ゆかいないたち村
寝ない+泣き虫+べったり赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?   初めて育児の悩みを解決する生活改善レシピ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

経験した人にしか分からないこと。

すみません。今日は断食の話を中断しまして、
ちょっと思うところがあり、久々に寝ない赤ちゃん話です。


今年の春、ご近所さんに女の子が生まれました。
この子がほんっっっっとうに始終泣いてる赤ちゃんなんです。
うちの斜め隣の家なので、泣きっぷりがよ~く聞こえます(^^;)


生まれた当時から半年間くらいは、休日など、私が家にいると
「とにかくずーーーっと泣いてるなぁ」という印象を受けました。
泣きやんでいる間よりも泣いている間の方が長い。
大げさと言われそうだけど、それくらいすごかったんです。
私はそれを耳にしながら、思っていました。


ああ、ハゼ丸と同じだ…


初めてその「となりのギャン泣き赤ちゃん(笑)」にご対面した時、
小さな顔で繊細そうながらも、はっきりと意志のあるような瞳に、
「ああ、やっぱりハゼ丸に似ている…」と思ったものです。


最初の3ヶ月くらいの泣きっぷりは相当なものでした。
時々、お母さんが「はいはいはい、今行くよぉ~」と
言っている声も聞こえます。


この子は、このお宅の二人目のお子さんで、
上には小学生のお兄ちゃんがいます。
お兄ちゃんが赤ちゃんに何かやらかしてしまう?時があるのか、
たま~に、お兄ちゃんがお母さんに叱られているのも聞こえます。


私自身は「二人の子供のお母さん」ではないので、
きょうだいの家庭の大変さというのはまだ分かりませんが、
同じギャン泣き赤ちゃんを持った母として、
赤ちゃんの泣き声が聞こえるたびに、
お母さん、本当に頑張っているなぁ…と共感していたのでした。


で、ある日のこと。


赤ちゃんを連れたそのお母さんに会った時、
「うちも一日中泣いてたからよく分かる。大変だよね」
と思わず声をかけました。するとそのお母さんも、
「日中はホントにね…でも夜はすーっと寝てくれるから助かってる」
なんて言っていました。


そういえば、夜はうちも窓を閉めて寝てしまうので
聞こえてないだけかと思ったけど、確かに夜中(12時過ぎ)に
赤ちゃんの泣き声が聞こえる、と思ったことはありませんでした。


夜しっかり眠れれば、お母さんの体の負担はだいぶ軽減されます。
日中は大変かもしれないけど、それなら良かったね~(^^)
などと話をしてその日は別れました。


でも、その後。


生後半年くらいでしょうか、またそのお母さんと会った時、
「最近、夜の8時~12時が濃厚バトルタイムなのよ~」と(笑)
烈火のごとくのギャン泣きで、寝かしつけが本当に
シャレにならないほど苦労する地獄の4時間なのだという話。
そう言われてみれば、確かにその時間帯はバトルな音が…(^^;)


そして別のお隣さん情報によると、洗濯物を取り込みながら
「今日も赤ちゃんよく泣いてるなぁ…」と思ってふと隣を見ると、
ダンナさんがベランダで抱っこしてあやしてるのに、
それでも激烈ギャン泣きだったそうで(笑)


いやいや、ホントに。


ハゼ丸とは違う面も多々あるけれど、これぞまさしく
我らが「寝ない、泣きやまない赤ちゃん」だなぁ…と思いましたね。
そのお隣さんパパ、ママの肩にそっと手を置いて、
うんうん、分かるよ…(-ω-)と言ってあげたい気分でした。


ちなみに、その赤ちゃんが産まれて以来、お隣さんパパに
地元周辺で意外な時間に会うことが多くなりました。
そのお父さんは、とある専門職をされているので、
時間や休暇にだいぶ融通が利くのかもしれません。
この1年くらいは、なるべく仕事よりも育児を優先して、
お母さんの負担を軽減しようという様子が伝わって来ました。


