ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

いたちむらお産体験記 完結編

陣痛促進剤を施して1時間、あっという間に強くなる
まったく間歇のない陣痛に翻弄されるいたちむら。
もう帝王切開に逃げ込むしかないっっ、と一目散に
究極の逃げ道に走ろうとした私に待ったをかけたのは…
(前回のお話、いたちむらお産体験記 その4はこちら!)


分娩台に上がった時、どうせまだまだお産は進んでいなくて、
先生も様子だけ見たらまた行ってしまうものと思っていたので、
「もう無理なので切って下さい」と真面目にギブアップをお願いして、
何とかこの休みのない陣痛から脱退させてもらうつもりでいました。


まあ、プロレスの試合じゃないんだし、ギブアップも何もないんですが。
しかし、先生の指示によると、このまま分娩に突入…らしい…。
え?先生、いったい今から何時間おつき合い下さるおつもりですか?


と、考える間もなく、またしても痛みの大波がやってきました。
少し背を起こした分娩台の上に横になっているだけの状態ですから、
ベッドにしがみついてセミになっていた時よりも痛みに無防備です。
私はぎゅっと目をつむり、原始の叫びか?ってな絶叫をあげました。


その時です。


「目を開けて僕を見て!!」


先生の声がはっきり聞こえ、私はハッとして目を開けました。
もちろん、目の前には先生の姿があります。先生は言いました。
「目をつぶるとどんどん暗闇の恐怖の中に落ちていってしまうんだよ。
だから、何があっても目を開けて僕を見て。にらみつけても、
怒鳴りつけても、何をしてもいいから、僕をしっかり見て!」


次の痛みの大波が私を乗り越えようとした時、
今度は私はしっかりと目を開け、まっすぐに先生を見ていました。
確かに目をつぶっていた時のような途方もない恐怖はありません。
怒濤のような痛みの中、私は冷静にもこんなことを思っていました。


「こりゃあ、ホレるな…( ̄~ ̄)」


A先生にはホレた、な妊婦さんがいることの意味がよ~く分かりました。
そこからは私はとにかく「俺について来い!」なA先生の指示通りに
もう一度痛みの大波を乗り越えました。


しかし、よく考えると結局、帝王切開による陣痛脱退の逃げ道は
どうやら許されなかったことをその時ようやく理解しまして。
私のような、逃げることだけしか考えてないような人間が、
これから何時間かかるか分からないお産マラソンを最後まで
走り切れるのどうか、だんだん本気で心配になってきました。
そんな私の不安を読み取ったのか、先生が次の指示を出しました。


「よし、じゃあ次の痛みの波が来たら、両手でこのバーを握って、
脚をしっかりふんばって、ぐーっと力を入れてみようか」
すぐにやって来た痛みに乗っかり、私はぐーっと力を入れました。
「いやいや、反り返っちゃダメだよ、頭を僕の方に押し出して、
ボートをこぐ時のように、ぐーっと前傾姿勢で、そうそう!」


それは要するに、いきむということでした。


ええっっっ??もういきんじゃっていいわけ?と思いつつ、
言われた通りにぐーっとボートをこぐように力を入れると、
膣の辺りをぬーーーーーっと何かが進む感触が分かったのです。
ああ、もう赤ちゃんはこんなところまで出て来てくれたんだ…
私はお産マラソンのゴールがいつの間にか目の前にちらついて
きていることを体をもって知り、一気に気分が変わりました。


「うん、子宮口、10cm全開だね。もうすぐ頭が見えるよ」
さっきまで帝王切開という逃げ道に回り込もうとしていた私は、
本来の経膣分娩のゴールが案外ものすごく近くにあることに気付き、
一転して奮起し、目標に向かって突進する気がむくむくと湧きました。
到着点が分かりさえすれば、後はそこへ向かって爆走するのみです。


「オキシトシン、60にして」先生が薬のゲージを上げるよう指示。
痛みはもう描写のしようがないくらいになっていましたが、
それでももうこれまでの不安な陣痛とは違います。
何よりも、自分の体で赤ちゃんが進んでくるのが分かるのですから。


