ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

アロマで新型インフルエンザ対策




更新ご無沙汰しておりましたっっ
実は先週、久しぶりに風邪で高熱を出しまして、
こういうご時世なもんですから当然インフルエンザの疑いもあり、
病院で検査したりで久々に仕事を休むことになりました。


結果はね、シロでしたよ、シロ。


自分でも絶対この程度の状態ならインフルじゃないな、って
思ったんですけど、今は熱出るとほぼ自動的に検査するのが
義務というかエチケットというか。面倒な世の中になりました。


しっかし最近はもうインフル患者も病院で珍しくないようですね。
8月にハゼさんにインフル疑惑が出た時は、特別室に通されて
検査も血が出るほど綿棒でこすられて大騒ぎだったんですけど、
今回は同じ病院でも普通にいつもの診察室で検査に診察でしたし、
ハゼさんのを見て以来すっかり恐怖だったあの簡易検査も、
自分自身がやってみたら(鼻だけだったので)たいして辛くなく…
最先端をいく者は常に痛みを伴うのですね…。ハゼ…気の毒に…。


ただ、ここんとこのたまっていた疲れが爆発したのでしょう、
ずっと熱っぽいなとは思いながら、無理に出勤を続けていたものの、
その後39度台をキープする勢いの高熱が出たため、出勤停止。
検査で陰性が出た後もやっぱり39度あると体もさすがにきついので
冒頭のレメディ、ジェルセミウムを摂りました。


ジェルセミウムといえば、インフルエンザのNo.1レメディですね。
もちろんインフルだけでなく、同様の風邪にも効果アリです。
でも、だからこのレメディというわけではないんですよ。
ジェルセミウムの大特徴の一つに水をさほど飲んでいるわけでも
ないのに大量の排尿が頻回に続く
、というのがあります。
私、熱の時にたま~にこういう感じになることがあるんですよね。
背中がゾクゾク寒気がするのを我慢しながら、よろよろとトイレ。
そんな風邪にこのジェルセミウムが効くんです。


ジェルセミウムを2回ほど摂ってしばらくすると、
ぶわっと汗が出て、1時間ほどで解熱し始めました。
ただし、その日はまだ夜に微熱が残っている感じだったので
寝る前にもう1度リピートすると、そこでまた発汗に着替え、
さらにもう1度飲んで翌朝までぐっすり。
朝起きてみると汗びっしょりでしたが、完全に解熱していました。


翌日はまだ熱の後遺症でふらふらしてはいましたが、
その後も咳や鼻水がひどく残るということもなく、
体全体がすっきりするのも割と早かったです。


しかし、ですね。


今回の私の場合、ただの風邪だったから良かったものの、
やっぱり気になる新型インフルエンザ


あのね、私ね。正直に言いますけど。
今とっても怖いんです。自分じゃなくて、ハゼさんが罹るのが。
ここんとこ、ニュースで亡くなられた方の話などが出るたびに、
ダンナくんと延々議論になってしまうほど心配になるいたちです…。


私ね、正直とっても不思議なんですよ。
実はうちの近所でも、数人の子供達(ハゼさんと同じ3歳の子から
上は小学4年生まで)が既に新型インフルをやっているんです。
本人達曰く、とっても苦しかったけど、でも普通に治っている。
かたや世の中には不幸にも小さな命がインフルエンザを発端に
亡くなっているという、耳を疑うようなニュースが出ています。


その差って、いったい何なのかなぁと。
インフルを発端として死に至る場合というと、
ウイルスが脳に達して脳症を起こしたりというのを聞きますが、
そうやって脳に達するかそうでないかというのは、
単に運の良し悪しの問題なんですかね?
それとも初動対応の良し悪しなのか、その子の免疫力の違いなのか…


仮に、単に運の良し悪しの違いだ、と言われたら、
私達親としては、子供にしてあげられることがほとんどありません。
大切な、大切な、子供の命です。
運悪くウイルスが脳に入ったから仕方ない、などと言っていられる
はずがありません。ニュースでインフル死者が出たと聞くたびに、
なぜ現代ほどの医療技術がありながらどうにもならなかったのか、
と思うと、他人事とは思えないほど辛くなります。


とにかく今の段階では私には分からないことが多いです。
分からないことというのは恐怖の源泉になるんですね。
そんなわけで、ニュースで辛い話を耳にするたびに
どーっっと気分が落ち込んで、対策についてダンナくんと
今日も堂々巡りをするいたちむらです…(-_-メ)