そんな中。


先日、友人が立てたスレでパパの育児休暇についての議論があり、
私も自分の体験を元に、書き込みをさせてもらったんですね。
核家族でジジババの協力がかならずしも得られない今の時代、
パパの職場環境が「育児なんてしないで仕事に没頭しろ」だったなら、
それは産後母に「死ね」と言っているも同然だという趣旨でした。


「死ぬ」なんて大げさに聞こえるかもしれないですけど、
でも、どんなに強くてどんなに物事を器用にこなせる女性でも、
産後をお母さん一人で乗り切るなんてことは、できません。
産後うつも誰にでも起こりうることで、決して他人事ではありません。
しかも、相手がギャン泣き赤ちゃんだったら余計です(^^;)


日本の社会が未だにしがみついている「子育ては母親がやればいい、
男は仕事に専念」などという古い体質は変えるべきだ、
というトピ主さんの主張に共感して、私も書き込みをしました。


そしたら、ですね。


私も知らないよその方のコメントに、


「育児ノイローゼ(←私は産後うつと書いたのですが)と
書いてる方がいましたが、それはやはり今の若い人たちが
大人になれないまま結婚して、理想と現実にギャップを
感じての結果なのかなと思います」



などとあって、あらあら…と思いました( ̄ロ ̄)


その方はもう成人に近い大きなお子さんがいる男性の方で、
育児休暇には基本的に反対という立場の方でした。
私も「大人になれない若い人」のくだりには正直ムッとしたのですが、
それだけ立場が違えばこういう意見の人もいるだろうし、
それに対してああだこうだ言っても仕方ないなと思い、
特にそれ以上はコメントしませんでした。


確かに、私もまさに「大人になりきれていないまま」
子育てしてるなぁって反省する日々ではあります(^^;ゞ
子供を産んでから、理想と現実のギャップにとまどった、
という実感も、正直あります。


でも、今は女性も仕事を持って、結婚後も退職せずに
社会とのつながりの中で生活している人が多い中、
それが出産後はいきなり家庭にこもりきりになるわけです。
それもたった一人で泣きやまない赤ちゃんの面倒を見続ける。
このギャップに戸惑わない人など、いったいどこにいるのでしょうか。


昔にくらべて、ジジババの協力も得にくい家庭が多かったりします。
我が家も、両親共に当時はまだバリバリ働いていたので、
里帰りしても誰もいない家庭。結局、里帰りはしませんでした。


そんな状況で、夫は仕事に専念し、一切の家事育児の協力は
期待できないとしたら、お母さんは本当に命の危険にさらされます。
まあ、そこまで極端にひとりぽっちでないにしても、
それだけ今の社会は昔とは違う、ということです。


でも、やっぱりね。


自分自身が経験してみないと、子育てがいかに大変なものかなんて、
本当の意味では分からないんだなぁと思いました。


私も、筋金入りの寝ない赤ちゃんハゼ子をお世話していた当時、
「なんで私がこんなに大変な目に…」
と思って、くじけそうになったことが何度もありました。


でも、今では「こういう苦労をしてきたからこそ、
他の人達が大変な時、それを理屈じゃなく分かってあげられる
自分がいるんだ」と、そんなふうに思えます。


もしもハゼ子がいわゆる「手のかからない」赤ちゃんだったら、
私は今頃、となりのギャン泣き赤ちゃんの声を聞いて、
「うるさいなぁ…お母さん、要領悪いんじゃないの?」
「大人になりきれない若い人が子育てに苦労してる」
とか思って、優越感にひたるやなヤツになってるかもしれません(笑)


「子育ては思い通りにならないことを学ぶ場」
という桶谷のK先生の言葉を、こんな時、思い出します。
苦しい時こそ上り坂。
「寝ない、泣きやまない赤ちゃん」ハゼ子に、
私は日々育ててもらっているのだなぁと思う今日この頃です。
関連記事
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
にほんブログ村 子育てブログランキングに参加しています♪
記事に共感した!面白かった!と思って下さったあなた様、1日1クリック、ぽちりっっとお願いします~(>人<)更新の励みになりますっっ


今日も最後まで読んで下さってありがとうございました!

