ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

人見知りはいつ終わる? その3

前回、「事件は起こりました!」みたいな展開にしておいて、
すっかりこちらのお話がご無沙汰になっててすみませんっっ
そんなわけで、今日は久しぶりに人見知り物語、再開です!


1歳近くなってくると、人見知りのターゲットは
唯一おじいちゃんだけ、となったハゼさん。
会うたびにお互いの間に張りつめた空気が流れ、
ハゼさん自身も、まるで逃げる一歩手前の野良猫のような
あの険しい表情でおじいちゃんを見つめるという日々。
一緒にいる私達もヒヤヒヤで、たまの実家帰りは正直苦痛でした。


そんな時。


ついに記念すべきハゼさん1歳の誕生日がやって来ました。
結局そんなこんなで、誕生日だからといって私達は実家には帰らず、
その代わりに母が、誕生日の前日、仕事が終わってからの夜に
ケーキを持ってちょっとだけ我が家に遊びに寄ってもらうという、
今考えれば、仕事持ちの母にずいぶん負担をかけるような計画でしたが、
当時は初めてのお誕生日ということもあり、そんな予定でした。


しかし、たまたまその日、いたちむらの父は仕事が休みでした。
元々夜は母と一緒に来てもらうつもり(呼ばない訳にはいかないし)
だったので、その上で先方が日中も暇ということになると、
「…じゃあ、お父さん、昼間から来る?」
な~んて展開になるわけでして。


いや、まあね。


ここであえて呼ばない、って手もあるんでしょうけど、
基本的にうちの父は、人と一緒に居たがるというか、
ちょっぴり淋しがり屋さんというか、
来る?って聞くと、…そ、そうか?みたいな感じで
やっぱり嬉しそうなので、つい呼んであげてしまうというか。
もちろん当時は私もいろいろあって複雑な心境だったんで、
よせばいいのに~、な状況かもしれないんですけど、
やっぱり親なんで「来れば?」と普通に声をかけました。


そんなわけで、父は日中、私とハゼさんしかいないところへ
やって来て、実家の畑で取れた野菜をぼんぼんと部屋に置き、
相変わらず怖がるハゼさんを尻目にひとしきり私と話をし、
それから車でハゼ子を近所の公園へ連れて行くことにしました。


出かけた先ではやはり時々私達の子育てに対する苦言を
ぽつりぽつりと出したものの、特別何ということもなく帰り道。
ハゼさんはドライブ中のほんの少しの間だけ昼寝をし、
家に夕方戻って私がご飯の用意をする時には普通に起きてました。


しか~し。


時は夕方
ご飯の準備でいたちむらは抱っこが出来ない
居間にはおじいちゃん


この3つの条件が揃った時、ハゼさんはどうなるか。
当然、おじいちゃんと見つめ合って立ちすくみ、泣きます。
おじいちゃんは素知らぬふりで、居間のソファにどっかと座り、
ハゼさんが泣こうがにらもうが、新聞など読んですましていました。
今考えれば父のこの行動は、父なりの最善を尽くした行動でした。
でも、私は料理をするから抱っこもしてられないし、
手の空いているはずの父は泣いてる赤ちゃんを放っているしで、
そんな状況の中、私は思わず父にNG発言をしてしまったのです。


「お父さんも抱っことかしてあげてくれない?」


この言葉に、父の怒りが爆発しました。
だから抱き癖が付く、お前達の育児は間違ってると言ったろう、
こんなふうに、料理をする間も待っていられないような
子供にしたのはお前の子育てが間違っているからだ、
それなのに何故俺に抱っこしてくれなどと頼むのか、
俺が抱っこしたってそれこそもっと泣くに決まってるだろうが、
(↑この部分は本当にごもっともですが)
と父は怒りにまかせて私を怒鳴りつけました。
当然、ハゼさんもとんだビックリ仰天だったことでしょう。
私はひたすら父に謝り、まあまあと何とかなだめるのに必死でした。
しかし、自分は間違っていないのに、何でこんなに怒鳴られなければ
いけないのだろうという納得のいかない気持ちは確かにありました。


