ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

ホメオパシーと西洋医学の使い分け 後編

ホメオパシーと西洋医学の使い分け 前編はこちら~。


というわけで、前回、ビタミンK2シロップの不使用で乳児死亡、
助産師が訴えられたというニュースのお話をしました。


その後、私ももう少し関連記事をぐぐってみたんですけど、
「インチキ療法ホメオパシー」「オ○ム以来の怪しげなニセ科学」
「ホメオパシーは効果などない、新手のマルチ商法だ」
などと、やっぱりそこかしこですごい言われようでした…_| ̄|○


帯津さんとか渡辺先生とか、どなたかちゃんとホメを
分かってるお医者さんが正しい助言をして下さるといいのですが…


それにしても、私も思ったんですよ。
そもそもなんでK2シロップがいけないなんて話になるのか?
この事件の助産院では(というか寅子派の助産院では)
ビタミンK2そのものを与えるのが良くないと思うから
K2のレメディで代替するわけなんですよね。
でも、なんでビタミンそのものじゃいけないんでしょう??


手元にあった「ホメオパシー的妊娠と出産」を見てみました。





この本の第2章「助産師ホメオパスの臨床現場から」で
ある有名な助産師さんがK2シロップについて書いてるんですが。


「生まれた翌日、退院の日、1ヶ月検診、その3回、
赤ちゃんにK2シロップを飲ませていますよね。
これは、頭蓋内出血とか出血傾向の予防のためなのです。」


ここまでは分かります。で、問題はその次。


「それで、ビタミン剤の実物の投与があまりよくない
と思うので、私はレメディにして使っています」



はい…?( ̄ロ ̄;)


なぜ実物の投与ではいけないのか、まったく根拠が分かりません。
「あまりよくないと思うので」としか書いてないんですよ。


ちなみに、成分そのものの投与よりも、レメディの波動エネルギー
だけを与える方が、不調に効く場合は確かにあるんです。
実際、私自身の体験でも、鉄分ではなく鉄のレメディで
原因不明の不調を治してもらったことがあったくらいですから。


当時の私はどうやら鉄欠乏性貧血だったらしいんですが、
赤血球の値はギリギリ正常値。値的には貧血じゃないんですね。
そんなふうに、物質自体は体内にそこそこあるのになぜか不調という時、
レメディにして与えることで、体がその物質を吸収する力を高め、
正常な機能を回復させる、というのは実際あるらしいんですよ。


とはいえ、K2問題の場合は、そもそも赤ちゃんの体内で
明らかにビタミンKが不足しているわけですから、
体の吸収力高めたからって、モノがなきゃどうにもなりません。


だいたいね。


成分が何でもレメディで代用出来るというのなら、
食事もすべて波動エネルギーに置き換えられるって話になりますよね。
赤ちゃんにK2レメディ飲ませる前に、アンタが毎日せっせと
炭水化物やタンパク質とかの六大栄養素のレメディだけ摂って生きたら?
とでもこの助産師ホメオパスさんに言ってみたくなります。


(もちろん、普通にK2シロップを投与している助産院だってあります。
助産院すべてがレメディ対応というわけではないのでご注意を…)


確かに。


こんなことをやっていたら、インチキ療法やマルチ商法と
言われても、文句は言えないですね…(-_-;)
こういうバカげた指導のせいで、ホメオパシーやすべての助産院が
悪だ、みたいな極端な論調も出てくるのは本当に残念なことです。


思うにね。


帯津さんの「花粉症」本の時にも言ったかもしれませんが、
何か一つの治療法がすべてを解決する、なんてものはないんです。
西洋医学もホメオパシーも、一つだけで100%まかなえる、
というような絶対的な存在ではないんですね。


たとえばそれは、男と女の違いのようなもの。
それぞれに良さや得意分野があって、足りないところもある。
どちらか一方だけでは世の中は動いていかない、
そんなものなんじゃないでしょうか。


そこを寅子氏ひきいるあの一団は、
「ホメオパシーだけで世の中のすべてが解決する」
とごり押しするから、おかしなことになるんです。
とびひのことにしても、ビタミンK2のことにしても…。


それと、もう一つ。


私が今までお世話になった3人のホメオパスさん達は、
全員、医師免許をお持ちの方達です。


これは帯津さんも書いていたことですが、
やっぱり病気を診て他人様の体をいじる以上、
ホメオパシーのことだけでなく、人間や病気についても
きちんと知識を持った、医療のプロでなければなりません。