テーマ:赤ちゃんが寝ない… - ジャンル:育児

コメント

久々の寝ない、泣き止まない赤ちゃん!

あ~…思い出すだけで泣けてくる、あの地獄のような日々(トオイメ)

でも、いたちさんの記事を読んでて

そういえばわたし、子供産む前は、ギャンギャン泣いてる赤ちゃんやだだっ子を見て

親のしつけが悪い

なんて上から思うクチでした

死ぬ~
ひまがわたしのもとに生まれてきた理由がわかってしまった~
学べよって神様からのメッセージだったのかな~

今ではだだっ子を見ても、「大変ですね」
ってそのママに声をかけられる自分がいます
【2010/11/17 11:01】 URL | やすちゃん #-[ 編集]
おーやすちん( ̄ω ̄)いらっさい、いらっさい~

食いついてくれて嬉しいですわよ

ホント思い出すだけで甘酸っぱい…いや、ほろ苦い?でしょ?
今年はとなりのギャン泣き赤ちゃんの声を聞くたびに
そんな思いにひたっていたワタクシです…

私もね、教師の仕事するまでは子供なんてだいっきらいだったし、
教えるようになっても、いわゆる幼児は未知の世界で。
赤ちゃんなんて、取り扱いのまったく分からない存在で。

まさに、よそのだだっ子見て「うるさ…」と
冷たく上から目線してしまうタイプでしたわよ~

成長、させられたんですかね(・ω・;ゞ
でも、ハゼ子に出会わずあのまま年寄りになっていたら、
確実にダメな人間になってたと思います。

私達の苦労も無駄ではないのよっっ、きっと…。
【2010/11/18 18:27】 URL | itachimura #-[ 編集]
こんばんわッ☆
いやぁー…
懐かしいとゆうか…
来年の春先にはまさにそのギャン泣き↓プラス、シュー太郎の相手もしながらと思うと恐ろしくなってきましたよ(´~`;)産後うつになりかけていたあの頃がよみがえりました↓トホホ…まぁ幸子の場合だと子育ても少しは慣れたし?産後うつのようなあのモヤモヤがないといいんですが…シュー太郎がいるので次の産後は元気でいたいなぁ~(>_<)
それにしてもギャン泣き…ツラィですよね~アタシもなんで?なんで?なんで?!泣き止まないの~の毎日でした!!
シュー太郎がまだお腹にいた時、近所の赤ちゃんが夜中3時頃ベランダで大泣きしてたのを思い出しました。んもぉ~こんな夜中に泣かせるなんて!!なーんて思っていたあの子は夜泣きの時期だったんだな~(-.-;)まさに今シュー太郎が夜泣き夜泣き夜泣き…あの頃の自分に反省(笑)
それにしてもいたちサン!教師だったとは?!(゜ ゜)
【2010/11/18 21:03】 URL | シューママン #-[ 編集]
シューママ子さん(>∀<)♪
いつもありがとございますっっ

そうですねぇ…来年の今頃はシューママ子さんも…?(^^;)
いえいえ、二人目の時は慣れもあるからラクだって言いますし♪
それに、同じ兄弟でも、その子その子で性格や眠り方の癖も違うって言うし、
一人目の時とはまた違うはずですよ(^^)v

でも産後うつのあのもやもや感は、体験した者としてはやっぱり
二度と経験したくないなぁって思いますよねえ…
あ、けどこれに関しても、一人目でうつになったからといって
二人目でもうつになるとは限らないらしいですから!