その後、ダンナくんや母が揃うと父もだいぶ落ち着きましたが、
せっかくのハゼさんの誕生日に、父に納得のいかないことで
怒鳴られたことについては理不尽な気持ちが消えませんでした。
私の子育ては間違ってなんかいない。
せめてそこだけは、父に訂正してもらいたい気持ちでした。
そして、いつも何かというとすぐに怒ったりしてばかりの父と、
それにビクビクしている自分が本当にイヤになりました。
こんなにいつもプリプリしていたら、ハゼさんが怖がるのも
全く無理のないことだ、ハゼさんに嫌われるのは父が悪いのだ、
と私は強く思っていました。


すると、何と翌日!


普段だったら絶対に腫れない左のおっぱいが急に腫れました。
別に何か特別、乳腺炎になるようなものを食べたわけでもないし、
第一、いつも食べ物で腫れるのは、私の場合右ばかりでした。
赤くなってこちこちで、もう痛くて痛くてたまりません。
実はその2日前に桶谷に行ったばかりだったのですが、
緊急に先生に電話をし、「あらあら、じゃあ今すぐいらっしゃい」
と言って頂き、その日にすぐ診てもらうことが出来ました。


「いったい何があったの?つい一昨日来たばっかりなのに」
と先生に言われ、かくかくしかじかと昨日のことを話すと、
「これはもう、明らかにストレスが原因の乳腺炎ね」とのこと。
確かにおっぱいは食べ物のせいで詰まることもあるけれど、
それと同じ位、もしくはそれ以上に感情に影響されるものだそう。
例えば義実家に帰省した後のお母さんなどで、やはり同じように
おっぱいに精神的傷を負ってやって来る人は多いのだそうです。


「あなた、間違ってなんかないわよ」
「辛い思いしたわねぇ、大丈夫よ、あなたは間違ってないわ」
先生は何度もそう言いながら一生懸命手技をしてくれました。
私はそんな暖かい手技を受けながら、涙が止まりませんでした。
詰まってしまったおっぱいと一緒に涙もそこで押し出して、
先生達に励まされ、その日はありがたい気持ちで帰宅しました。


それにしても。


父とハゼさんの関係性はいったいどうすれば良くなるのか。
当時の私はそのことに本当に心を痛めていました。
もちろん、子育ての方向性は???な父ではありますが、
私にとっては大切な実の親なわけで、出来ることなら
ハゼさんもおじいちゃん大好き!という日が早く来て欲しい。
しかし、父の方がそういう態度ではいつまで経ってもダメでしょう。


母から父に言ってもらう、という手もあるのかもしれませんが、
実のところ母自身、完全に父が悪いとは思っていないようで、
まあ、母の場合は自分の仕事が忙しいのもあって、あんまり私が
このことを言っても、真面目に取り合ってもらえませんでした。
分かっているのはその程度のことで、あとは時間が解決するとか、
自分達がどうにか出来ることではないと落胆していました。


なるべく会わないように、という感じで時が過ぎていきました。
たまに会っても父は絶対にハゼさんと目を合わさない。
ハゼさんは、赤ちゃんとは思えない鋭い目つきで父を見る。
私達はその間、まさに身の置き所のない気分で過ごしていました。
それにしても、こんな悲しい孫と祖父の関係でいいのか?
いたちむらは自問しつつも、時がただ過ぎるのを見ているだけでした。


と、まあこんなところで今回のお話はおしまい~m(_ _)m
続きも、お暇な~ら~、見てよねっ♪
関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:初めての子育て - ジャンル:育児

コメント

こんにちは。sterntalerです。
今日も禁止ワード探求に挑戦だ!!(ちがうだろっ)