その後何度か赤ちゃんの「ぬーーーーーっ」を下半身に感じた後、
ついに「ほら、さわってごらん、赤ちゃんの頭がもう出ているよ」
と先生に言われました。ダンナくんが促されてそれを目で見て、
私はおそるおそる自分の右手で確認します。


ああ、何か、出そうで出ない、ものすごい便秘みたいだな…。
聞いてはいましたが、いやぁ本当にそんな感じだ…。
ハゼさんには申し訳ありませんが、それがいたちむらの感想でした。
感動もなにもなくて、本当にスイマセン…。


しかし、とにかくとにっっっっかく、もうゴールは近い。
ああ、何はともあれ早く走りきらないと…。
ハゼさん、本当に申し訳ないですが、母はそんなヘタレです。


ゴールも間近な中、先生が言いました。
「あと数回いきめば出てくるけど、もう少しゆっくり産めば
会陰は全く裂けないよ。どうする?頑張ってみる?」
しかし、私の答えはもう決まっていました。


「いっっ、いいですぅぅ、切れても~!!」


そうして私はホントにその後3回程でハゼさんの頭を娩出し、
その後の1回で体を出しました。
頭が出てくる時、肛門側ではなく、尿道側の膣の入り口が
焼けるようにチリチリと熱く感じていました。
今思えばあれが会陰の裂けた感触だったのでしょう。
しかし、肩から先はホントにすんなりと、まるでイカの下足でも
通っていったかのような、にゅるんとした感じだけでした。


陣痛が始まってから3時間、分娩室に入ってから50分。
何とハゼさんはその日の午後3時前には産まれていたのです。
母子手帳にある分娩所要時間、3時間53分。
もちろんそれまでの破水と前駆陣痛の2日間は長かったですが、
いたちむらは驚異の逃げ足の早さでお産マラソンを逃げ切りました(笑)


私自身ももちろん嬉しかったけれど、必死に見守ってくれた
3人の助産師さんも「よかったぁ~よかったぁ~!!」と
喜んでくれました。何かほんっっとに心配だったんでしょうね(汗)


で、最初のハゼさんとの対面。


その時私が思ったのは、「髪、多っっっ!!」ということでした。
産まれた時からハゼさんは、まるで黒いヘルメットでも
かぶったかのような、しっかりとした髪の生え具合で、
誕生の3日後に初めてお風呂に入れて乾かした後は、
うまくカットしたベリーショートのような髪型でした。
その髪の多さは、退院後すぐ専用のくしを買いに走ったほどです。


あと、いたちむらは生まれたての赤ちゃんといったら、
どすぐろい紫の深海魚みたいなのが出てくると思ってたんですが、
酸素もよくいきわたっていたようでほんのりピンクの肌色、
胎脂もなく毛深くもなく(←私自身は胎脂ベッタリの毛深い赤子でした…)
五体満足でちゃんと産まれてきてくれて良かったぁ~と
とにかくホッとしたのでした。


産まれたばかりのハゼさんは、先生の処置が終わるまでの間、
カンガルーケアで私の胸に乗っかっていて、
その間全く泣かず、目を開けて穏やかに周りを見ていました。


お産が終わってまず思ったこと。


まあ、これはよく言われていることですけど、
赤ちゃんがかわいいぃぃ~っっ!!感動~~~っっ!!
っていうのは、正直全然ありませんでした(^^;)


それよりもとにかく何よりもまず湧いてきたのは、
先生や助産師さん、そしてダンナくんに対する感謝の念でした。
産まれた瞬間、私はみんなに「ありがとうございます~っっ」
と、まるで選挙カーに乗った政治家のように叫びまくっていました。
だって、お産から逃げだそうとした妊婦を、
何とかここまで導いて、無事に産ませてくれたわけですから。


胎盤を出し終えて、1cmほど裂けてしまった会陰を先生が
縫いながら、お礼を言う私にこんなふうに返してくれました。
「あの時ホントに僕が切って(帝切して)たら、後になってから
何で下から産ませてくれなかったの!って恨むでしょう、きっと」
そんな話をしながら私達はみんなで笑いました。


同じく、退院する時に先生に言われたことですが、
「実はあの時3人いた助産師がみんなどうなっちゃうんだろう、って
本気で不安になってたみたいなんだけど、僕はちゃんとうまくいく、
って信じていたよ。誰も信じなくなったら何でもダメになるんだ。
だから、自分だけは自分のことを最後まで信じ切らないといけないよ」
ああ、A先生…。私もホレていいですか?