しかし残念ながら、寅子氏をはじめとする、あの団体に
属する人のほとんどは、医師免許を持たない人達だそうです。
だからレメディを処方する場である、いわゆる診察のことも、
あそこでは「相談会」と呼ぶんですね。診察じゃないんですよ。


前から思ってましたが、やっぱりそれはどうかと思います。
しかも、そこに「ホメだけでは十分でない」という謙虚さが
あればまだいいんでしょうが、むしろ逆なので本当にヤバイです…


ちなみに。


今、私が診てもらっているホメオパスさんも、
「ホメだけですべてが解決するわけではない」
ということをよく認識した上で治療方針を立てています。


その先生が言うには、ですね。
たとえば、病気がお相撲さんレベルの強さだとして、
自分の体の治癒力が幼稚園児レベルだったとすると、


「ホメオパシーは自分の体の治癒力をレベルアップさせる方法」


なので、飲むたびに少しずつ、幼稚園児から中高生、
そして普通の大人、みたいな感じで力を高めてくれるんですね。


でも、病気の勢力がお相撲さんレベルだとすると、
普通の大人にレベルアップしても、なかなか勝てない。
なので、そんな時は即効性のある西洋医学の力を借りて、
つまり、一時的にプロレスラーを雇って、一緒に戦ってもらう。


そんなふうに、それぞれの働き方を利用して、
うまく使い分けていくのが一番効率がいい、
そう先生は話してくれました。


この先生のところでは、他にも漢方やフラワーエッセンス、
各種サプリメントなんかもうまく取り入れながら
ホメで高めた自己治癒力をサポートしていくんですね。


K2問題で亡くなった赤ちゃんとそのご家庭については
本当に残念としか言いようがないですが、
これを機会に、極端なホメオパシー信仰論者が淘汰され、
逆に極端なホメオパシー・助産院アンチが広がることの
ないよう祈るばかりです…。
関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:病気 - ジャンル:育児

コメント

こんばんわーッ☆
うィーッス(≧ω≦)
ん~…やっぱり…難しい(笑)そんなものが存在する事すら知らなかった(:_;)こんな田舎にはソンナ先生はいるのかしら…
アロマはホメオパシーになるんでしょうか?
そう②今後赤ちゃんのためのアロマセラピー講座があって出席する予定なんです♪楽しみ♪と話はずれましたがビタミンk2不足で亡くなった赤ちゃんの話はワタシも聞いた事がありますm(__)m内容は違うみたいですがあんなシロップがそんなに大切だったんですよね。シュー太郎は一ヶ月検診の時シロップ全部口から漏れました( ̄▽ ̄;)二本目もらって恥ずかしい思いをしたのを思い出しました(//△//)テヘ
【2010/08/12 22:19】 URL | シューママン #-[ 編集]
シューママ子さん、どもですっっ(>ω<)☆

お盆休みですっかりお返事が遅くなってしまいましたっっ
ごめんなさいね(>人<)

ホメオパシー、ただでさえ知らない人にとっては
「何じゃそれ?宗教?」ととられかねない自然療法です(汗)
それなのに日本のホメを推進するトップがこれではねぇ…

ちなみにアロマはホメオパシーとは違いますよん
アロマの場合は濃縮された植物のエッセンスを使いますが、
ホメの場合は希釈液を極限まで薄め、振るを繰り返したもので、
実質上、原物質はまったく残っていないレベルまで薄めます。
物質の波動やエネルギーを用いている、という説がありますが、
ここがどうしてもうさんくさくとられやすいんですよね(^^;)

