しました~☆
(たまたまamazonで送料込みで1/4以下の値段で売ってたので♪)


もともといたちむらはフラメンコとか踊りが好きなんで、
せっかくワークアウトするならそういう楽しい要素が欲しいんですよね~
こちらの写真のKYO先生の腰回り、骨盤調整のカリスマ講師というわりには
妙にデカいような気がしてなりませんが(^^;)
まあ、そんなムダ口をたたいてないで、さっさと頑張りまっす!
やすちゃん、ありがとね~
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:産後の体 - ジャンル:育児

ホームベーカリーだから美味しい! 卵・乳製品・砂糖ゼロのしあわせ焼きたてパン(濱田美里)




タイトルが長くなってしまいましたが、最近いたちむらが
図書館で見つけたレシピ本の中でもイチオシの一冊、
それがこちら、料理研究家の濱田美里さんの
ホームベーカリーだから美味しい!
卵・乳製品・砂糖ゼロのしあわせ焼きたてパン
」なのです~。


まずね。


なんといってもホームベーカリー用のレシピだってのがツボ。
以前お話しした通り、いたち家では結婚当初にダンナくんの希望で
パナソニックのホームベーカリーを購入して以来、愛用してますが、
そのホームベーカリー【だからこそ】美味しい!というレシピ本、
ラクしてうまいもんが食べたいという我が家にドンピシャです☆


ちなみに、知ってます?


新型インフルエンザが春頃いちはやく流行した関西地域のアンケートでは、
子供のいる家庭で家族がインフルにかかって一番重宝したものの
トップ1がホームベーカリーだったとか。
外出・買い物が出来ない中で、家で作れる焼きたてのパンは
そりゃあもうありがたかったのでしょうね~(*´∀`*)


しかも、このレシピ本のすごいところは、
卵・乳製品・砂糖ゼロで作れちゃうってとこ!
たとえばパン作りに欠かせないバターやスキムミルク、これ不要です。
そしてお砂糖も、メープルシロップやはちみつの甘味で代用。
出来上がりの甘さは本当にシンプルで自然です。


この材料で出来たパンは、当然ながらとってもヘルシーです。
やっぱりこのレシピを一番おすすめしたいのは、
母乳育児中でバターやお砂糖なんかが気になるお母さん。
パン食はどうしても母乳に響きやすいから、食べたいけれども
食べないで我慢してる、って方も多いのではないでしょうか。
ちょっと洋物を食べただけですぐ詰まる!というママには朗報です!


レシピも話題の「米粉パン」や「しっとりごはん入りパン(!)」など
体に優しいパンはもちろん、「りんご入りシナモンレーズンパン」とか
「レモン風味のアーモンドパン」など甘み系も充実していますし、
「全粒ライ麦ビールパン」、「コーン入り粗挽きこしょうパン」など、
うわぁ…おいしそう(´ω`○)とよだれが出て来そうなメニューがぎっしり。


当然ながら、離乳期の小さなお子さんにも安心♪
「しっとりごはんパン」とか材料がシンプルなものだったら、
かなり月齢の小さな赤ちゃんでも安心してトライ出来ますよね。
ただし1歳未満のお子さんの場合、はちみつ入りのレシピは避けて下さいね。


で、そんなレシピを参考に。


焼いてみましたよ~。こちらは「玄米粉パン」です。


komekopan.jpg


玄米粉はやっぱり元がお米ですから、しっとり感があるのでしょうか、
本来ならパンに必要な油分(バターやサラダ油)を入れないレシピです。
むっちりとしていつつも、さわやかでしつこくなく、
歯触りがとても軽快なパンでした~。


そして、こちらが「よもぎパン」


yomogipan.jpg


すっごい色でしょ?でも、とっても簡単なんですよ。
このパンのレシピは、その後追加で借りてきたこちらの本、
ホームベーカリーだからカンタン!
黄金の配合率でつくるはじめての天然酵母パン
」からのものです♪





本にも書かれていましたが、まさに和菓子みたいな感じです。
色鮮やかさでまず楽しみ、味や風味で二度楽しみ…(´艸`*)
なかなかおすすめのレシピです。
ちなみによもぎ粉は、こちらのオーサワジャパンの
よもぎ粉末を近くの自然食品店で買ってきました。





