ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

花粉症にはホメオパシーがいい(帯津良一 他) 後編

花粉症とホメ話、本日は後編で~す。
花粉症にはホメオパシーがいい 前編はこちら~!)


前回は花粉症に対するホメオパシーの具体的なアプローチを
紹介してきましたが、今日は帯津先生の医療に対する考え方で
いたちむらが面白いっっ!と思ったところをお話します。


(前回コメント下さった方でお返事まだの方、
もうしばらくお待ち下さいませ~(>人<)
いたち村のほとんどの記事は予約投稿なのでして…)


まずね。


帯津先生の考え方で、なかなかいいなぁ、と思うのは、
一つのものだけを絶対視しないところなんだと思うんですね。
別の本でも書かれていましたが、今の日本の世の中は、
たとえば「納豆がいい」と言えば納豆一辺倒になる。
確かに一つのものでパシッと解決出来るって魅力的なんですね。
でも、何か一つを徹底すればすべてが良くなる、ということはない。


これは医療に関しても同じなわけです。
帯津さんはもともとガンを専門とする西洋医学のお医者さん
だったわけですが、体の一部のみを相手にし、病気のみを叩く
という考え方の西洋医学にはやはり限界がある、と感じたんですね。
それで、漢方に気功、食事療法を取り入れて人間を全体的に
診て治療するという方針をご自分の病院でとってきた。


そこへ、ある日ホメオパシーとの劇的な出会いがあった。
これまでの代替療法の主力だった漢方や気功に勝るとも劣らない力を
持つホメオパシーが、西洋医学や他の代替療法と補い合うようにして
患者さん達の様々な局面を支えてきてくれたそうです。


ところで。


ガンの患者さんというのは、日々あらゆる症状に悩まされ、
次から次へとひっきりなしに不調を訴えるのだそうです。
それはガンそのものの痛みとは直接関連のないもの。
とにかく腰が痛い、腹が張って苦しくてしょうがない、
脚が重くて毎日シクシク痛むなどなど、西洋医学の病院だったら、
「手術後なんだからしかたないでしょう」
「病気なんだから、そういう症状もありますよ」
となって解決されないまま終わる症状がそれこそ山ほどあるとか。


帯津先生も、ホメオパシーを知るまでは、そんな患者さんの
苦しみを知りながら、なすすべもなくその苦しみをただただ
我慢してもらうしかないことも多かったそうなんですね。
でも、ホメオパシーが戦力となってから、そういう苦しみに
対処する手段を持てるようになったことが医師として嬉しい。
しかも、従来だったら確実にそのまま死に至るような
患者さんの急場を、レメディ一つでしのげたことも数知れず。


普通、ここまで来ると。


ホメオパシーは素晴らしい、と思わずそれ一辺倒にのめりこんで
とことん追求したくなるのが人間というものですよね。
でも、帯津先生の場合はそういう考え方はしない。
あくまでホメオパシーは、漢方やその他の代替療法や西洋医学と
バランス良く動員されることによって、治癒が実現する。
西洋医学だけでは限界があるのは当然だが、
だからといってホメオパシーが万能というわけではない。
治療者として、このバランス感覚は重要だと思うのです。


さらに自然なのは、100%治す必要はない、
80%治ればいい、60%治れば発症しないという考え方。
病気になったらそれを根絶して元の自分に戻るのではなく、
8割方治したら、元の自分とは違う、新しい自分として生きる。


うつで悩んだ方なんかもそういう発見をする人多いですよね。
病気を克服することで、新しい生き方も見つける。
病気と言ったら100%根絶する、という発想にはない、
柔軟で人間らしい考え方だと私は思うのです。


で、花粉症に少し話を戻しますが。


帯津さんは花粉症が出て来た背景として、
「自己」と「非自己」という概念で説明しています。
昔は「自己」の一部だった花粉が、今では体に「非自己」として
認識されるようになり、体が猛烈な勢いで排除しようとする。
人間と自然が乖離してきたことの表れだというんですね。
物質的に豊かになって、都会の生活と自然の間に仕切りが
出来てしまい、花粉が「非自己」として排除対象となったわけです。


これは花粉症に限ったことではないようです。
西洋医学では「自己」と「非自己」を峻別して、「自己」に
侵入してきた「非自己」を排除すれば病気は治ると考えてきた。
細菌やウイルスが病気を起こすというのがまさにそれですよね。