よその赤ちゃんの夜泣きにしても、
電車とかスーパーとか公共の場でお店広げてるだだっ子も、
自分が親になってみないと、真実なんてホント分からないですよねぇ~
私も過去の未熟な自分に反省…とともに、
寝ない赤ちゃんありがとう、とも思います。

ちなみに、「教師」というのは、昔バイトで塾講師してた頃の話です。
中学や高校で立派に教師業をなさっている方達には
足もとにも及びませんので、その辺り誤解なさらないよう…(^^;)
【2010/11/19 18:13】 URL | itachimura #-[ 編集]
海外に引っ越して子育てが更にしんどくなり、
こちらのブログにたどり着いて半年ちょっと経ちました。
初めてコメントさせて頂きます。
ウチの2歳の娘は他の方に比べたら
わりと静かな方かもしれませんが
それでも娘とずっと向かい合う毎日はストレスの連続です。
何でもないようなことで感情的になったりしては自己嫌悪の繰り返しです。

昔街で見かけた子供を怒鳴っているお母さんは
きっと同じ勢いでSOSを発信していたんだなぁと
今になって痛感しております。
本当にその立場にならないと分からないですよね。
それにしても「大人になりきれていない」発言の方に
あえて反論しないなんて…いたちむらさん、冷静ですね~

娘に育ててもらって本日で2年。
まだ自分が成長したとは思えませんが
時にはいたちむらさんのブログに励ましてもらいつつ、
明日からもがんばろうと思います。

これからも楽しみに読ませて頂きますね^-^
【2010/11/19 19:21】 URL | かぼちゃ #-[ 編集]
かぼちゃさま(>ω<)♪

コメント下さって本当にありがとうございました!!
読んで下さっているだけでもほんっっとうにありがたいんですが、
こうしてコメントいただけると、同じ思いをしている方がいること、
ブログを通して出会えたことが嬉しく、とっても励みになります。

海外でお暮らしとのこと、急な病気の時でもすぐに
ご実家を頼るわけにはいかない分、大変なことと思います。
しかも子供と毎日家で向き合うというのは、辛いですよね…
そちらは保育施設など、お母さんが少しでも一人になれる
環境とか制度はあるのでしょうか?
あったとしても日本とは勝手が違ったりする部分も
あるでしょうから、やっぱり大変ですよね…

今日も、街中を歩いていたら、小雨の降る中、
ぎゃんぎゃん泣いてるお子さんを自転車の座席に押し込める
ようにして無言(でも必死)で乗せてるお母さんがいました。
経験者の私(^^;)としては、変に声をかけたりするより
気にしないであげることが一番だよなぁと思い、そっとその場を去り、
背中から「がんばれ~」のオーラを送ってみました。

トピの書き込みに関してはですね、
まあその人、たぶん私達より10年以上前の世代の、
子育てはほとんど嫁にまかせきりに近いオジサンぽかったんで、
言っても無駄だな…と思い、省エネのためスルーしました(笑)
あと、断食中で議論どころじゃなかったってのもあります(^^;)

心温まるコメントをいただけて本当に嬉しかったです。
これからもぜひまたお寄り下さいね♪
【2010/11/22 15:27】 URL | itachimura #-[ 編集]
はじめまして(`・ω・)ノ
私は今年8月に娘を産んだ新米ママです!ネットで『泣き止まない赤ちゃん』で検索してたらこのブログにたどり着き読ませていただきました♪私のこは抱っこしてないとずーっと抱っこするまで泣いちゃう子なんです(`;A;)仲のいい友達が『あんたがずっと抱っこしてるから抱き癖がついたんやろ、あんたが悪い!うちの子はずっと良い子に寝てたし』って言われ続け…さらにその友達の家族とも私は仲がよかったので産まれたよ~って言いにいったら『抱き癖抱き癖』って言われ続けること3ヶ月…いろいろ自分なりにみんなが言う抱き癖を直さなきゃ直さなきゃって悩み、泣いてる我が子を何もせず黙ってみてみたりしましたが…心の中ではすごく辛くて『なんで抱き癖がいけないの?』って思うようになり、本当に抱き癖を直さなきゃいけないのかをネットなどで調べていたら逆に今抱っこしてあげないでいつするの?や、抱き癖と言う言葉は昔かまってあげられない親が周りの目を気にして言い訳にしていた言葉だと言う風に書き込みがたくさんあり、私はたくさん抱っこしていたことをこの書き込みをみて間違いではなかったんだと、救われました。ちょっと話が自分事になってしまってしまいましたが…主さんのブログの中の言葉に『他の人達が大変な時、それを理屈じゃなく分かってあげられる自分がいるんだ』
私も心からそう思います大変さを乗り越えてきたからこそ分かってあげられて押し付けなんかじゃなく少しでもアドバイスなどをしてあげられる事を今では子供に感謝しています(^o^)