後で分かったんですが、普通のドライイーストメニューでも
よもぎ粉を6gほど足すだけでよもぎパン作れちゃいます♪
もちろん、風味や味はまた違った感じですけどね、でも手軽です。


そして、たった今焼けたばかりのパンがこちら~!


applecinnamicpan.jpg


何か、ただの平凡なレーズンパンに見えますが(汗)、
こちら「りんご入りシナモンレーズンパン」です。
今日のふくらみはかなり良好で、もちもちして美味でした!
レシピでは、りんごは皮付きで使うことになってるんですけど、
何かワックスが気になって皮をむいて使ったために、
見た目にりんごが入っている感じに見えないのが残念です…


と、まあいいことづくしのレシピですが。


いくつかこの本の欠点を挙げるとするなら、
まず一つは材料の分量表示が全てグラム(g)表示になっていること。
しかも6gとか14gとか、めちゃくちゃ細かい分量なんです。
この本の前提では、計量は1gの単位まで正確に測れる
電子スケールなんかを利用して作るのをおすすめしてるんですが、
うちにはそんなお道具はございませ~ん。


しかし、パン作りには正確さが要求されます( ̄~ ̄)
材料の分量バランス、温度など、全てパンの膨らみに影響します。
家にある普通の料理用のはかりでこの6gとか14gとかを量っても、
やっぱりどーしたって正確には量れないんですよね。
そうすると、今日はあんまりふくらまなかったな…なんてことも。
出来れば小さじ、大さじ表示をしてほしかったです。
特にメープルシロップやはちみつなんかは量りにくいったらありません。


それからもう一つですが、卵・乳製品・砂糖ゼロの本の方は、
天然酵母にホシノ天然酵母白神こだま酵母を使ってるんですね。
ホシノの方はホームベーカリーの方でも推奨の酵母なので、
あんまり失敗はないんですけど、問題は白神こだまの方。
こっちは時々失敗します(^^;)パンがあんまりふくらまないことが…
成功しても、何かこじんまりした大きさなんですよね(笑)


白神こだま酵母は、最近いろんなパン屋さんで使われてて、
とっても美味だという印象があるので、正直期待してたんですけど、
何か自分で使ってみるとけっこう難しいなぁと思いました。
特に予約コースで夜用意して朝焼けるようなパターンだと、
ねかしている間に冷えてしまう?のか、せっかく生種起こした時は
かなりモコモコに増えているのに、その後活性化しないみたいです。


とはいえ、その都度その都度ですぐに生種に起こすことが出来て、
ホシノと違って、生種を冷蔵庫に入れて保存して、早く使い切る
という必要もないので、手軽なことは確かなんですけどね~
白神こだまのコツを知ってる方はぜひ教えて下さい。


あ、そうそう。


この本では成形パンのレシピも充実してるのが魅力です。
わぁ…これも作りたい、これも…とさらに夢ふくらみます
いつかハゼさんと一緒に好きな形のパンを作ったり、
おうちで本格的なカンパーニュを焼いてみたいなぁ…と思う今日この頃。
作ったらまたこちらで報告しますね~(´艸`*)
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:離乳食・幼児食メニュー - ジャンル:育児

どうする?産後の尿漏れ その1

ついにこの話題に触れる時がやってまいりました…。
ええ、産後の尿漏れ、でありますっっ( ̄~ ̄;)


ものの統計によれば、お産を経験した女性の約半数が、
産前や産後に尿漏れを経験するのだそう。
みなさんはいかがでしたか?
いたちむらはみごとになりましたよ、産前、産後とも…(T△T)


尿漏れは、骨盤の中のいろいろな臓器を支えている骨盤底筋が
妊娠・出産を通して緩んだり変形したりして起こる病気です。
この骨盤底筋、実は女性にとって大切な筋肉の一つ。
若いうちはもちろんのこと、たとえ年取った後でも、
シモが緩くなった女?なんて、やっぱ哀しいじゃないですか。