そこに欠けているのは、人間を包括的に、丸ごと見るという視点。
人間は「自己」と「非自己」が混在する中で、
有機的な「いのちの場」を形作っているという、
いわば生命の不可思議さに対する畏敬の念の欠落。
帯津先生はそんなふうに言っています。


だいぶ難しい話になってしまいましたが。


やはり西洋医学の、まるで人間を壊れた機械のように見る
排除型、撲滅型の医学は、科学としてはそれでいいかもしれませんが、
医療の現場ではそれ一辺倒でやっていたら無理があるわけです。


花粉症の治療にしたって、いくら過剰反応とはいえ、免疫という
体の機能を物理的にシャットアウトする薬が主なわけですから、
そうやって「非自己」は「非自己」のまま、それを識別する
体の機能を一時的に麻痺させているだけなわけですよね。


それはまるで、いつもは頼れる警察官が、突然暴走し出して
街中の人を誰彼かまわず捕まえてしまって困るんで、
麻酔銃でその警官を一時的に眠らせて事を収めているかのよう。
ホメオパシーのように「これは非自己じゃないんだよ、
攻撃しないでいいんだよ」と体に本当の意味で分からせる
アプローチとは、根本的に違うように思うのです。


これは、西洋医学とホメオパシーの立場の根本的違いでもあります。
実は私の父は、一昨年退職するまである製薬会社の化学部門で
仕事をしていたのですが、そんな父にホメオパシーの話をすると、
なかなか興味深いけれども、やっぱり自分のやってきたことの
土台からすると、何千例、何万例に対して使ったその薬が
そのうちの何千例に対して統計的に有意に効果があった、という
物的証拠がなければ、やはり医学として信用できない、と言ったんです。


帯津先生もまさにその辺りに触れられています。
西洋医学ではこの父の言うエビデンス(科学的根拠)が重視され、
エビデンスなきものは医学にあらず、とされてきました。
ホメオパシーは、もちろん最近ではいろいろな科学的実証が
されてきてはいるものの、西洋医学に比べればまだまだ
エビデンスに乏しい状態だそうです。


しかし、私に言わせれば、西洋医学の薬はそれこそ
化学物質をまんま体に投与するのですから、新規の薬のどの成分が、
どれだけの濃度で用いられれば効果的で安全性も確保できるのか、
どれくらいの限度量を超えると危険なのか、といったような検証は
繰り返し念入りに、かつ厳重になされるのが当然なわけです。


これに対してホメオパシーにおける薬の検証はプルービングという
作業として創始者ハーネマンの時代から行われてきているわけですが、
おもしろいのは、薬は薄めれば薄めるほど効いてくるという点。
その意味で、西洋医学の製薬において不可欠なプロセスである
エビデンスとは、考え方が根底から違っているんですよね。


そして、西洋医学の立場は「なぜ原物質が存在しないのに薬効があるのだ、
それはプラシーボ(偽薬効果)ではないのか」とホメオパシーを批判する。
ホメオパシーの立場は、「いや、これは薬の霊魂が効いているのだ」
と答えて、両者互いに平行線のまま、分かり合えない関係が続くのです。


実際、ですね。


確かにどうしてホメオパシーが効くのかということに関しては、
エネルギー医学だ、波動仮説だなんだといろいろな説はあるものの、
はっきりとした科学的実証はまだなされていないんですよね。
とはいえ、西洋医学のエビデンス重視の立場だけでは、
現代の医療の現場は立ちゆかなくなっているのが現実です。


花粉症の話ではありませんが、私も去年便秘で悩んでいた時、
内科の先生に出された酸化マグネシウムを飲むと、
その時はガツンと効くんですけど、飲まないとまた元通り。
再診の時、先生に「何か効き方が事務的なんですよね」と
思わず口にしたら、先生も大笑いしていました。


それはやっぱり、西洋医学の薬が、体の局所のその症状だけを
目指して効果を発揮するようデザインされていて、
その人がどうして便秘になったのか、本当の原因は何か、など
人間そのものをまるごとながめた上で出された対処法ではない
ために起こる、典型的な西洋医学の特徴なんだと思うんですね。


エビデンスに対して、ホメオパシーでは、ナラティブ
(患者さんが語ることを大切に受け止める立場)を大切にします。
だから、問診に1時間以上かけて、その人の全体を知ろうとする。
ただ、エビデンスとナラティブ、どちらかに偏りすぎるのは
いけないと帯津先生は考えているようです。
これからの医療では、エビデンスとナラティブの両方から
バランス良くアプローチ出来ることが、様々な現場で求められている。