まだまだママをはじめてまもなくてこんなこと言うのは生意気なのかもしれませんが…(≧ヘ≦)
このブログを読んでいて同じようなことがたくさんあってつい書き込みをしてしまいました。長々すいませんでした
また覗きにきます♪
1日進むことは一歩進むことでありたい ですね★
【2010/12/22 00:02】 URL | ももちゃんまま #-[ 編集]
ももちゃんままさん、はじめまして~(>ω<)♪

お返事コメントがすっっっかり遅くなってごめんなさいっっ
ちょうどクリスマスや仕事やらで駆け抜けるような毎日でして…e-330
嬉しいコメントをいただけて、とっても喜んでおりましたのですよ。

抱き癖論者…
まさにうちの実家の父母がそうでした…
一生懸命子育てしている時に、周りから「(母親の)育て方が悪い!」
と言われることが、本当に一番の苦痛だと思うんですよね。

育て方に良いも悪いもないと思うんですよ。
だって赤ちゃんの性質は一人一人みぃんな違うし、
布団に置かれっぱなしでもおとなしく寝てる子もいれば、
私達の赤ちゃんのように、抱っこしてないと全然ダメって子もいて。

そういういろんな個性のお子さんと、いろんな性格のお母さんとの
組み合わせで初めての子育てがスタートするんだから、
最初の数ヶ月間はお母さんでさえ正解の分からない状態で、
自分の赤ちゃんとのベストな関係を手探りで確かめていくわけですよね。
だから、周りの言うことなんて、ホントあてにならない。
お母さんの勘に勝てるものはないですよね。

でも、ダメだダメだ言われ続けると、辛くなってしまいますよね…
すんーーーーーーごく分かります(-ω-)

なんか、お答えになってないコメントで申し訳ありませんが、
ももちゃんままさんのお気持ち、とっても伝わって来ますよ☆

ぜひぜひまた遊びにいらして下さい(´ω`*)ノ
【2010/12/28 12:11】 URL | itachimura #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 18:20】 | #[ 編集]
いま送った、ハンドルネーム、わらびもちです。管理人さんのみの閲覧になってしまいゴメンなさい!一応、内容を書いておきます(>_<)
ラッコ寝&腕枕はいつ、どうやって卒業できるか教えていただけると幸いです!!生後3ヶ月ですが、普通に布団で寝ている赤ちゃんが不思議でしょうがありません。私の寝かしつけ方がいけないのか、私のピリピリが伝わって一人ではな寝ていられないのかなあ~と毎日試行錯誤です。是非是非、お返事いただけると幸いです。度々すみませんでした!
【2010/12/31 18:33】 URL | わらびもち #-[ 編集]
早速のお返事、ありがとうございます!!まさか、お返事もらえるとは思いませんでした♪いつも楽しく読まさせていただいております♪
ハゼ子ちゃん、本当にうちの赤ちゃん、ハゼ夫とそっくりで、なんか笑ってしまいました。授乳枕寝を卒業して、腕枕寝をしているところや、それに伴う母の苦労もそっくり!腕枕を抜いても、しばらくすると腕をバタバタしだして、結局起きてしまって、夜に早く寝ても結局は動けないから何もできないんですよね。主人とも、腕枕をぬけた短時間しか話せないし…。6ヶ月くらいから週一回くらい一時保育を考えていますが、絶対に一人だけ普通のやり方じゃ寝ないから、手こずらせるのだろうなあと苦笑いです(^^;)。色々教えていただきありがとうございます!!また何かありましたらコメントしてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します!
【2011/01/02 16:33】 URL | わらびもち #-[ 編集]
※順番が前後してしまってスミマセン
※先日付けたコメントを間違って削除してしまったので
※もう一度載せさせて下さいね

