ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

お受験しました 後編

というわけで、続きです。
「お受験しました 前編」はこちら!


私立小学校の入学は確かにお金がかかるし、受験準備も相当の尽力が必要です。
ただ、何度も言うようですが、西に地縁のない我が家にとって、
引っ越しや転職をして新しい基盤を築くのにも相当のお金がかかることで、
場合によっては存続不可能な状態を作ってしまう危険もありました。
特にダンナくんは一家の大黒柱で経済観念も強いので、
その辺りを一番心配していました。


なので、状況次第ではこれが理想の形とは言えなくなる日が来るかも
しれないけれど、現時点でベターな方法を選ぶという意味で
この選択に落ち着いたというわけです。
つまり、「これで安心」とか「これがゴール」ということではなく、
今、放射能を気にしている誰もがそうだとは思いますが、
今後もアンテナを張り続け、状況をよく観察しながら子供を
守っていかなければならないという意味で、今までと同じです。


それと、ツイッターなど、いろいろなネット情報を見ていると、
「東京はもう子供が住める場所ではない」とよく言われていますが、
一括りに「東京」というのはずいぶん乱暴だと以前から思っていました。
同じ東京でも大きく東と西ではやはり降下量自体が違いますし、
同じ区内、市内を見ても、ホットスポットがまだら状に点在していて、
○○市だから安全とか○○区は危険とか言うのは大ざっぱだと思います。
しかも都内はがれきの処理もまだまだ続き、今後も注視が必要です。
自分達の生活圏をつぶさに線量計で計測し、必要に応じて土壌調査も行い、
それで各自が判断することが一番大切だと思います。


また、受験準備のことですが、一般的には私立小受験というと、
年中の頃から幼児教室に通い、膨大な費用と手間暇がかかるものですが、
我が家はそういう経済的・時間的余裕もなかったために、
市販されている教材を使って、家庭での学習で準備をしました。
もちろん私自身、公立の出身で、私立受験の「し」の字も知りませんから、
ものの本を図書館で大量に借りてきて徹底的に情報収集をしました。


最初は「お弁当ならどこの学校でもいい」くらいに考えていたのが、
やはりその世界に足を踏み入れると、いろいろ欲が出てくるものですね。
もちろん放射能対策という条件は外さずに志望校選びをしましたが、
見学をしているうちに「この学校に入れたら我が子はどんなにいいだろうか」
と思える学校に出会いました。
独自の教育理念があり、とても面白い6年間を過ごせそうなところです。
私自身が「この学校に通えていたら良かったのに」と思うほどの学校でした。
いつ足を運んでも何とも言えぬ良い「気」が漂っていて、
ぜひご縁があってくれたら、と思い続けていました。


もちろん試験は難しく、お教室に通っていても合格できないこともある学校です。
我が家は準備のほぼ全てを家庭でやって来ましたが、
やはり場慣れという意味でも、年に何度か開催される模試には参加しました。
結果はまったく芳しくありませんでした。
準備も6月の説明会を聞きに行ってからで、スタートが遅かったのもあります。
9月の末に至ってもやっぱり順位はまだまだだったけれど、
それでもペーパーの出来が着実に上がっているのが分かりました。


高嶺の花とは分かっていても、やっぱりその学校への強い憧れが止まず、
ハゼ子自身も「あの学校へ行きたい!」と言っていたのもあり、
その小さな希望をくじきたくないという一心で、
10月はもう髪を振り乱して最後の総仕上げにと奔走しました。
何度も何度も「ダメかもしれない」という思いがよぎりました。
11月の考査前には親子面接があり、今にも失神しそうなほどに
緊張しながらも何とか力を出し切ってきました。


そんな中での合格。


本当に、本当に嬉しかったです。
試験当日の出来も、子供に聞いても何ともとらえどころがなく、
正直厳しいかもしれない、と密かに悲観していたのですが、
まさにこれこそご縁がいただけたということなのだと思っています。


そんなわけでこの数ヶ月は、放射能のこともほとんど忘れていました。
(もちろん、対策はきちんとしていますが ^^;)
それくらい無我夢中になってやってきました。
きっかけは放射能ではあったけれども、単に被曝対策ということだけでなく、
この学校に通うことでハゼ子の人生にとっていろいろな意味で
プラスになるのではないかという予感がして、ワクワクしています。


子供を放射能から守る方法には、家族それぞれに違った形があると思います。
西に地縁がある人なら、やっぱりそちらに移住されるのが一番だし、
給食そっくり弁当を毎日続けるのも素晴らしい愛情の形だと思います。
私の知人には、行政と交渉して立派に思いを遂げる勇気ある人達もいます。
それぞれに、自分に合った、自分らしいやり方があって、
それを見つけるのに今みんなが試行錯誤しているのかなと感じます。
我が家の場合は、学校や行政など外的な要因に期待するのが苦手です。
なので、自分達の手で何とかできる方法を選んだのです。


放射能って、「雨」に似ているなぁって思います。
今、外には目に見えない「雨」が降っています。
公立の学校や園では、「雨など降っていないですよ」と言って、
窓を開けたまま授業をしています。給食にも雨が入り込んでいます。
でも目に見えないので誰も何もおかしいと気づきません。


気づいている家庭の子供が、外をレインコートと傘を差して歩き、
教室の中に入っても傘を差して授業を受けています。
みんな、何で部屋の中で傘さしてんの?と不思議に思います。
時にはそれがいじめなど、悲しい人間関係に発展するかもしれません。
少なくとも、室内で傘を差して授業を受ける我が子はきゅうくつです。