そんなこんなで。


いたちむらのお産は何とか無事に済みました。
破水から始まって促進剤、切って下さい~の大騒ぎなど、
まあとにかく珍道中なお産で私らしいと言えばそうなのですが…。
次回はそんなお産のこぼれ話をして締めくくりたいと思いま~す。
立ち会い出産の話とか、胎盤のこと、促進剤の影響などなど!
続きもまた、読んでね~っっヽ(゚▽゚*)Ξ(*゚▽゚)ノ
関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

いたちむらさん、更新ペース早っ!本当に仕事で疲れてます?(笑)

便秘って気持ちよくわかります。私も出産はメロン大のコロコロ便秘うんちを出すのと一緒だと思いました。

今回の話を読んで、私もA先生に惚れそうになりました(笑)良い先生ですね~私もこんな産院で産みなおしたい・・・ああ、A先生お会いしたい・・・
【2009/06/26 15:10】 URL | conn #sqDRX.mg[ 編集]
いたっちさん、
いきむ時「ボートを漕ぐ時のように」って導かれたんですね、スマートですね。
私は女医さんに「ウンチをするつもりで!」って導かれましたv-11。いいなあ、いたちさん。
【2009/06/26 16:57】 URL | どちん #-[ 編集]
わたしもA先生にほれそうです…)^o^(

わたしも正直産んだ後は
やっと終わったか…
みたいな感じで、感動は後からでした~
ちなみにわたしは全く叫びませんでした
母が
わたしは出産するときみっともない声は出すなと母親に言われたから声は意地でも出さなかったのよ
っと変なプレッシャーをかけやがったので、わたしも意地で声を出さずに黙々と産みました(笑)

仕事復帰、とりあえず採用試験を受けます~
久々に願書を書いたら肩がバリバリに凝りました←大丈夫か?
【2009/06/27 00:32】 URL | やすちゃん #-[ 編集]
A先生…す、素敵です~!
男の先生なのに、何でこんなに妊婦の気持ちが分かるんでしょ??何というか、しっかり覚悟を決めている先生なんでしょうね~。
「自分だけは自分のことを最後まで信じ切らないといけないよ」…出産の場で言われると身に沁みるなぁ。
こんなに頼りがいのある先生、傍でダンナさんが妬いてしまいそう^^

分娩時間だけ見ると、いたちむらさん超安産なんですね。あんなに苦しかったのに、何だか私が悔しいわ(笑)猛スピードで駆け抜けた感じですねぇ。
それにしても、やっぱりよく覚えておられますね。3年近く経つというのに!臨場感がすごいな~。
【2009/06/27 22:31】 URL | カッコー #-[ 編集]
connさん~(*´∇`*)どもですどもです!

いやぁ、更新ペース早いですかね?
基本的に今までと何も変わってないんですが(笑)
ただ、ありがたいことに実際ここんとこの生活にはだいぶ慣れてきて、土日に遊び回る余裕さえ出て来たので、元気ではありますよ~♪

メロン大!(爆)分かります~、スイカじゃなくて、メロンだよね!
生まれたばかりの赤ちゃんの頭って、想像していたよりずっと小さくて、
「こんな大きいのが通ったのか~」ではなく、「こんなにコンパクトに
生まれてくれて…」という気持ちの方が強かったかも…
赤ちゃんが産道を通るのは実はそんなに痛くないんですよね。
そこまでたどり着く以前の陣痛がめっちゃくちゃ痛いけどね…( ´,_ゝ`)
【2009/06/28 17:14】 URL | itachimura #-[ 編集]
姉さん…
姉さんこそ素敵な思い出じゃないですか。
私なら「ウンチするつもりで!」とか導いてもらってたら、
今頃ハゼさんをウンチさんと呼んでいるような気がします( ̄▽ ̄)
【2009/06/28 17:19】 URL | itachimura #-[ 編集]
やすちゃん~っっ!!(≧▽≦)

ええ、ええ。ホレて下さい、A先生。
ちなみに私は最近もA先生と地元でバッタリお会いするのですが、
去年イタリアンのお店に入っていたら先生がレジにいるのに気付き、
声をかけると「ここのおいしいよね、ピッツァ。」…って!
ピッツァですよ、ピッツァ。もうそこまで来ると誰も追いつけません(笑)

しっかしやすちゃんのお母さん、古き良き日本の母だぁ~!!!
そして意地でもそれを自分も黙々と実行するやすちゃんも凄いっっ
いやぁ、いいですね…凛とした女の意地を感じます…
私、やすちゃんにホレてもいいですかね?