とはいえ、まずはですね。





いたちむらが愛用しているカリス成城のは売り切れ中のようでした
こちらのマギーティスランドも品質の点でオススメです。



やるべきことと言えば、まず日常の予防を心がけて、
ウイルスを広める役割に荷担しないように気をつけること。
これを身近なアロマで続けることにしています。


誰でも簡単に出来るのは、夜寝る前にティッシュに精油を
2~3滴落とし、これを寝室に置いて眠ること。
いたち家ではこれをここんとこ毎晩続けています。
その日の精油は、ハゼさんと二人でチョイス。
もちろん、抗菌効果の高いオイルをあらかじめこちらで
いくつかピックアップしておいてあげます。


まず、何をおいてもおすすめなのがティートリー
抗菌効果に関しては精油の中でも一番手のオイルです。
その割安価で、安全性も高いおすすめオイル。
ネットで知った情報ですが、毎日のお昼寝時にティートリーを
焚いていた保育園では、インフル罹患率が0%だったとか。


そして、同じく抗菌性が高く、呼吸器系のトラブルを整えてくれる
オイルとしておすすめなのがユーカリ
こちらも冬場に香らせておくと自然に呼吸を通して体内に入り、
ウイルスやバイ菌を殺菌・消毒してくれる優れものです。


その浄化作用が意外と知られていないのがラベンダー
ラベンダーの語源は「ラバーレ(洗う)」の意味のラテン語で、
抗菌・殺菌・浄化作用に優れているんです。鎮静効果も高く、
お休み前の精油としてもちょうどいいんですよね。


この辺の精油を、2種類で組み合わせて使うのがおすすめです。
精油は1種類でも効果がありますが、複数を組み合わせると
シナジー効果(相乗効果)といって1+1=3あるいは4のように、
ただ足し合わせた以上の効果が出ると言われています。


たとえばティートリー&ラベンダー。ラベンダー&ユーカリ。
それから柑橘系の精油を混ぜるのも爽やかです。
ティートリー&レモン。ユーカリとも合いますね。


ラベンダーにオレンジスイート、これも相性いいです。
ラベンダーやローズのようなお花系の精油は、
意外と柑橘系との相性がいいんですよね~。
ゼラニウム&オレンジなんていうのもまた絶妙です。


それと、抗菌と言えば忘れてはならないのがペパーミント
ラベンダー&ペパーミント、けっこう美味しそうな香りです。
チョコミントアイスを想像するような清涼感。
ティートリー&ペパーミントなんて最強コンビですね。


こんな感じで毎晩楽しみます。
眠っている間、ほんのりと部屋の中に香りが漂い、
翌朝起きてみると、何とも質の良い眠りだったような
気持ちの良い目覚めをすることが多いです。
それぞれの精油には抗菌性だけでなく、免疫賦活作用といって
体の免疫力を根本から高める働きもあったりします。


もう少し工夫してみたい、って方には。


ルームスプレー作りって手もあります!
50ml程度入る遮光瓶のスプレーボトルを一つ用意しまして、
そこへ全体の1/5量くらいの無水エタノールを入れ、
残りをお水(出来れば精製水)で割ります。
そこへ精油を合計で20滴ほど落とします。
組み合わせは上の精油を参考にお好みでどぞ!
部屋の中はもちろん、服やカバンなどにもシュッシュ出来ます。


毎日ちょっとの工夫ですが、こういう努力で
病気になってもはね返す力が体に自然についてくれれば
いいなぁ…と思うのですが、いかがでしょうか~(´艸`*)
関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:こどもの病気 - ジャンル:育児

コメント

いたちむらさん、お風邪だったのですか!?しかも39度台なんて!!大変でしたねぇ~v-356
元気になられたようで本当に良かった…。お大事にしてくださいね☆
ジェルセミウムって、とても理想的な効き方をしてくれたのですね。勿論いたちむらさんの判断が的確だったのでしょうけど、本当に体の力を高めてくれたみたい。

新型インフルエンザ、私もニュースを聞くたびに不安になります。
重病化する人はわずかだとか、他の病気だって危険なのに新型インフルだけ気にするのはおかしいとか意見もありますが、やっぱり子どもを守るため出来ることはしておきたい。
と言いつつ、予防接種はどうしたものか迷っています。季節性・新型どちらも受けるのが当然、という感じで報道されていますが…うーん…。

オイルの色々な組み合わせ、参考にさせてもらいます!ありがとうございますっ^^
私はよくティーツリー・ローズウッド・ラベンダーを中心に組み合わせています~。
ラベンダーには、そんな語源があったのですね。本当に睡眠時にピッタリですよね。最近は寝室にラベンダーの香りがないと落ち着かなくなっています(中毒?)。
ユーカリやペパーミント、欲しいなぁと思っているのですが、本によっては小さな子に使わない方が良いとか書いてあって(本によって色々違うんですが)、どうなんだろう??と思っていました。
いたちむらさんは、ハゼさんに使う時など、何か気を付けておられることはありますか?
【2009/11/04 20:03】 URL | カッコー #-[ 編集]
我が家には現在39度超えた子が二人。子抱きっぱなしで母くたくた。
インフルで思うんですが、いつから病院行くのもワチクン打つのも、当たり前のように言われるようになったんですかね。
インフルで死者がでるのも以前からあったはずなのに。
いつも解熱剤とか使っているとか、動物性の食べ物で体がパンパンとかだと脳症になりやすいのかなあ?って私が勝手にぐるぐる考えているんですよ。ほんとのところはわかりまてんが。
【2009/11/04 22:31】 URL | どちん #-[ 編集]
カッコーさん!!いつも来て下さって嬉しいですぅぅ~(´艸`*)