> 確かにおっぱいは食べ物のせいで詰まることもあるけれど、それと同じ位、もしくはそれ以上に感情に影響されるものだそう。
> 例えば義実家に帰省した後のお母さんなどで、やはり同じようにおっぱいに精神的傷を負ってやって来る人は多いのだそうです。

うわあ~~~~母体の神秘ですね~。そういうものなんだあ。
私は母乳挫折組なので乳腺炎なども全く経験がないのですが(ラ・レーチェの本読んで、ランシノーも買って備えてたのにっ!)やはり妊娠出産はメンタルと深い深いかかわりがあるってことなんですよね。
もしかして私の母乳挫折も、やっぱストレス??なんて外部のせいにする私。・・・

> 「あなた、間違ってなんかないわよ」
> 「辛い思いしたわねぇ、大丈夫よ、あなたは間違ってないわ」
> 先生は何度もそう言いながら一生懸命手技をしてくれました。

いい先生でよかったですね。
こういうとき、「あなたは間違ってない」って強く言ってくれる方がいるとほんとに救われますよね。
私も殿下を乳児院に預けてたときの保育士長さんが、とてもいい方で、この間も(クリスマスにカードを贈ったりしてるので)久しぶりに電話で話した時
「お母さん、苦労したものねー」
「ほんとに、よく頑張ってるわよ、病気もあるのに、立派だわよ」
と言ってくださって、思わず泣いてしまいました(ドトールで電話してたのに・・・汗;;)

さあ、禁止ワードは含まれているか!??(しつこい)
【2009/03/24 18:18】 URL | sterntaler #wYAyu/Y2[ 編集]
こんばんわ。
 
ストレスが原因の乳腺炎ってありますよね!
私もストレスも関係あるんだろうなぁっていう乳腺炎が1回ありました。
 
桶谷は本当に母乳+メンタル管理の場所って感じですよね。
通い始める前は、どちらかというと母乳管理道場(!?)みたいのを想像していて、肉・乳製品は間違っても食うべからず!な世界なのかと思ってました。
 
それにしても、
親子で子育て方針が大きく違うと難しい面もありますよね。
うちは私と両親は方針が似ているから良いのですが、
妹と両親が全く違っていて最初の頃は衝突してたみたいです
(妹は放置系、両親は過保護一歩手前系)。
 
私は自分と似ている両親の方針に同調してしまいますが、
正解のないのが子育てですし、
最終的には子供の親が判断するしかないんですよね。
 
でも・・・ちょっとくらい抱っこしてもいい気がするんですけどね・・・?
不思議なものですね。
【2009/03/24 21:54】 URL | たぬきち。 #./3N3shk[ 編集]
sterntalerさん~!!来て下さって嬉しいですっ

> 今日も禁止ワード探求に挑戦だ!!(ちがうだろっ)

わははっっ(爆)
相変わらずお茶目なsterntalerさん(笑)
少し元気になられたみたいで私も嬉しいですっ♪


そうそう、母乳はね、ホントに本当にメンタルに影響されます。
私ね、sterntalerさんが母乳出にくかったっていうのは
絶対にストレスのせいだって思いますよ。
ご実家のお母様には申し訳ないですけど、
あの頃のsterntalerさんのような立場に立たされたら、
本当に誰も母乳がスムーズに出る人なんて皆無だと思いますよ!
そうです、外部の責任ですっ。絶対そうに決まってますっ!

乳児院の保育士長さんもほんとに良い方ですよね~
今のsterntalerさんのおそばにもこういう理解者がいてくれれば…
と願わずにはいられません。
私達ネットのつながりの人間も、気持ちは負けないくらいあるつもり
ですけど、やっぱ生身の人間の温かさにはかないませんしね…

> さあ、禁止ワードは含まれているか!??(しつこい)

ぎゃははっっっ!もうやめて~お腹よじれそう(笑)
【2009/03/25 20:11】 URL | itachimura #-[ 編集]
たぬきち。さんっ!どもですどもです~