と、まあそんなわけで。


何か今日はすっかり堅い話ばかりで突っ走ってしまいましたが、
とにかくいたちむら的にはこれからの医療を考える上で、
この本をとても興味深く読みました。
なんといっても、医療は私達の生活に密接に関わるものですから。


最後になってしまいましたが、帯津先生と板村先生は、
ホメオパシーは経験豊かな医師がやるべきだと強調しておられます。
日本ではまだ、医師免許を持たない方がホメオパスになることが
出来ますが、やはり病気についてきちんと学んでいない人が、
ホメオパシーについて学んだだけで治療者となるのは危険だと。


さらに危険なのは、ホメオパシーに対する無知と過信。
これは私達のような一般の人間が注意すべきことですが、
「ホメオパシーは自然療法だから、体に優しくて副作用がない」
とよく聞く言葉、これは大きな誤解です。
ホメオパシーは医学ですから、不適切な薬を不適切に用いれば、
明らかに体に害を及ぼしますし、危険な副作用もあるのです。


もちろん、ホメオパシーはセルフケアで使うことも出来ますが、
日本ではまだホメオパシーの歴史が浅いので、
どういった範囲ならセルフケアが良くて、どの辺りから
専門医に相談すべきか、その辺りの感覚がまだ共有できていない。


これが日本人にまだ馴染みのある東洋医学とかだと、
軽い風邪なら葛根湯をセルフケアとして飲むけれど、
慢性の症状や深刻な事態の場合はやっぱり病院へ行く。
そういう棲み分け感覚がもっと必要ということらしいんですね。
確かに、ホメオパシーをどこまでセルフケアとして取り入れて、
どこからは専門医かという判断はなかなか難しいですよね。


とはいえ、帯津先生のこの本を読んで一番感じたのは、
何事も極端に走るのはいかん、一辺倒で世の中通るものではない、
という人生の轍のようなメッセージでした。
皆さんもぜひ、花粉症をきっかけに、医療のあり方を考えてみませんか?


いつもにましての長文をお読みいただき、ありがとうございました☆
関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:病気 - ジャンル:育児

コメント

何事も、じぶんが納得した上で実行しないといけませんね。
ダイエットにいいとテレビで放送されれば、スーパーからその食材が消える…
そんなこともありましたよね。
日本人の特徴なのでしょうか。

自分に1本通った芯を持っているって大切なんだなぁと改めて感じました。

ホメオパシーしかり無農薬の野菜、シュタイナー、モンテッソーリなど…すべての情報を過信しすぎることって怖いですね。

ある程度柔軟に対応しながらも、ぶれないでいることは大事ですね。

自己と非自己、難しかったのですが、なるほどなぁって思いました!
まずは、自分が体の声を聞かないと!ですね。
警察官での例え話、とても分かりやすかったです!

効き方が事務的…にも、うんうん分かるわ~と、うなずいてしまいました~。

薬ともホメオパシーとも食べものとも、それぞれのいい所を上手に利用して、おつきあいが出来ればいいなぁと思いました!

やっぱり、これだけ!と偏って一辺倒になるのは、不自然ですものね。
だけど、なるべく医者や薬に頼らない暮らしが理想だわぁ。
興味深いお話をいつもありがとうございます☆

※携帯からコメントをしたので、改行など読みづらいこともあると思いますが、どうかご了承下さいな。
【2010/03/18 23:48】 URL | ぜんまいねずみ #-[ 編集]
ホメオパシーって、今までの医療の常識と違いすぎて、初めて知った時はホント不思議だったなぁと思い出しました。
薄めるほど効果がある、振ればパワーが増す、副作用が無い(と書かれた本をよく見かけますが、こちらの本ではあると書かれているんですか~)から妊婦や幼児にもOK…。
多分私の父親とかには、絶対理解してもらえない…(笑)

自分で使ってみるには不安も沢山ありますが、こちらの本は、私の持っている数々の疑問に、しっかり答えてくれそうな本だなーと思いました。

何でも万能なものは無いですよね。
『癒しのホメオパシー』でも、著者は風邪を引いた時、ホメオパシーを含む一切の薬を飲まずに、自然治癒力で治す、という話が載っていましたね。
ホント、それが基本だよなぁと思います。
治癒力を後押ししてくれるホメオパシーは心強いですけどね。