アロマ講座、いいですね!
シュー太郎くんももうすぐ1歳じゃないですか?
歩けるようになってきたら、アロマの活躍の場が広がりますよ~♪
【2010/08/20 20:29】 URL | itachimura #-[ 編集]
はじめまして。
子どもの鼠径ヘルニアについて、ホメオパシー関連で検索していたら
ここにたどり着き、ブログを読ませて頂きました。
実はぶっちゃけ私はホメオパシージャパンの製品を使用しております。
寅子先生の言われ様にはビックリしました。
私は友達のホメオパスから、帯津先生は寅子先生の元で学んだが、自分で団体を創設したいからあえて違うやり方のクラシカルの方へすすんだと聞きました。
昔は一つのレメディーで全ての病気が治る様な単純な病気が多かったそうですが、現代の病気は先祖代々の予防接種やら、遺伝や精神的なもの、色々な複雑な要因があるため、沢山のレメディーでのアプローチが必要と言われています。
現に、私のお友達の子どもはとびひになり、3種類位のレメディーをクラシカルのホメオパスに処方され、その年はそれでなんとか治りましたが翌年またとびひになりました。たまたま我が子も初めてとびひになり、とびひの菌から作られたレメディーや抗生物質の毒出しのレメディーおよそ7.8種類のレメディーをとりスッキリ治った我が子を見て、もううちの子はすごく酷くなってしまって治らないから医者に行こうかと思ったんだけど、もし良かったらレメディーを分けて頂けないかと言われ、分けてあげたらすぐに回復傾向に向かい、スッキリ出し切り治りました。
前年に出なかった部位に全て出てたそうです。
ちゃんとしたレメディーをとらないと症状を出しきれないからまた繰り返すと言っていた親友のホメオパスの言う通りでした。
そして今年もなるかと怯えていた友達ですが、全くなる気配はなく、やはり去年かかりきれた様です。
薬剤師のお友達は、同じく薬剤師だったお母様に自然治癒で半年かけてとびひを治したと言っていました。
親友のホメオパスは必ずお医者様に診察して頂いてから、処方するという方針ですし、いざという時は薬の力を借りると言っております。
が、我が家もそうですが、小児病位では命に関わることはそうそうはないですし(ホメのおかげで不必要な薬はとってないですし、かなり健康体ですので)レメディーで今の所全て危機もなく乗り越えています。
小児病の菌から作られたレメディーなども全てあるので、効果てきめんでオタフクなど4日休むだけでした。一歳だった弟も小さいのに珍しくきちんと両方腫れてるねとお医者さんも言う位、かかりきりそして治りも早かったです。
友達の子どものアトピーもツルツルに完治しましたし、中耳炎など全て薬なしで、何も知らないお医者様は「薬が効いてますね~鼓膜にツヤが戻ってます」と言う位、何事もなく過ごしています。
友達の一家も子どもの死を乗り越え(ホメオパシーは使用してない一家でした)弟の看病で親をとられてしまい寂しかったおにいちゃんは、弟くんが亡くなってからも蕁麻疹が五年程出ていましたが(薬でずっと抑えては出るだけで、親も諦めていましたが)レメディーをとって一時間にして蕁麻疹が消え、今はもう完治しました。
同じホメオパシーを利用している方が、同じくホメオパシーを利用する方達を痛烈に批判することにとても違和感を感じ、その団体の人が全て同じ考え方と決めつけ信者の様に扱い、ネット記事も全て信用し、あとはK2の記事を書いた記者のやり取りは全てホメオパシージャパン側に保存されていて公開されて、インチキな記者の全貌(意図的な記事の書き方だった)があきらかになっており、私達は全く不安に思っていません。
確かに中立にいてホメオパシーもやりますが、薬も使いますし、ホメオパシーだけなんて宗教ですよね程度が、この代替医療の遅れている(医療、儲け主義の政府と製薬会社の癒着だらけの)日本では一番安心するのかななんて思ってしまいました。
私はプラクティカルホメオパシーのやり方なので、クラシカルをやったことはありませんが、お医者さんながらホメオパシーの世界に足を踏み入れた帯津先生などすごいなぁと単純に思います。
ただ他を痛烈に批判する人には少し人間性を疑ってしまいます。
クラシカルのやり方だと、薬が必要なのも無理ないし、それが医師会とも上手くやっていく道なのかなとも思いました。
自分のやり方に自信があるなら、他を批判する必要(蹴落とす感じ)はないのではと。弱い犬は吠えるではないですが。まぁ私も突然見ず知らずの方にコメントして矛盾してますが(汗)今までネットに書き込みなどしたことありませんが、暖かいブログ記事などを読んで、共感はされなくてももしかしたら私みたいな人もいるんだ位の理解を示して頂ける方なのではと安易に思って書き込んでしまいました。
本当に失礼しました。
削除などお好きにしてください。
私は子どもが健康になれば、治れば何でもよいと思っています。
同じホメオパシーを使用されている事に嬉しく思い、勝手にブログを読んで勝手にコメントした自分勝手な無礼者ですが、勉強になりました。ありがとうございました。どうぞいたちむらさんも引き続き心身共に健康でいられますように。

【2011/11/16 10:18】 URL | おか #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年08月 11日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 自然派ママの救急箱 ホメオパシー
  └ ホメオパシーと西洋医学の使い分け 後編
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。