たぬきち。さんもありましたか!ストレス性の乳腺炎。
あれって思いがけずガツンと腫れるからもうびっくりですよね。
桶谷は、ごくたまに場所によって当たりはずれもあるみたいですが、
私のお世話になったところはまさに母乳だけにとどまらず
メンタル面でずいぶんと支えられました。
桶谷がなかったら、私の育児はずいぶん違ってたと思います。

ところで、私が以前から通っているヨガ教室で、妊娠が分かって
初めてマタニティクラスに出た時、院長先生が言ったのが、
「人間の学校へようこそ」
って言葉だったんです。子育ては「人間」を学ぶ学校だと。
その時は子供と向き合うことで人間を学ぶのかと思っていたら、
私にとっては、子供との向き合いのみならず、自分の両親との
向き合いっていうのが大きな課題になっていました。
子育てって奥が深いなって思います。

> でも・・・ちょっとくらい抱っこしてもいい気がするんですけどね・・・?
> 不思議なものですね。

そうでしょ。でもその当時、一度ばたつくハゼさんを必死で
抱っこしようとしてた父なんですけどね。
さすがに父も、何度もトライするのは悲しかったのかもしれません。
【2009/03/26 21:43】 URL | itachimura #-[ 編集]
私も17才でママになりました!シングルマザーですが、抱き癖つくから抱っこは極力しない説あたしも誰かしら耳にして最初は"抱きすぎ"していませんでした。しかし!何ヵ月か経ちテレビか何かで"抱っこは愛情、抱き癖がついたっていいの"と言っていました!そっからは抱っこ抱っこしてあげています。私は初育児だったので、色んな人の意見を参考にしていました。しかし、抱っこを必要以上していなかったせいか、私には抱っこ~ともしてきません。ですが、私のおじいちゃん、産まれてすぐから抱っこ抱っこ抱っこひたすら抱っこしてあげてくれていて、おじいちゃんだけ抱っこしてくれる!と認識しているようでおじいちゃん子に育ちつつあります。私は、若かったせいか自分の努力が足りないのか自分の弱さなのか、自分の時間が無かったり、もちろん遊びになんて行けないし、抱き癖の前に泣いても放置してじっと見ているだけ等してしまっていました、本当に時間は取り戻せない。後悔だけが残りました。たくさん話しかけて、たくさん抱っこして、自由にさせてあげること、赤ちゃんにとって一番いいことだと思います。抱き癖は一番の愛情。
【2010/01/26 04:09】 URL | みれいまま #-[ 編集]
みれいままさん、はじめまして♪

17歳でママさんとは!!すごいなぁ~…(´艸`*)
おじいちゃんの協力も素敵です。
抱っこ抱っこでおじいちゃんッ子になってしまうほど
大切にしてくれるなんて、本当にうらやましい…

実は私も母方の祖父には本当によくしてもらって、
かんっっっっっぜんにおじいちゃんッ子だったんですよ。
もちろん、実質の世話や面倒は祖母や母だったんですけど、
おじいちゃんには本当に心から大切にされて
いつもいっつも一緒だった思い出があるので、
亡くなった今でも忘れられないほど大好きだったんです。
きっとみれいままさんのお子さんも、おじいちゃんとの
たくさんのいい思い出に包まれながら育つのでしょうね…☆

うちの父は今でこそ手放しでハゼさんかわいいと言ってくれますが、
この人見知り当時は本当に苦労しました…
みれいままさん、若い時の子育ては良い面も大変な面も
いろいろあるかとは思いますが、何と言っても
素敵なお父様をお持ちでうらやましいです…
小さいときは抱っこしすぎるほど抱っこ、それでいいのですよね。
あの時の私達の感覚は間違ってなかったのかな~と思い、
みれいままさんのコメを読んで嬉しくなりました(>人<)
【2010/01/28 19:04】 URL | itachimura #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年03月 24日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 泣きやまない赤ちゃん 人見知りはいつ終わる?
  └ 人見知りはいつ終わる? その3
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。