前回のコメント返信にて、アドバイスをありがとうございました!助かりました☆
身体の調子を見ながら、数日置きに飲む今のペースを続けてみようと思います。

ところで、いたちむらさんはレメディをどこで購入されていますか?
(差し支えなければ、で結構です。NGなら無視してください~)
気になるレメディがあるのですが、なかなか見つけられずにいます。
製品によって信頼性があるのかな、なんて不安に思ったりして…。
【2010/03/19 22:01】 URL | カッコー #-[ 編集]
ぜんまいねずみさん♪来て下さって嬉しいです~☆

本当ですね。ホメに限らず、何でもそうですけど、
一つの情報で、ある方向へだけ狂信的に走ったり、
一つのものだけを熱心に信じ切ったりすること多いですよね。

無農薬野菜やシュタイナーなんかも、確かにけっこう
過激派(?)に走る人が出やすいところかも…!
何事も過信しすぎずに良いところを取り入れられる
冷静さを持って生活していきたいものですよね。。。

自己と非自己が極端に峻別されることで
花粉症のような、以前はなかった病気が出てくるというのは
この本でなくてもいろいろなところで聞く話ですが、
じゃあ、どうやって解決するの?というところで
帯津さんは「自己を非自己に対して寛解(解放)していく」
というようなことを言っていました。

ちょっと具体的じゃなくて分かりにくいんですけど、
ようするに、少しずつで良いからまた自然に帰れ、
ってことなんでしょうかね。
非自己を自己から排除し続けようとしても絶対にどこかで
無理が来るのだから、もう自己と非自己の極端な区別はやめようよ、
ということなのはすごく分かるんですよね。
でも、都会で暮らしていると、これがなかなか難しいんですけどね。

帯津さんも食事がやっぱり健康を作る上で一番の基本だと書いてました。
その上に、西洋医学や漢方、ホメオパシーがくる。
子供の健康はなるべく家庭の食事で守ってあげたいですよね(´∀`*)
【2010/03/20 11:54】 URL | itachimura #-[ 編集]
カッコーさん(>∀<)♪いつもありがとうございますぅぅ~



私の父もこういう類ははなっから信じないタイプですよ(笑)
でも、産後の不調からだんだん回復している私を見ていて、
それがどうやらホメオパシーってもののおかげらしい…と知り、
「へ、へぇ…」とかな~り引き気味ながらも話を聞いてくれるように
なりました。でもまだ父の評価は「新手の宗教っぽい」なんですが(^^;)

ところで、ホメオパシーにおける副作用というのは、
いわゆる西洋医学の副作用とはちょっと違いまして、
ようするに不適切なレメディを飲むことによって、
そのレメディをプルービングしてしまう時のことを指すようです。

つまり、とんでもない見当違いなレメディを摂った場合、
その患者さんが悩んでいた症状とは全く別の症状が現れることがある。
それを好転反応(アグラベーション)だと勘違いして、
良くなるぞ~、毒出しだ~とその症状をありがたがって我慢する。
ホメオパシーの間違った使い方としてこんな例があるそうです。

そういう意味で、やっぱりホメオパシーは経験豊かな医師が
やるのが一番だ、と帯津さん達は言っているんですよね。
ぜひカッコーさんも読んでみて下さいな。
面白く読めることうけあいです☆

そうそう、『癒しのホメオパシー』、読まれたんでしたよね?
私は最初に受診したホメオパスがこの本の著者W先生なのですが、
風邪の時には私も同じことを言われました!
おかげで今では私もよっぽどひどい時でなければ
ホメオパシーさえ使わずに風邪を治しちゃうことが多いです。
市販の風邪薬なんて、最後に飲んだのはたぶん独身の頃…。
「そうなると化学の薬がいかに不自然かが体で分かってくるでしょう」
とW先生によく言われたものです。

で、レメディですが、私はセルフケア用に関しては
寅子先生のとこ(ホメオパシージャパン)のを買っています。
レメディの種類は本当に豊富で、助かってます。
寅子先生についてはいろいろ賛否両論あるようですが、
ここのレメディはちゃんと効いてくれるので私はOKと思ってます。

でも自分の中で決めているのは、ここで買うのは6cと30cのみ、ということ。
ホメオパスに出してもらうのでは1Mなんかも飲みますけど、
自分の判断で使う場合にはこのポテンシーにおさえることにしてます~

カッコーさんもおすすめレメディあったら教えて下さいね(*´ω`*)
【2010/03/20 12:18】 URL | itachimura #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年03月 17日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 自然派ママの救急箱 ホメオパシー
  └ 花粉症にはホメオパシーがいい(帯津良一 他) 後編
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。