わらびもちさん、はじめまして~(・ω・)ノ♪

ブログ、読んで下さっているなんて嬉しいです!
ラッコ寝を実践していらっしゃるとは…
かなりの上級レベルな赤ちゃんをお持ちで(笑)

そうなんですよね~、
ラッコ寝してると自分の身の自由が利かないことが
最大の悩みですよね~
私も、当時晩ご飯の用意もままならない状態で
腹にハゼ子を乗っけたまま「おかえり~」とダンナくんに
布団の中から挨拶したことが何度あったか…。

ハゼ子が4歳になった今、当時のことを忘れかけていたので
自分で書いたラッコ寝の記事を私も今読んでみたのですが(^^;)
確か9ヶ月くらいになると、うちの場合は
自分からゴロンっっと腹の上を脱出して、
私の布団のはじっこで寝てくれるようになりました。
そうなると腕枕抜きの苦労もいらずでラクでした。
ラッコ寝のいろいろはこちらのカテゴリを御覧下さいね☆
http://itachimura.blog121.fc2.com/blog-category-15.html

とはいえ、うちの赤ちゃんの場合、腕枕は抜けても
寝室に一人にするとすぐに気づいてよみがえってしまうので、
私の場合、昼寝の間は割り切って、寝ながら読書をしていました。
http://itachimura.blog121.fc2.com/blog-entry-105.html

本当に試行錯誤の毎日をお過ごしかと思います。
でも、そうやってわらびもちさん親子ならではの過ごし方というか、
赤ちゃんとの関係を作っていけるといいのでは、と思います(^^)
3ヶ月半だとまだまだべったりの時期ですよね。
でも、必ず赤ちゃんの寝方やくせは成長とともに変化していきますので、
心配しすぎずに今を楽しんで下さいね☆

ぜひまた遊びにいらして下さ~い♪
【2011/01/11 19:25】 URL | itachimura #-[ 編集]
わらびもちさん♪

こちらこそ、あたたかいコメントをありがとうございました!
お返事遅くなってしまってごめんなさいね。

それにしてもハゼ夫さんて(笑)!!
そうですか、男性版ハゼ子なのですね~
授乳枕寝まで一緒とは!!ホントに似てるぅ~(>∀<)
しばらくすると復活するところまで同じ!
うちも当時は30分くらいすると頭をぶんぶんさせて
よみがえってきましたよ(笑)

そして一時保育ですか!
楽しみなような、不安なような、、ですよね。
しかし、これが不思議なことに、保育園だとよく寝たりするんですよ~
もちろんうちのハゼ子も最初は泣いて泣いて大変だったらしいけど、
寝かしつけはそれほど苦労したって話を一切聞きませんでした。
むしろ、保育園で寝貯めして、家でギンギン、みたいな(^^;)
ハゼ夫さんはどうなのかなぁ~。
なんかとっても楽しみです、うひひ(←不敵な笑い)

わらびもちさんとお話できてとても懐かしい気持ちになりました。
ぜひぜひまた遊びにいらして下さいねっ☆
【2011/01/11 19:27】 URL | itachimura #-[ 編集]
こちらこそ暖かいお返事、ありがとうございます。うちも新生児時代にブカブカな服を着て、授乳枕で母乳を飲んでいる姿をみるにつけ、ほんと飛び魚みたい☆と 思っていました。まさに、ハゼ夫ともいえますね♪ やっと4ヶ月半になり、一時の戦国時代からは脱出したのですが、最近またなんか眠りが浅くなったりして、ラッコから腕枕に移行しにくい時があり、ひどいと一時間おきに蘇り、また新たな戦国時代に突入したかとビクビクしています。寝返りをうつあたりになると、本人も腕枕じゃ窮屈なんですかね?または頭が大きくなってきたから、腕枕が不快なのかなあ!?
先日、区の育児センターに少し預けてみたのですが、プロの置き名人達にも関わらず、案の定ベッドには置けませんでした~ と言われ、だっこひもの中で寝てる我が子と対面しました(^^;)。振り返れば、懐かしくなる時も来るのですね~♪ うちはまだまだ、ハゼ夫との戦いは続く、、というかんじです(-_-;)