今週は先週休んだ分を取り戻すのに必死で、あっという間でした☆
もうすっかり調子は元通りです~やさしいお言葉を頂き、嬉しいです(>人<)

新型インフルエンザのニュースって、ホントに怖いですよね。
亡くなった人のデータは出るけど、詳しい事情は当然よく分からない…
何がどうなってそんな悲劇が起こるのか分からないと、
ただただ不安を煽られるばかりで困ってしまいますよね…

そうは言うものの、私も予防接種に対しては積極派ではないんです…。
だからカッコーさんの迷うお気持ち、分かります。
接種しても罹患することはあるというし、接種そのもので
かえって体力に相当な負担がかかるとも聞くし…
出来れば自分の免疫力を高めて打ち勝つというのが理想ですけど、
万が一こじらせてしまったらそうも言ってられないかな~と…

カッコーさん、ローズウッドを愛用されているのですね!
ローズウッドは私も好きな香りです。アロマを初めて最初に買った
精油の一つがこれでした。そんなにメジャーじゃないのだけど、
存在感は抜群ですよね。材料となるローズウッドの原木が
森林伐採のために希少化していてとても貴重なオイルなのだそうです。

ユーカリやペパーミントは確かにティートリーやラベンダーに比べて
もう少し刺激が強いというか、安全性の面で要注意なオイルですね!
ただ、我が家の場合は、マッサージやアロマバスなど肌に適用しない、
芳香浴の場合も濃度に気をつける(ティッシュに1~2滴程度)、
同じ精油ばかりを長期に使い続けない、などに注意しています。
その子の様子を見ながら低濃度から始めていくって感じでしょうかね。
カッコーさんに言われて、安全性を改めて考えさせられました~b(・ω・)
【2009/11/07 10:51】 URL | itachimura #-[ 編集]
姉さんっっっ!!どうすか?その後、いかがですっっ??

2人も39度とはホントに大変でしたね。
もうだいぶ落ち着いた頃でしょうか。インフルじゃなかった??
本当にお大事に…(ノω・、)

姉さんもやっぱりワクチンは受けない派?
私も自分自身を振り返ってみると、小学校・中学と、
毎年のように学校でインフルエンザ接種受けさせられてたよな~
と思い出すんですよ。今の方がその家庭家庭に任せる、みたいな
風潮が出て来た方なんじゃないかと。
かといって何を信じていいのやら、相変わらず分からない…

死者も報道されてないだけで、毎年季節性でそれなりの
死者は出るみたいね…でも急にいろいろ報道されると、、怖い…
姉さんの言うように、普段の生活がフツーにきちんとしてれば
大丈夫、っていうんだと嬉しいんだけどなぁ…
確かに砂糖や肉類、薬の乱用は明らかに体の力を下げそうだよね。
【2009/11/07 19:25】 URL | itachimura #-[ 編集]
度々スミマセン。アドバイスをありがとうございます!なかなかゆっくりPCに向かえず、お礼が遅くなりました><
その子の様子を見ながら、低濃度から…というお話、なるほどなぁ~と思いました。人やケースによって、反応は様々ですもんね。
本の中では、そこまで細かく説明しても読んでもらえるか分からないし、とりあえず止めた方が無難、ってなるんでしょうね。本で得る知識だけではやっぱり限界があるのかも。いたちむらさんのような方に聞けると心強いです☆

ローズウッド、穏やかな香りで大好きです!いたちむらさんもでしたか^^ 希少化しているなんて知りませんでした。。(まだ持っていませんが、サンダルウッドも前より高価になっている気が…。同じ理由なんでしょうかね)。
たくさんの材料から、少ししか精油は取れないですもんね。背景にある事情も知っておかねばと思いました。
【2009/11/13 14:27】 URL | カッコー #-[ 編集]
カッコーさん!!p(>▽<)q

いえいえ、わざわざお返事頂けるなんて嬉しいです。
私の場合、とにかくおおざっぱなんです。
様子を見ながら低濃度で、とか偉そうに言ってますけど、
時々精油のビンからドボボボと大量に出ちゃってギャーなんてことも
あって、かな~りいいかげんなアロマ使いです…(^^;)ゞ
カッコーさんに教えて頂いて改めて安全性も意識したという…(汗)