ちなみに、知ってるかもしれませんが、陣痛の時大騒ぎする
御三家(?)が、女医、看護師、女教師なのだそうです。
私はまさに大騒ぎ型でしたが、やすちゃん、エライよっっ

仕事復帰、ちゃくちゃくと進んでいるようですね!
私も産後復帰の時は、新しい職場に応募して勤務し始めました。
だって、子供いるともう子供いない時のような働き方は出来ないもんね。
やすちゃんもやりがいがあって働きやすい職場が見つかることを祈ってます!
【2009/06/28 17:30】 URL | itachimura #-[ 編集]
カッコーさん、いつもありがとうございますっっ!!(>人<)

いやぁ、A先生、いいでしょ?
私が産後うつだとA先生に診断されて、本格的に薬で治療することになったら母乳をやめなきゃいけないのはイヤだ、って私が言った時、「何でも臨機応変が大切だよ」という意図で説得したA先生のセリフがこれです。
「僕、完全ミルクで育ったんだけど、僕って、ダメかなぁ?」
そんな先生を前にしたら、人工乳も素敵、と思わず言ってしまいそうでした…

促進剤に押されて猛スピードで駆け抜けたお産は、後でがくんと体に来ます。
この話はまたちょろっと記事にも書きますけどね。
カッコーさんの助産院の記事も、とっても臨場感ありましたよ~!!
以前から助産院、いいなぁとは思っていたけれど、カッコーさんに
教えられてますます憧れが強くなりました♪

ところで最近、私の頭の中はすっかり着物ブームですよ!
図書館であれやこれや着物に関する本を借りてきたり、
近所の呉服屋さんをちょろっと覗いたり…
まずはこの夏、浴衣から始めてみますかね。
カッコーさんもどですか?浴衣でベビーカー!
【2009/06/28 17:42】 URL | itachimura #-[ 編集]
仕事しながら今までと同じ更新ペースなのがすごいですよ~。でも、元気ならよかったです(^^)

陣痛も痛かったけど、子宮口が10cmの全開になったときに赤ちゃんが全然降りていなくて2.5cm自力で下ろせと言われたのがつらかった・・・4時間かかってその間、陣痛がずーと続くし。

いきみかたも全然教えてくれなかったしー。思いっきり反り返ってました。最後の1時間で「あ!マタニティビクスのときに習ったいきみかたをするとすごくでる!」と自分で気付いて自分のお臍を見る体勢に入りました(涙)本当にA先生がうらやましい。第二子ができたら東京に生みに行ってしまいそうです。

私も叫びまくりましたが、奥歯を食いしばると頬の血管が切れておてもやんになると言う話を信じて意地で歯を食いしばりませんでした(笑)
【2009/06/29 02:23】 URL | conn #sqDRX.mg[ 編集]
connさん~っっ!!まいどどもですぅぅ~♪

ブログはね、まあ心のよりどころなんですよ、私の場合。
こうしてconnさんとかとおしゃべり出来るのも楽しいですし。

たった2.5cmでも、お産の場合の2.5cmは大きいですよね~!
しかもconnさん、いきみ方も自分でたどり着いたなんてスゴイですっっ
まさに動物的本能をもって、自分で自分のお産を導いたんですね…
マタニティビクス、お役立ちでしたね!!
A先生はもう本当に頼もしい先生ですが、私は思いきりそこに
甘えてしまったので、connさんがまぶしく見えますよ~e-420