またのぞきにきます♪ありがとうございます♪
【2011/02/02 21:55】 URL | わらびもち #-[ 編集]
わらびもちさん、いらっしゃいっっ(^ω^)♪

ハゼハゼ話に爆笑してしまいました~
どうやら本当にうちらのお子達はハゼ夫とハゼ子らしいですね(笑)
戦国時代という言葉も他人事とは思えませんっ
私達、きっと、いやかな~り気が合いそうですね!

そうそう、飛び魚!まさに、です!
ハゼと呼ぶようになったのはダンナくんですが、
私には飛び魚のようにも見えました。
4歳になった今、ハゼ子に「アンタ、魚でしょ」
と言うと(←どーゆう母だ?)怒られますが(^^:)

それにしてもやっぱりお外でもベッドには寝ませんでしたか~
ハゼ夫くん、なかなかやりますね~(笑)
ていうか、預けた先で「よ~く眠っていい子でしたよぉ~」
なんて言われた日にゃ、母親やめたくなりますからね(^^;)
それでいいんです、ハゼ夫くん。

またぜひハゼ夫くんの生態について聞かせて下さいませね♪
【2011/02/03 17:46】 URL | itachimura #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

What's New!

New!【2009年11月】

子育て専門ウェブサイト
baby×babyに ゆかいないたち村の「赤ちゃん家族ごはん」の中から

鮭の手作り魚肉ソーセージ

sake-sau1.jpg

が新たに紹介されました!

パクパク期・完了期の赤ちゃんに
着色料や添加物フリーの安全な
ソーセージを手づかみで食べさせたい、
そんな希望に応えてくれるレシピだと
運営者の方にも喜んで頂けました☆

他にも離乳食レシピの豊富な
baby×babyサイト、
ぜひ覗いてみて下さいね~

baby×baby 離乳食完了期レシピ集
ページへGO!

-----------------------------------------
【2008年5月】

ウェブサイト【こそだて】
緑黄色野菜のポタージュ

greenpotage.jpg
が紹介されました!

【こそだて】我が家の離乳食レシピ
ページへGO!

-----------------------------------------
※子育てサイト運営者様へ※

当ブログの離乳食レシピや
その他育児アイデアの掲載のご依頼、
随時受付しております♪
ご希望の方は管理者宛コメントにて
お知らせ下さいませ

はじめまして

寝ない赤ちゃん、抱っこ虫さん、夜泣き、母乳育児、毎日の離乳食、おもちゃ選び…などなど、はじめてのことばかりの育児。時には泣きたいことだってたくさんありますよね~。そんな悩めるお母さん(自分自身も含め)を応援するブログです!


ゆかいないたち村は にほんブログ村のブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1クリック有効です。
記事が役に立った!共感した~!と思って下さったら、ぜひとも応援して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログはこちら

プロフィール

いたちむら

Author:いたちむら
 2006年8月生まれの甘えっ子女児ハゼさんを猛烈育児中。寝ない+泣き虫+べったりの赤ちゃんと一日おうちでどう過ごす?寝ても覚めてもいっしょのハゼさんとの毎日、専業主婦の毎日をもっともっと楽しくしたい!と思って書き始めたのがこのブログ。超インドア派・体力ゼロのぐうたら母がハードなお子さんといかに楽しく&楽して過ごすかをつぶやくページです。
 2008年の春からハゼさんを保育園に預けて職場復帰。待機児童問題に巻き込まれ、数々の保育園転園を経験しつつ、2010年からやっと認可園に落ち着きました。ここ最近、やっと子育ての春がやって来た感じ?です。ハゼさんと過ごす日々は常にチャレンジの連続!笑いと涙のデパート!そんな日々をこれからもリアルタイムにお届けします♪

ゆかいないたち村カテゴリー

姉妹サイト

いたちむらのもう一つのサイト
「いたちむら的子連れ外食日誌」
にもぜひどうぞ~!

