ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

泣きやまない赤ちゃんをどうあやす? 泣いていいんだよ編・後編

前回は、「泣くことは恥ずかしいことだ」と言われて育った
いたちむらの幼少期の経験をお話させてもらいました。
(前回のお話、泣いていいんだよ編・前編はこちら!


ちなみに、いたちむらは今でも人前で泣くことはない、
というわけではありません。むしろ良く泣く方だと思います。
それはダンナくんと出会ってからで、ダンナくんとハゼさんのいる
自分の家庭の中ではいくらでも安心して泣くことが出来るんです。
そしてやはりまだ両親の前で涙を見せるのは抵抗があります。
例えば、一緒にテレビを見ていて感動に涙腺がゆるんだとしても、
何としてでも涙は出さぬ、とふんばっている。バカですよね。


でもね、さすがに大人になってくるとそう簡単に我慢したり隠したり
出来ることばかりじゃないですよね。大切な人の死とか。いろいろね。
そうすると、両親的には新鮮にうつるらしいんですよ。
「普段泣きもしないお前が泣くなんてよっぽどのことなんだな」
「こんな図太いお前にも繊細なやさしい一面があるんだな」と。
だーかーらー。もともと図太いわけじゃないんだってば。
そう見えるように育てたのはあなたたちでしょっ。ヾ(`Д´)ノ


まあ、とにかくですね。


この点に関しては、どうも私は自分を抑圧して過ごしたようです。
だからといって別に屈折した人生を歩んできたとも思いませんし、
親のせいで自分が苦しんだなどと言いたいわけでもありません。
しかし、ハゼさんが産まれて改めて「泣かせない子育て」に
引き戻された自分が、とてもストレスを感じていたのは確かでした。
楽しみにしていた赤ちゃんと一緒の生活が、こんなに苦しいもの
だったなんて、と子育ての現実に打ちのめされていた頃でした。


で、そんな時にあった、自分を変える出来事。


それは当時通っていた、近所の桶谷式の母乳相談室ででした。
私が桶谷に通っていたのは、母乳のためなのはもちろんですが、
その当時パニック障害の再発と産後うつとで、怖くて一人で
出かけられなかった私が、安心してハゼさんとお出かけできる
数少ない居場所の一つが、この桶谷式の相談室だったのです。
(この辺の話は産後鬱のトンネルを抜けるまで~その1をどぞ)


先生は、よくこんな話をして下さいました。


「どういうわけか、よく泣く赤ちゃんのお母さんは子供の頃、
自分が泣きたくても泣けなかったお母さんが多いのよ。
だからもしもあなたの赤ちゃんが泣いていたら、
小さなあなた自身が泣いてるんだ~と思って、
うんうん、そうだね、そうだね、って抱きしめてあげながら
一緒に、たくさん、たっくさん、泣いてあげればいいのよ」


「泣いていいんだよ」


それまでの私の中の「常識」とは正反対のもの。
そしてそのたった一言が、どんなに私の心を楽にしてくれたことか。
確かにね。最近の気の利いた育児本とかなら、こういう、
「泣いていいんだよ」的な言葉は書かれてたりするかもしれません。
でも、当時の私にとって、目の前に実在する人に
「いっぱい泣いていいんだよ」と声をかけてもらうことが、
凝り固まった心が氷解するかのように、本当に嬉しかった。


とはいえ、家で赤ちゃんと二人っきりの時に泣かれると
さすがにお母さん一人でしんどいことだってありますよね。
先生はそれも察してか、よくこんなふうにも言ってくれました。


「ここでいっぱい泣いていきなさい、
そうすれば家ではすっきりしてニコニコになるから」


そう言いながら、先生や助手の先生がかわるがわる
大泣きするハゼさんをわざと横抱きにして、
(横抱きにすると、抱いている人と赤ちゃんの目が合うので、
たまっているものがある赤ちゃんはよく泣くのだそうです)
あたたかい腕の中で思う存分泣かせてくれたものです。


それ以来、私はずっと心が楽になりました。
よく泣いているハゼさんをどうにかしないとと焦る気持ちも
少なくなり、肩に入った無駄な力が抜けていくようでした。
そんなある日、やはり母と電話をしている時にハゼさんが
「うぇ~っ」とぐずり出すのを聞いてすかさず「泣いてるよ!」。
しかし、私はもう今までとは違いました。


「赤ちゃんなんだから、泣くんだよっ!!」


思わず、電話越しに母に怒鳴っていました。
泣いて何がいけないのか。
別に育児放棄しているわけでもない。
一瞬たりとも泣き声さえ漏らせない生活が、子供にとっても
親にとってもどんなに苦痛か、私は思わず力説していました。


その時、桶谷の先生が話してくれた「泣いている赤ちゃんは、
本当は小さい頃の泣いている自分なんだ」の話を母に話すと、
母は「そうなの。じゃあ十分大切にしてあげなさいよ」と、
特に反論するわけでもなく、ただ静かに笑っていました。
それ以来母は、いちいち口うるさく「泣いてるよ!」と
言ってくることもずいぶんと少なくなりました。
もちろん、相変わらず自分の貫いてきた子育て論は
間違ってないとは思っているようですが…


結局ね。


どっちが間違っているとか、そういうことでもないと思うんです。
母は母の世代の子育てを、精一杯やってきた。
そして今子育てをしている私を見て、手助けしたくて口を出す。
そこに裏打ちされているのは愛情だと信じています。
だから私は、母の育児の仕方を批判するつもりでこの記事を
書いているわけではないですし、かといって、自分の感覚が
間違っているとも思っていません。
私は私の子育てをする、それだけです。


でも以前も書きましたが、泣くことは生理的にも理にかなってる
体と心にとってもいいことなんですよ。
何だかんだと長くなってしまいましたが、
今泣き虫の赤ちゃんをお持ちで、お母さんや義母さんに
「泣かせないのっ!」と言われストレスを感じているお母さん。
いたちむらと一緒に、となえましょ♪


たくさん泣いて、いいんだよ。


関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:育児のコツ - ジャンル:育児

コメント

ん~っ、いいお話だ~。すてきないたちむらさん。
私もテレビを観ながら必死でこらえる女です。だって自由にしてたら、やたら泣くことに。年々。
【2009/01/29 08:37】 URL | どちん #-[ 編集]
どちん子さんっっ。
こらえないでいいのよ、自由にしていいのよ、姉さんっ。
やはり涙腺は年を追うごとにゆるくなっていくものなのかしら?
私は結婚以来ゆるませっぱなし、放出し放題なので、どれくらいしまりがあるのか、よう分からん…
【2009/01/29 20:25】 URL | itachimura #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年01月 28日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 泣きやまない赤ちゃん どうしたら泣きやむの?
  └ 泣きやまない赤ちゃんをどうあやす? 泣いていいんだよ編・後編
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。