たかが尿漏れ、されど尿漏れ。


不便だとか恥ずかしいだけでは済まされない尿漏れのこと、
恥を捨てさり、いたちむらの実体験をここでお話しようと思います。
今まさにお悩み中のお母さんの参考になれば幸いです。


              


いたちむらの場合、産前の尿漏れはごく軽いものでした。
臨月の最後の方で、お腹のハゼさんがもうだいぶ重く感じられ、
それでもせっせとお散歩に行っていた頃のこと。


2~3時間も歩き続けるとさすがに最後の方は疲れてきます。
そんな時にちょうどくしゃみなんかをした場合や、
おしっこを我慢しつつ歩き続けるとほんの少し出る感じ。
まあ、中に人が入ってるんだから今はしょうがないよね、
と、あまり気にしていませんでした。


そしてお産も終わって、「お腹の重し」がとれてからは
それまでの産前の尿漏れからもすっかり解放されました。
逆に尿が出にくくなったりするとかいう問題もなく、
しばらくは尿の問題とは無関係に生きていたのでした。


それが、産後3ヶ月目のある日。


ヤツは、突然やって来たのであります。
それも、産前のそれとは全く様子が違った感じでした。
産前のは明らかにお腹の赤ちゃんに圧されてはみ出す感じ。
これを専門的には「腹圧性尿失禁」というのだそうです。


しかし、産後のそれは違いました。
別にトイレにすごく行きたいわけでもないのに、
ただ静かに座っている時に、にょろりん…と出てくる…( ̄ー ̄;)
授乳中とか、ぼけっと座っている時に多かったと思います。


もちろん、そんなのと同時に、走ったりジャンプしたり、
激しい動きをした場合なんかにも漏れることもありました。
そしてくしゃみをすれば産前と同じように漏れるようになり。
まあ、こういうのはまだ分かるんですよ、「あ、腹圧性だな」って。
でも、座っている時ににょろりん…ていうのにはさすがに驚きます。
私の体、どうしちゃったんだ??と焦るわけですよ。


てなわけで、まずはともかくAクリニック。


いたちむらがお産でお世話になったA先生のところへ。
ここ最近我が身に起こった症状を話すと。


「うん、尿漏れだね」


みごとに尿漏れ認定が下されました…(-_-;)
そうですよね、やっぱりそうですよね…
でもにょろりん、ですよ?こんな尿漏れってあるんですか?
しかももう産後3ヶ月も経った今になって…としつこく食い下がる私。


そこはさすがのA先生、産後の女性のことは手に取るようにわかります。
「うん、そんな尿漏れもあるんだよ」
と至ってさわやかな笑顔を返されたのでした…。


で、処方されたのは。


何と漢方の葛根湯
これが産後の尿漏れの定番なのだとか。
体を温めるからなんでしょうかね?
ちなみに、その同じ日に私は「産後鬱」とも診断されたため、
同じく漢方の女神散を一緒に飲むことになりました。


あとは骨盤底筋運動ですね。
これはネットで調べて自分で積極的にやるように言われました。


しか~し。


いたちむらは正直尿漏れを相当なめてかかっていました。
漢方薬はもちろん言われた通りに毎日飲んでいたものの、
実は、骨盤底筋運動の方はほとんど真面目にやっていなかったのです…
言い訳をさせてもらえるなら、寝ないハゼに相変わらず振り回され、
自分の体ときちんと向き合う気力がなかったというのは確かです。
とはいえ、薬飲んでればまあいっか、的な安易な気持ちもありました。


その結果。


1ヶ月経って、処方された薬が飲み終わった頃になっても、
ほとんど症状は良くなったとも悪くなったとも言えない状況でした。


「ちゃんと骨盤底筋運動してる?」


とA先生に聞かれて、いえ…あの…と思わず小さくなるいたち(-_-;)
やっぱ重要なのは運動の方なんですよね…わかっちゃいるけどさ~


しかし、ことの重要さを本当に理解したのは、その後尿漏れとは
直接はつながりのない、ある事実に気付いた時のことだったのです。
今日も長くなりましたので、そのお話はまた次回~ε-(/・ω・)/
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:産後の体 - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年12月
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。