New!【2011/03/04】
新記事更新しました!
ハティフナット 吉祥寺のおうち♪

hatiffnutt2.jpg

♪赤ちゃんがいても外食したい!
おいしいものを探し歩く楽しみを失いたくない! そんなあなたのための子連れ食道楽指南ブログです♪

「いたちむら的子連れ外食日誌」へGO!

現在の位置はこちら!

ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
ゆかいないたち村
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年11月 13日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 寝ない赤ちゃん 生後3ヶ月までのドタバタ期
  └ 経験した人にしか分からないこと。
by AlphaWolfy

最近の記事

ハゼさんお気に入り絵本

自分の本は図書館で借りるいたちむらですが、ハゼさんの絵本はやっぱり自分専用のを用意してあげたいと思ってます。数は少なくてもお気に入りのものを…ハゼさん大好き絵本はこれ!

★第1位★
はらぺこあおむし

いたちむらの親友で3人の子育て中ママから出産祝いに頂いたのがこれ。あおむしの食べた穴に指を入れたり、蝶々のページをパタパタさせたりといろいろ遊べるさすがのベストセラー。

★第2位★
どうぶついろいろかくれんぼ
たのしいおもちゃかくれんぼ

楽しい型抜き絵本。ページをめくるとかわいい動物さんやおもちゃ達が現れます。色使いがほんとにきれい!赤ちゃんでもめくりやすいページが嬉しいです。ハゼさん大好きなワンワンも、おままごとセットも出て来ます。

★第3位★
いないいないばあ

杉並区の4ヶ月検診時に頂いた絵本。赤ちゃんて いないいないばあ 大好きですよね~。ハゼさんもしょっちゅう絵本を持ってきて「やって~」とおねだりしてます。

村のおすすめアイテム

【amazon.co.jp】

おなじみのamazon。いたちむらは、本はもちろん赤ちゃんグッズもここをヘビーユースしてます。バンボはamazon限定色ミントグリーンを購入しました♪

【ベルメゾン】

なかなか外出できないママのための定番通販サイト。ここで買った窓枠物干しが我が家ではフル稼働してます。 ベルメゾンネット

【ファーファハンドパペット】

これ、めっちゃかわいくないですか~??あのなつかしい洗剤CMのファーファがハンドパペットに!!唐突ですが、あまりにかわいいので載せちゃいます♪

【ゼノア化粧料通販】

合成界面活性剤を使わない、昔ながらの化粧法。70有余年の歴史がある会社。いたちむらはゼノア歴7年になります。

【徳山ベビー TB Style】

medela など輸入品も揃うのが嬉しいベビー用品店。初期の頃ハゼさんの哺乳瓶はここで買ったmedela ソフトカップを使いました。乳頭錯誤を防止します。

【ベネッセのママサービス】

いたちむらもお世話になったウィメンズ・パークにくわえて、食材宅配サービスも充実しています☆

ウィメンズパーク-ベネッセ-

ベネッセの食材宅配[ベネッセアンファミーユ]

【楽天市場】

言わずと知れたネットショッピングの大御所です。いたちむらも日用品はこちらで調達しています~

【FC2ホームページ作成】

ゆかいないたち村もFC2で出来てます。

無料ブログ作成ならこちら~♪
今すぐあなたもブロガーに!!

【おまけ:いま気になってるコレ!】

年賀状印刷もうすぐですっっ☆
うちのプリンタもそろそろ買い換え時…?

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

web search

Google

このブログ内を検索★

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。