それにしても、生まれて初めて体験するお産はいきむのも初めてな
わけだから、ただ「いきんで」とかの指示だけでは難しいですよね。
顔の血管が切れる、というのは私もどこかで読みかじったことがあって、
その人は本当に血管のちぎれるブチブチッって音が聞こえたそうです。
力を入れる場所が正確につかめれば、ぬーーーーーっとおもしろいように
赤ちゃんが進んできてくれるので、ホント、コツ次第なんですよねぇ…。
【2009/06/29 23:26】 URL | itachimura #-[ 編集]
こつさえつかめばぬーって出てきますよね。まさに、ぬーーー。

冷房効きすぎで左足が動かなくなったり、尿漏れの治療に全く違う劇薬を処方されたり(母乳育児中なのに!乳汁への移行については未確認って書いてある薬を!)。薬を飲まずにいたら、看護婦に脅されるし。本当に産んだ産婦人科では散々でした。

今日、hibワクチンを受けに妊婦検診をした病院に行ったときに偶然お世話になった看護婦さんにお会いしました。第一声が「里帰り出産先ではおまたは切ったの?」。第一声がそれかい!とも思ったのですが、そこでは会陰切開しない主義だったなーと思い出しました。やはり里帰り出産するべきじゃなかった・・・orz

いや、だから何?ってコメントなんですけど、やはり出産するところは親になんと言われようとも自分が選んだところを貫かないと後悔しますね。
【2009/07/02 06:14】 URL | conn #sqDRX.mg[ 編集]
connさんっっ!どもですどもです~☆

そうでしたか…。connさんのお母様お勧めの病院は
確かにちょっときっっつい病院だったかもしれませんね。
私ももし里帰りしてたら実家の地元総合病院にいくはずでしたが、
どーーーみても「これは…(-_-;)」というイメージしか浮かばない、
そんな「やばそうな」病院でした。里帰りってなかなか難しいですよね。

それにしても看護婦さん、第一声がそれとは!(爆)
ほんっっっと、あまりのオープンさに脱帽ですねっっ
会陰切開は後から痛むと聞きましたが本当ですか?
私も会陰は少し痛みましたが、それよりも痔の方が大変でした(^^;)

産むところ選びは最終的には自分自身で!というのは同感ですっっ
でもconnさん!私達にはきっと次がありますよ!次がっ!!(°人°)・☆
【2009/07/02 23:37】 URL | itachimura #-[ 編集]
前回のコメントで突っ込み忘れてました。
「こうしてconnさんとかとおしゃべり出来るのも楽しいですし。」←公開井戸端会議ですか!

会陰切開は1週間くらいで痛みは取れました。あれれ?いたちむらさんも切ったんですよね?
私は痔はなかったです。ご飯だけはよかったらしく、便秘気味の私が入院中は快便でした。

次、次か!次は絶対に無痛分娩します!もう、あの痛さに耐えるのは無理☆
【2009/07/03 01:14】 URL | conn #sqDRX.mg[ 編集]
connさ~ん!!再びおでまし下さって嬉しいですっっ☆

前回のツッコミ忘れをここで挽回するその心意気、素敵です。
それにしても井戸端会議に公開なんてあったのですね(笑)
世の中もネットでずいぶん変わったものです(遠い目)

会陰切開、お医者さんがハサミを入れることをそう呼ぶのなら、
私はしてないということになりますです、はい。
切れたのは自然裂傷で、A先生が切った訳ではありませ~ん。
Aクリニックはよほどのことがない限り会陰切開はしない方針なんです。
connさんの里帰り前の病院と同じですね!

会陰切開すると通常3cm以上は傷が出来るらしいのですが、
自然裂傷の場合は出来ても1cmそこらだということでした。
これはまた今度の記事で書きますけど、切開しなくて済むように
会陰が伸びるようなマッサージの方法など教えてもらいました。
で、今回書いたように、もっとゆっくり産めば裂けなかったんだけどね。

無痛分娩、正直迷うよね☆
私のお友達で今3人目を妊娠している人は、1人目Aクリニック、
2人目無痛分娩、そして今回も無痛分娩の予定らしく…
まあ、実際に出来てから悩みましょうかねぇ~(笑)
【2009/07/04 11:21】 URL | itachimura #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年06月 26日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ いたち的お産のイロハ! いたちむらのお産体験記
  └ いたちむらお産体験記 完結編
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。