理想は、そんな雨など降っていない場所へ移住することですが、
現状、なかなかそうもいきません。
それだったら、雨が教室に入り込まないように、言われなくても
ちゃんと窓を閉めてくれる学校に行った方がいいのかなと思うのです。
そうすれば、室内で傘を差すたった一人の子にならずにすむんです。
みんなにとって、それぞれに一番いい形が見つかりますように。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

お受験しました 前編

ずいぶん長いこと、更新が滞ってしまいました。
実は、4月にオーストラリアでの一時疎開から帰国して以来、
この状況下でどうやったら子供を被曝から守ることが出来るか
いろいろと悩み考えた末、お弁当の私立小学校を受験することを
一つの選択肢として考え、今日までやって来ました。
そして今月、無事第一志望の学校にご縁をいただきました。


ハゼ子は来年の4月から小学校に上がります。
家からすぐの公立小学校はもちろん給食制です。
被曝対策でお弁当を持ってきている児童もいるそうですが、
全校で1人かそこらのごく少数派です。
学校の先生からも話を聞きましたが、一人お弁当箱を広げて
お昼を食べることになるそうで、気苦労も多いように思われました。


保育園の頃であれば、どうしても食べさせたくないメニューの日は
休ませるなり早退させるなりで何とか対応してこれたのですが、
学校ではそんなことはしていられません。
それに食の問題だけでなく、校庭での体育やプールなど屋外での活動や
社会見学に修学旅行などのイベントもいちいち心配です。
そのたびに先生方や行政とああだこうだと押し問答をする学校生活は
親だけでなく子供にとってもストレスフルだろうと感じました。


これを回避するために、帰国後、家族でいろいろな策を考えました。
一つは、もちろん海外移住すること。
これは今でもあきらめたわけではなく、一つの理想の形ではあるのですが、
やっぱり現状すぐには難しいということになりました。


そしてもう一つは国内で、西へと移住すること。
しかし、我が家には関東甲信越以西にまったく地縁がありません。
仕事も家も新しく探し、生活基盤を一から立ち上げることになれば、
相当な移住費用がかかるだけでなく、失敗するリスクも大きいです。


しかも、食べ物は全国に流通し、がれき受け入れの心配も尽きません。
公立小学校へ行けば当然給食で、いくら地元食材が多用されるとはいえ、
海産物や加工品など、関東のものが出回りやすい素材も多くあるようです。
移住しても結局そっくり弁当を作ることになる話もよく聞きます。
何にせよ、とにかく我が家には初めての土地ですから、右も左も分からず、
かえって産地偽装も見破れずに失敗することだって考えられます。


母子のみ西で生活する場合も同様で、二重生活の費用負担は大きいです。
それに、ハゼ子はパパなしでは生きられないほどパパ命です。
オーストラリアでも毎晩パパを思って涙しながら寝付き、帰国して
再会した時には「もう絶対に離れない!」と言っていました(笑)


悲観的なことばかり書いてしまいましたが、
それでも一つ一つを選択肢として真剣に検討し、諸々調べました。
悩んだ末に、我が家では東京でお弁当の私立小学校を受験する路線を考え、
結局その方法が一番サステナブルだと判断し、準備をしていきました。


私立小受験の準備を進めていくうちに、あることに気づきました。
5〜6月頃に各小学校では学校説明会があり、私達も「ここは」というところを
少しずつ見学していったのですが、校内はどこも線量が低いのです。
私達が見て回ったのは東京の西側にある学校がほとんどなので、
もともと降下量も東に比べたら少ないこともあるのでしょうが、
校内とその近隣の街中で比べると全然違うという学校がほとんどでした。


ハゼ子が入学することになる学校も、運動会などさまざまな行事で
何度もお邪魔してそっと測らせてもらいましたが、校庭のどこを測っても
我が家の室内と同じくらいの線量しか出ず、数値の揺れも見られませんでした。
教頭先生とも放射能の心配についてお話したことがあるのですが、
事故後に計測器を買い、随時線量を測っているが数値は低いとのこと。
思うに、これは最初からそれほど降下していないということではなく、
それなりに降下はあっても学校の対応が早く、お掃除などが行き届いている
おかげで綺麗な状態が保たれているのかなと感じました。
他校ではビオトープの土を全部入れ替え、これまでは食べる野菜を育てていたが
震災以降は観賞用の花の栽培に切り替えたというところもありました。


また、気になる校外学習などの行事にしても、やはり私立小は独自の対応が
可能なおかげで、震災以降すぐに課外活動の行き先が西へと変更になったり、
取りやめにした行事などもあるという話も聞きました。
行政や教育委員会にお伺いを立てずとも、独自の判断で臨機に対応できるのは
やっぱり私立小ならではだなと感じました。


そんなわけで、関東以外に地縁のない我が家の最終手段としては、
お弁当の私立小にお世話になるという方法で今の生活を存続し、
私とダンナくんは一生懸命今の仕事を頑張り、
尿検査など各種検査を怠らずに放射線対策と健康管理を続け、
時々海外へプチ疎開して心と体のデトックスをさせてもらうというのが
この厳しい時代の日本を生き抜く苦肉の策なのかなと思っています。


ちょっと長くなったので、後編へ続きま〜す(^ω^)
「お受験しました 後編」はこちら


にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:放射能対策 - ジャンル:育児

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2012年11月
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。