でも、自分にとってちょっとリスクのある精油って、
本能的に選ばないというのもあると思うんです。
その意味でも、お子さんが自分で「これはやだ、これは好き」と
はっきり表明できる年になってきてから、一緒に香りを選んで
アロマを積極的に楽しむというのが一番理想ですよね。
私もハゼ0歳児時代はほとんど今みたいなアロマ使用はしてませんでした。

インフル対策を含めて、アロマで生活力がアップするといいですよね~
カッコーさんの好きな精油のブレンド、また教えて下さいねっっ♪
【2009/11/14 11:40】 URL | itachimura #-[ 編集]
ご無沙汰です!!campanellaです。
いや~~~うちもダンナさん(インフル)→私→息子ちゃんと風邪が順番にひとまわりしてどえりゃー目にあいました・・・
私はそもそも免疫が落ちていたんでその直前にあじの塩焼きを食べたらじんましんに襲われてしまい(よく火を通したのに!!やっぱり魚介類は要注意なcampanellaなのでした)微熱があってしんどかったもので余計・・・
私は葛根湯+αの漢方薬と、最後にはホメのインフルエンザナイムで一気に熱を出して終わりましたが。

新型インフルで小さな子どもがなくなってるニュースを聞くとほんとに不安になりますよね。
でも、これはあくまで私の私的意見ですが、よ~~~~~~くニュースの裏の詳細を聞くと、みんなほとんどタミフルを投与したあとに脳症などを併発して亡くなっています。
私は絶対インフルにかかってタミフルを使ったことと、高熱による脳症や多発性臓器不全とは何らかの関連があると見ています(私見ですよ)。
というのは、ダンナさんが私が妊娠中から3年連続インフルに毎年かかって、タミフルを飲んでいるのですけど、飲むたびに「助けてくれ~~~!!!!」って気が狂ったように妄想を口走ったりうわごとを言ったり、熱の出方も半端じゃないんですよ。
自慢じゃないけどうちのダンナさん、お年の割にはものすごい体力があってバリバリ元気なんです。そのダンナさんがあれほどの苦しみ方をするってのは、多分そうとう無理やり熱をあげて菌をやっつける働きをしてるんだと思うの。
で、今年はどうせ熱を出すならとインフルエンザナイムをダンナにもあげたんですけど、同じように39度ちかい高熱が出てもタミフルを飲んだときのような苦しさはなかったそうです。
WHOは10月頃に幼児(10歳以下だったかな?)にはタミフルを使用しない勧告を出しています。ちなみに私がよく重症になった息子ちゃんを連れて駆け込む近所の医大の小児科は非常に評判がいいとこなんですけど、タミフルは小児科では投与しません、ワクチンも原則接種はしないので(安全性が確認されていないから)どうしてもという希望者は近隣の病院にご相談ください、と大きく張り紙がされてました。
ここの病院、お医者さんが結構「自然治癒力」を大事にするポリシーでやっていて、私はすごく信頼してるんです。
病院によってもそういうふうに扱いに困ってるのが現状なら、素人の私たちは更に慎重にしたほうがいいかな~と私は思ってます。
こんど日記に書こうと思ってますが・・・
【2009/11/17 11:16】 URL | campanella #wYAyu/Y2[ 編集]
campanellaさん、いやぁ~来て下さって嬉しいですっっ(>∀<)

大変だったですねぇ…。家族で風邪を回してしまう時ほど
辛いものはないですよねっっ、私もよくやっていたから分かります。

インフルエンザ対策、やっぱり悩みますよね~!!
私もcampanellaさんとぜひこのことについて話したかったので、
タイムリーにコメント頂けて嬉しいんですよ。
軽く済む人達がいる一方で、死者のニュース…辛いし、理解に苦しみます。

タミフル説、確かにあるかもしれませんよね。
タミフルは登場した頃から異常行動やなんやらで問題視されていて、
私も子供がいない時分から相当怖い薬、ってイメージありました。

だけど、例の世田谷のホメオパスの先生、HPを見てもらうと
分かると思うんですが、めちゃくちゃタミフル肯定派なんですよ。
いろんな考え方の先生がいて、誰が正しいのか分かんないですよね。

でも、私だったらcampanellaさんの医大の小児科さんのように、
タミフル投与は見合わせてワクチンも勧めない、という方が
何となく考えが近いというか、安心するというか…。

ちなみにリレンザなんかはどうなんですかね?

まあ、とにかく罹っても免疫力でバーンと跳ね返せるだけの
力が子供にあってくれればなぁ…と思うのですが…。
【2009/11/18 17:03】 URL | itachimura #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年11月 04日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 赤ちゃんの安全と健康 インフルエンザ
  └ アロマで新型インフルエンザ対策
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。